日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
八事 シダン 守山斎場

PR 株式会社平安閣

名古屋市守山区での
葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

名古屋市守山区での
葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

名古屋市守山区は、名古屋市の東北部に位置する水と緑のあふれる地区です。自然に恵まれた環境のよさを生かして、金城学院大学や国際学園などのユニークな文教施設や福祉施設もたくさん設立されています。また、小幡緑地公園や東谷山フルーツパーク、志段味スポーツランドなどの市民が集う場所や憩いの場も充実。尾張四観音のひとつ、龍泉寺をはじめ、「志段味古墳群」もある歴史の里です。

人と自然と科学が調和する新しいまちづくりを進めている守山区の人口は約17万6千人。7万世帯以上の方々が暮らしています。ここでは、愛知県名古屋市守山区の葬儀、葬祭の斎場・火葬場などの住所および公的援助などの詳しい情報をお伝えします。

名古屋市守山区の斎場・葬儀式場

亡くなった方をお弔いする際、多くの場合は葬儀場やセレモニーホールなどと呼ばれる斎場や葬儀場を利用します。
名古屋市守山区には、葬儀を執り行う公営の斎場・葬儀式場がありません。しかし、多くの民営の斎場・葬儀式場があり、家族葬から一般葬までさまざまなタイプのお葬式プランを選ぶことが可能です。。交通の利便性や日程、料金、設備などを考慮して、希望に沿ったよりよい式場を選びましょう。

名古屋市守山区にお住まいの方が使用できる火葬場

名古屋市守山区にお住まいの方が使用できる火葬場は「名古屋市立八事斎場」「名古屋市立第二斎場」の2ヶ所です。

市が運営しているのが港区の「名古屋市立第二斎場」と天白区にある「名古屋市立八事斎場」です。市民と市にお住まいでない方では使用料が異なります。死体火(埋)葬許可証の住所地が市外の場合は料金が高くなり、追加徴収が発生することもあります。

名古屋市立八事斎場

八事斎場外観

「名古屋市立八事斎場」は名古屋市天白区にある公営火葬場です。大正初期に名古屋市が造成した八事霊園が併設されていますが、式場は併設されていません。葬儀、お葬式は別の葬祭場やホールで執り行います。

大規模な施設内には、火葬炉(46基)、有料休憩室(16室)、無料休憩室(27組)を設置。燃料は天然ガスを使用し、火葬設備の自動化や排ガス測定、無煙・無臭化など、周辺の環境にも配慮した施設です。火葬料は大人1体につき5,000円、市民以外の使用は7万円。有料休憩室は1回の使用につき3,000円 、市民以外の使用は4,500円です。

告別室や拾骨室がないため、会葬者や拾骨者の人数が制限される場合があります。(火葬に立ち会われる方:20名程度、収骨される方:10名以内)また、愛知県の中でも名古屋の骨上げはお骨の一部だけを拾う部分収骨が主流のため、すべてを収骨する場合は事前に斎場の職員または、葬儀業者に知らせる必要があります。

施設詳細

斎場名名古屋市立八事斎場
所在地名古屋市天白区天白町大字八事字裏山69
アクセス名古屋市営地下鉄名城線「八事駅」からタクシー約3分
施設・設備・火葬炉:46基
・休憩室:有料16室・無料27組
・動物焼却施設:2基
開場時間午前8時45分から午後5時15分
休場日1月1日
※動物火葬の受付時間は午前8時45分から午後5時00分まで。

名古屋市立第二斎場

「名古屋市立第二斎」は、名古屋市港区にある火葬場です。平成27年に開設された鉄筋コンクリート造りの2階建ての近代的な施設は3つの 棟からなってています。西棟、東棟、南棟に分かれ、それぞれにお別れ室(告別・拾骨室)と無料の休憩コーナーが併設。火葬炉(30基)、お別れ室(30室)、休憩室(30室)に駐車場(180台)を備える比較的大規模な火葬場です。火葬料は八事斎場・第二斎場とも共通で、大人1体につき5,000円、市民以外の使用は7万円です。

斎場には軽食を食べられる喫茶室もあり、葬儀用写真の撮影会や講演会などのイベントが催されるなど、名古屋市民が活用しています。名古屋市立第二斎場も八事斎場と同様、周辺環境へ配慮して独自の排ガス規制基準を定めています。

施設詳細

斎場名名古屋市立第二斎場
所在地愛知県名古屋市港区東茶屋3-123
アクセスあおなみ線「荒子川公園駅」からタクシー約10分
施設・設備・お別れ室(告別・拾骨室)
30室
・休憩室:30室
・火葬炉数:30室(うち大型炉2基)
・駐車場:180台
・津波避難ビル
開場時間午前8時45分から午後5時30分
休場日1月1日および市長が特別に定める友引日

