日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
中川家族斎場 名古屋市立第二斎場 八事斎場

PR 中日典礼株式会社

名古屋市中川区での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

名古屋市中川区での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

名古屋市中川区でお葬式をあげたい方へ

愛知県名古屋市中川区は、市の中西部に位置する都市です。区内には、区の名前の由来となった「中川運河」をはじめ、庄内川・新川など7つの河川が流れています。
これらの河川を利用して古くから交通の要所として発展してきたほか、ほとんどの地域が海抜0mと平たんな土地であるのが特徴です。

河川が交通に使われなくなった今でも、中川区は「名古屋の西の玄関口」として発展を続けています。地下鉄東山線・JR東海道本線・関西本線などが通っており、名古屋市バスも運行しています。

国道302号線・名古屋第2環状自動車道・東名阪自動車道など多くの道路も通っていて、交通網の充実度合いは高いと言えるでしょう。このような交通利便性の高さから、中川区は名古屋市でも人気の高いエリアとなり、市内2位の人口数を誇ります。 そんな中川区にはいくつかの斎場があります。葬儀を行う際は、希望に応じて斎場を選ぶようにしましょう。

名古屋市中川区の主な葬儀式場

中川区には、民営斎場はいくつかありますが、公営斎場はありません。公営斎場を利用したい場合は、 港区にある「名古屋市立第二斎場」 か、天白区にある「名古屋市八事霊園・斎場」に足を運ぶ必要があります。
中川区からであれば、隣接する港区の名古屋市立第二斎場がおすすめです。

ただし、上記2つの公営斎場には、葬儀を執り行う式場はなく、火葬や収骨のみとなっています。そのため、中川区内にある民営斎場を利用して葬儀を行ったのち、公営斎場に移動して火葬を行うという手順が一般的です。

中川区にある民営斎場「中川家族斎場」は基本的に家族葬専用斎場として運営されていますが、相談によっては親しい方以外も参列できる一般葬に切り替えられるなど、家族だけで故人をお見送りしたい方の希望に沿ってプランを提案してもらうことができます。
宗教・宗派に関係なく利用できるので、宗教面を配慮して斎場を吟味する必要はありません。

希望する葬儀ができるかどうかは斎場の規模や葬儀社によって変わります。
まずは資料の請求や葬儀社への相談をし、プランの内容を比較検討しながら希望が叶うかどうかを確認していきましょう。

運営主体斎場名住所アクセス
火葬場八事斎場名古屋市天白区天白町大字八事字裏山69名古屋市営地下鉄名城線「八事駅」からタクシー約3分
火葬場 名古屋市立第二斎場愛知県名古屋市港区東茶屋3-123あおなみ線「荒子川公園駅」からタクシー約10分
民営斎場 中川家族斎場愛知県名古屋市中川区打中2-172名古屋市営地下鉄東山線「高畑駅」徒歩約16分

名古屋市中川区の葬儀費用の相場


中川区の費用相場名古屋市の費用相場
一般葬・家族葬41万4,061円 137万8,276円
一日葬26万9,139円 31万1,774円
火葬式18万2,549円 18万2,815円
※2018年度「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

葬儀をあげるときの自治体の補助金について

葬儀を執り行うには、決して少なくない額の葬祭費が必要です。急にまとまった額の費用が必要になり、お困りの方もいらっしゃることでしょう。
各自治体では条件を満たした住民へ葬儀の際の補助金を支給する制度を設けています。

名古屋市中川区の葬祭費

名古屋市では、国民健康保険の加入者が死亡したときに、葬祭費として世帯主または葬祭執行者に5万円が支給されます。また、後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなった場合も、その方の葬儀を行った方に、葬祭費として5万円が支給されます。

葬祭費5万円
支給方法 国民健康保険に加入者、または 後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなられたときに支給されます。お住まいの区の「区役所保険年金課保険係」または「支所区民福祉課保険係」に申請をお願いします。
申請できる方 葬祭費の支給申請ができるのは、世帯主または葬祭を行った方です。
申請に必要なもの ・死亡を証明するもの(死亡診断書・火葬許可証など)
・申請者が世帯主でない場合は、葬祭執行者であることを証明するもの(会葬礼状など)
・保険証
・印鑑
・ 預金通帳等など口座のわかるもの

埋葬料・埋葬費

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。

故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に支給されるのが埋葬料です。

また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給される仕組みです。

申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

名古屋市中川区の火葬事情

中川区にお住まいの方は、名古屋市が運営する「名古屋市八事霊園・斎場」または「名古屋市立第二斎場」で火葬が可能です。
名古屋市八事霊園・斎場は1915年6月に建てられてから改築・改良を繰り返し、今もなお市民をはじめ多くの方から利用されている火葬場です。
天白区にあるため中川区からは少し距離がありますが、葬儀場などの兼ね合いによってはこちらの火葬場を利用することもあります。