名古屋市守山区で実績の多い葬儀場

平安会館 守山斎場

平安会館 守山斎場外観

平安会館守山斎場は、守山区苗代に位置する4階建ての施設です。2階に中ホール、3階に大ホール、4階に小斎場が設置。それぞれのフロアには親族控室、寺院控室などが併設され法要室と会食室は4階にあります。

2019年末にリニューアルされた 真新らしい施設で、心のやすらぎを大切にした葬儀を執り行っています。

利用者の声

スタッフが参列者にも気配り良く対応していた。また、参列者用の送迎バスがあり、葬祭場までの足を確保してあった。アルコール類をふるまわれても、自家用車でなく安心して参列することが出来た。式次第も分かりやすくスタッフが対応してくれたので、心安らかに送ることが出来た。我が家でも不幸があれば、当会館にお願いいたします。(「いい葬儀」より)

施設詳細

斎場・葬儀場名平安会館 守山斎場
住所愛知県名古屋市守山区苗代2-1812
アクセス名鉄瀬戸線「小幡駅」から徒歩約12分
施設・設備大ホール / 中ホール / 小斎場 / 親族控室 / 貴賓室 / 法要室 / 会食室 / 寺院控室 / ロビー / 待合コーナー / 霊安室

平安会館 志段味斎場

平安会館 志段味斎場外観
平安会館 志段味斎場葬儀ホール
平安会館 志段味斎場会食室
平安会館 志段味斎場法要祭壇

平安会館志段味斎場は、守山区下志段味濁り池にある比較的新しい斎場です。

葬儀ホール、偲ぶの間、親族控室、会食室、寺院控室、やすらぎの間などを備えた施設は1日1軒の貸切りで、ご自宅での葬儀のようにゆとりをもって利用することができます。

施設詳細

斎場・葬儀場名平安会館 志段味斎場
住所愛知県名古屋市守山区下志段味字濁り池1705-5
アクセス JR中央線「高蔵寺駅」から徒歩約10分
施設・設備葬儀ホール / 偲ぶの間 / 親族控室 / 会食室 / 寺院控室 / やすらぎの間 / 和室 / 応接室 / ロビー

愛知県内では最多の100会館を展開している平安閣グループでは、葬儀の知識と技能が総合的に問われる厚生労働省の認定資格、葬祭ディレクター223名(2018年11月30日現在)が在籍し、現場スタッフも各種研修によって葬儀のプロとしての研鑽を行っています。

長年にわたって培ってきた互助会という絆により、会員サポート係による会員宅への定期訪問から、葬儀担当によるプランニングノートを使った事前相談、香典返しや法要、葬儀後のお仏壇やお墓のことなど、それぞれのプロフェッショナルが想いをつなぎ、手厚くフォローしています。

家族葬とは?

家族葬とは一般的には、家族や親族のほかに近しい友人など、ごく限られた参列者のみで執り行うお葬式を指します。通例、僧侶・神父などの立ち会いのもと通夜や告別式は行いますので、一般葬の規模が小さくなった葬儀と考えると分かりやすいかもしれません。ただ、家族葬に定義があるわけではなく、大勢の方が参列する家族葬もあれば、僧侶や神父などを呼ばない、宗教的儀式を行わない家族葬もあります。

近年は、参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、家族葬を選ばれる方も増えています。ただ、家族葬の場合、葬儀を終えた後に訃報を知った友人や知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまうご遺族も少なくないようです。

家族葬を行う際にも、どの斎場・葬儀式場で執り行うか、どの葬儀社に依頼するかは重要です。事前に検討し、ご自分の希望に合わせた葬儀を納得のいく費用で執り行ってくれる葬儀社を選びましょう。

愛知県に残る風習「お淋し見舞い」

愛知県や三重県、岐阜県の一部には「お淋し見舞い」と呼ばれる、通夜での風習があります。漢字は「淋し」を使い「さみし」または「さびし」と読みます。通夜に参列するときだけ持参するお淋し見舞いとは、残された遺族のために手渡すお土産のこと。お供え物との違いは、お淋し見舞いは残された方をねぎらうもの、亡くなった方に供されるものではないという点です。

「通夜の長い夜を過ごすご遺族の方が淋しい思いをしないように」また「遺族の方が葬儀の準備で食事などままならないときに少しでも食べてください」という意味があるようです。

昔からの愛知県の風習である「お淋し見舞い」の渡し方のマナーや品物の選び方などを知っておくと役に立つかもしれません。

「お淋し見舞い」に使われるおすすめの品

「お淋し見舞い」によく使われるのは持ち帰ることができ参列の方に分けられるお菓子や果物、ジュース、お茶などです。余っても葬儀の後にも使える線香などもおすすめです。香りのよい白檀など品質のよい線香を持参するのがよいでしょう。

高額のものにする必要はなく、二千円から三千円程度のもので持ち帰ることができるもの、手軽に口に運べるものが喜ばれます。ただ、葬儀会場やホールによっては飲食ができない場合や食べ物などの持ち込みができないこともあり、事前に確認が必要です。

「お淋し見舞い」のマナー

品物には弔事用ののし紙をつけ、水引きの上に薄墨で「お淋見舞い」とし、下に氏名を書きます。現金で「お淋し見舞い」を渡す場合は、弔事用ののし袋に入れ、表書きはのし紙とで同様です。品物は、できるだけ紫色やダークな色のもので包み現金の場合は、ふくさを使用しましょう。

「お淋し見舞い」は、通夜の時だけにお渡しするもののため、参列できないときにお渡しする必要はありません。品物、現金とも通夜の受付にお渡ししますが「お淋し見舞い」を香典の代わりにはできませんので、注意しましょう。

名古屋市守山区の葬儀費用の相場

下記は、守山区と名古屋市のお葬式にかかる費用相場です。


守山区の費用相場名古屋市の費用相場
一般葬・家族葬51万378円1,37万8,276円
一日葬33万6,407円31万1,774円
火葬式11万9,629円18万2,815円
※2018年度「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

守山区内で葬儀を執り行った際の費用平均は上記のとおりです。名古屋市全域と比較すると半分以下のという結果になっています。直葬でも、名古屋市全域では約18万円が相場であるのに対して、守山区では約12万円と割安です。

その一方、一日葬では名古屋市全域の約31万円に対して守山区では約34万円と、少し割高になります。

葬儀にかかる費用はどのようなお葬式を希望するかによっても大きく異なります。お時間が許す場合は、事前に葬儀社と相談するなどして、きちんと希望を伝えることをおすすめします。

実際に葬儀をあげる場合は、葬儀社と葬儀プランについて相談した上で費用が決まります。そのため、葬儀費用を抑えたいと考えている場合には、葬儀一式の内訳やその他必要となる費用について知っておくことが重要です。

以下では、葬儀一式に含まれる主な費用内訳をご紹介します。

葬儀一式の内訳 〇祭壇費
白木祭壇、白木位牌、位牌台、遺影写真と額、遺影台、供物、供物台、輿、水引幕、灯籠、焼香具、香炉
〇車両費
・寝台車…病院から自宅、斎場まで故人を輸送
・霊柩車…斎場から火葬場までお棺を輸送
・送迎バス・ハイヤー…葬儀会場や火葬場への参列者の送迎
〇人件費
遺体運搬費、遺体のエンバーミング・メイクアップ、葬儀の司会進行、葬儀の運営スタッフ、音響効果、照明設備、着付け料、管理手数料
〇その他
・葬儀前…保管料(遺体の安置室使用料)、お棺、ドライアイス、枕飾り
・葬儀中…式場使用料、お花代、受付用品、案内看板、門灯装飾、造園装飾、テント装飾、会葬礼状
・葬儀後…火葬中待合室使用料、骨壺、自宅飾り

また、葬儀プランによっては、葬儀一式の他に「飲食接待費用」や「寺院費用」が掛かる場合があります。

飲食接待費通夜料理、告別料理、火葬後料理、会葬返礼品
寺院費用読経料、戒名料、御膳料、お布施、心づけ、交通費

いずれにしても、葬儀を執り行うに当たっては、ご遺族はある程度まとまったお金を用意することになります。故人やご遺族が希望する葬儀の内容とあわせて、どの程度の金額が必要になるのかを確認しておきましょう。

名古屋市港区の葬祭費と埋葬料・埋葬費

名古屋市守山区の葬祭費

愛知県名古屋市では、国民健康保険や後期高齢者医療の加入者が死亡された場合に葬祭費が支給されます。詳細は以下のとおりです。

例)名古屋市国民健康保険の場合

支給内容葬祭費 5万円
支給対象者世帯主または葬祭執行者
申請に必要なもの・死亡を証明するもの(死亡診断書・火葬許可証等)
・申請者が世帯主でない場合は、葬儀の会葬礼状など葬祭執行者であることを証明するもの
・保険証
・印鑑
・預金通帳等口座のわかるもの
※世帯主(または葬祭執行者)名義に限る
申請書の配布・申請場所お住まいの区の【区役所保険年金課保険係】または【支所区民福祉課保険係】
申請方法お住まいの区の区役所保険年金課保険係または支所区民福祉課保険係の窓口で葬祭費を申請
申請期限葬祭後2年