名古屋市八事霊園・斎場には、国内最多を誇る46基の火葬炉があります。
ただし混雑を防ぐため告別・拾骨室が設けられておらず、火葬の立ち会いは20名程度、拾骨は10名以内と、最期のお別れに立ち会う人数に制限があります。
中川区から近い港区にある名古屋市立第二斎場は、2012年度に着工、2015年度から供用開始された新しい火葬場です。

もともとは名古屋市八事霊園・斎場のみで火葬を行っていましたが、名古屋市にお住まいの方や、火葬場を持たない近隣市町村の方からの利用が相次ぎ、連日混雑していました。
そこで混雑緩和を兼ねて港区に作られたのが、名古屋市立第二斎場です。
火葬料金は名古屋市八事霊園・斎場、名古屋市立第二斎場ともに、大人の場合、市民の方は5,000円・市外の方は7万円、子どもの場合、市民の方は2,500円・市民以外の方は3万5,000円です。
名古屋市民なら火葬費を大幅に抑えることができます。

名古屋市立第二斎場には、全部で30基の火葬炉があり、そのうち2基は大型炉になっています。お別れ室と呼ばれる告別・拾骨を行う部屋と休憩室はともに30部屋あるため、ゆっくりと最後のお別れができることでしょう。

八事斎場

名古屋市立第二斎場

名古屋市中川区で実績の多い葬儀社・葬儀式場

愛知県名古屋市中川区の中でもとくに実績が多く、幅広いプランに対応している葬儀式場と葬儀社をご紹介します。

中川家族斎場

中川区打中2丁目にある「中川家族斎場」は、地下鉄東山線「高畑駅」1番出口より徒歩20分のところにあり、周囲にはドラッグストアや御山戸公園、雨宮神社などがあります。
車で斎場に向かう場合も、敷地内に駐車場があるので安心です。駐車場は8台までなので、大勢の方が車を利用する場合は相乗りやコインパーキングを使うなど工夫が必要ですが、家族葬であれば十分対応可能な収容台数でしょう。

施設内には安置室があり、無料で故人のご遺体を安置することができます。
また宿泊施設も完備しているため、ご遺族の宿泊も無料で可能です。さらに、全館バリアフリー構造のため、高齢者や体の不自由な方でも安心して利用できます。
こちらの斎場は、1日に執り行える葬儀を1家族のみと定めています。そのため、ご家族だけでゆっくりと故人とのお別れをすることができます。 葬儀プランは豊富に用意されており、全宗教・宗派に対応しています。「中日典礼株式会社」を利用する場合は、「てんれい友の会」の会員であれば、葬儀費用や生花・仏壇などの割引を受けることができます。

一般的な家族葬だけではなく、オリジナルプランもあるため、故人の趣味や思い出を大切にした自由な葬儀を執り行うこともできます。例えば、故人が生前好きだった音楽を流し、思い出の品や写真を飾ることもできますし、お別れ会を開いてもよいでしょう。家族の数だけ想いがあり、その形は様々です。
中川家族斎場は「想いを形にできる斎場」です。家族葬を検討されている方は一度相談してみるとよいでしょう。

施設詳細

斎場・葬儀場名中川家族斎場
住所愛知県名古屋市中川区打中2-172
アクセス【電車でお越しの方】
・名古屋市営地下鉄東山線「高畑駅」徒歩約16分
施設・設備ホール / 駐車場 / マイクロバス無料送迎

料金プラン (税抜)

火葬式一日葬家族葬一般葬
11万7,000 円~21万7,000 円~31万7,000 円~50万3,000円~

葬儀・家族葬の流れは地域によって異なり、通夜・葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」と、葬儀・告別式を行う前に火葬を行う「前火葬(または骨葬)」の2通りが存在します。「後火葬」は北海道(一部地域を除く)、関東、関西、九州などの地域で行われることが多く、「前火葬」は主に東北、沖縄、離島で行われています。また、前火葬を行う東北地方の中でも、通夜の前に火葬を行う地域(青森、秋田)と、通夜の後に火葬を行う地域(岩手、宮城、山形)といった違いが見られます。

以下では「後火葬」の葬儀・家族葬の流れをご紹介します。

1.納棺・通夜

納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、通夜式を行います。読経・焼香の後、喪主または親族代表が挨拶をし、お清め料理などで弔問客をもてなします(通夜振る舞い)

2.葬儀・告別式

葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで葬儀・告別式を執り行います。

3.出棺

故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

4.火葬

火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

5.初七日・百か日法要(繰り上げ法要)

火葬場より戻られてから、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

6.葬儀終了後

自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

名古屋市では、国民健康保険の加入者が死亡したときに、葬祭費として世帯主または葬祭執行者に5万円が支給されます。また、後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなった場合も、その方の葬儀を行った方に、葬祭費として5万円が支給されます。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

お気軽にご相談ください (24時間受付)