埋葬料・埋葬費・ 家族埋葬料

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。
故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に埋葬料が支給されます。また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。
申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

例)協会けんぽの場合

支給内容埋葬料5万円
埋葬費5万円の範囲内で実際に埋葬に要した費用
(霊柩車代、霊柩運搬代、霊前供物代、火葬料、僧侶の謝礼などが対象)
支給対象者埋葬料故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う方
埋葬費埋葬料の受け取り手がいない場合で、埋葬を行った方
申請に必要なものすべて①健康保険埋葬料(費)支給申請書

②事業主の証明
【事業主の証明が受けられない場合(下記のいずれか1つ)】
 ・埋葬許可証のコピー
 ・火葬許可証のコピー
 ・死亡診断書のコピー
 ・死体検案書のコピー
 ・検視調書のコピー
 ・亡くなった方の戸籍(除籍)謄(抄)本
 ・住民票

③外傷の場合:負傷原因届

④交通事故等第三者行為の場合:第三者の行為による傷病届

⑤被保険者のマイナンバーを記載した場合:本人確認書類
 以下のいずれか1セット
 ・マイナンバーカード(表・裏の両面コピー)
 ・①マイナンバーを確認できる書類+②身元確認書類
  ①:個人番号通知のコピー、住民票(マイナンバーの記載のあるもの)、住民票記載事項証明書(マイナンバーの記載のあるもの)のうちどれか1つ
  ②:運転免許証のコピー、パスポートのコピー、その他官公署が発行する写真つき身分証明書のコピーのうちどれか1つ
埋葬料【被扶養者以外が埋葬料を申請する場合】
生計維持を確認できる書類
・住民票
  亡くなった被保険者と申請者が記載されていること
  個人番号(マイナンバー)の記載がないもの
・住所が別の場合は下記のいずれか1つ
  ・定期的な仕送りの事実のわ分かる預貯金通帳や現金書留の封筒の写し
  ・亡くなった被保険者が申請者の公共料金等を支払ったことが分わかる領収書の写し など
埋葬費・埋葬に要した領収書
・埋葬に要した費用の明細書
申請方法健康保険被保険者証(健康保険証)に記載されている管轄の協会けんぽ支部に書類を郵送 または 窓口へ直接持参
申請期限死亡した日の翌日から2年

葬儀・家族葬の流れは地域によって異なり、通夜・葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」と、葬儀・告別式を行う前に火葬を行う「前火葬(または骨葬)」の2とおりが存在します。「後火葬」は北海道(一部地域を除く)、関東、関西、九州などの地域で行われることが多く、「前火葬」は主に東北、沖縄、離島で行われています。また、前火葬を行う東北地方の中でも、通夜の前に火葬を行う地域(青森、秋田)と、通夜の後に火葬を行う地域(岩手、宮城、山形)といった違いが見られます。

以下では「後火葬」の葬儀・家族葬の流れをご紹介します。

1.納棺・通夜

納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、通夜式を行います。読経・焼香の後、喪主または親族代表が挨拶をし、お清め料理などで弔問客をもてなします(通夜振る舞い)。

2.葬儀・告別式

葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで葬儀・告別式を執り行います。

3.出棺

故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、お別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

4.火葬

火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行います。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

5.初七日・百か日法要(繰り上げ法要)

火葬場より戻られてから、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

6.葬儀終了後

自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをおすすめします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをおすすめします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

愛知県名古屋市では、国民健康保険や後期高齢者医療の加入者が死亡された場合に葬祭費が支給されます。

名古屋市守山区の主な斎場

・紫雲殿守山離宮(愛知県名古屋市守山区八剣2-914/名鉄瀬戸線印場駅から徒歩14分)
・ティア守山(愛知県名古屋市守山区小幡中1-32-20/名鉄瀬戸線小幡駅から徒歩2分)
・ティア四軒家(愛知県名古屋市守山区四軒家2丁目118/名古屋市営地下鉄東山線藤が丘駅からタクシー9分)
・守山合掌殿(愛知県名古屋市守山区町南8-6/名鉄瀬戸線守山自衛隊前駅から徒歩6分)
・イズモ葬祭大森(愛知県名古屋市守山区脇田町1702/名鉄瀬戸線大森、金城学院前駅からタクシー4分)

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

関連記事

お気軽にご相談ください (24時間受付)