日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
白鷹町斎場 ナウエルホール白鷹

PR ナウエル典礼

最上川が町内を縦走する白鷹町は、山形市街から車で1時間足らずでアクセスでき、米沢から続く盆地の北端に位置しています。町の中心は山形鉄道フラワー長井線の終点荒砥駅周辺と、その対岸の鮎貝地区です。

白鷹町では、ヤナ場(簗場)を用いた最上川のアユ漁が伝統的に行われています。とくに白鷹ヤナ公園のヤナ場は日本有数の規模のもので観光名所となっています。また、山形名物のベニバナ(紅花)の産地としても知られ、毎年7月には「白鷹紅花まつり」が開催されます。

長井を経て赤湯へと向かうフラワー長井線は、長井市内へ通う学生や通勤客が利用に利用される地元になくてはならない鉄道です。そんな魅力あふれる山形県白鷹町の葬儀斎場や火葬場へのアクセス方法、費用や自治体の補助金制度などについてご紹介していきます。

山形県白鷹町の主な式場

斎場には公営と民間の2種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。重視しているポイントを比較し、より希望に合致した葬儀場を選んでください。

運営主体斎場名住所アクセス
公営斎場白鷹町斎場西置賜郡白鷹町大字菖蒲350-1 フラワー長井線「荒砥駅」からタクシー約5分
民営斎場ナウエルホール白鷹西置賜郡白鷹町大字荒砥甲629-1フラワー長井線「長井駅」からタクシー約16分

火葬設備をもつ公営の白鷹町斎場は、葬儀場・式場が設けられていないので、通夜や告別式を伴う葬儀は行えません。火葬のみの直葬であれば、執り行うことができます。

また、白鷹町斎場には霊安室など遺体を安置しておく設備がありません。霊柩車などの運行もないので、直葬の場合でも遺体の搬送等はご遺族が専門の業者を手配する必要があります。なお、公営なので宗派を問わず利用することができます。

民間のナウエルホール白鷹は、米沢市に本社を置くナウエル典礼が運営するメモリアルホールです。置賜地方に広範なネットワークをもち、地元密着かつ実績豊富な葬儀社として多くの支持を集めています。

葬儀をできるだけシンプルに執り行いたいという方には、公営斎場での直送がおすすめです。一方、葬儀について故人やご遺族の希望がある場合は、できるだけ早いうちから信頼できる業者を探し、いざというときに相談できる環境を整えておくことが大切です。

葬儀をあげるときの自治体の補助金について

予期せず葬儀を執り行うことになったとき、その費用を工面するのに苦労する場合も少なくありません。比較的安価な直葬や家族葬であっても、それなりにまとまった金額が必要です。

そこで、ご遺族の負担を軽減するために、白鷹町では主に国民健康保険加入者を対象に、葬祭費の補助金給付制度を設けています。ただし、審査を経て支給されるまで一定の時間を要するので、支払い時に利用することができないケースが多い点には注意が必要です。

白鷹町における葬祭費補助の内容は以下のとおりです。実際に葬儀を執り行う際の申請の参考にしてください。なお葬祭費の補助金支給は、2年までさかのぼって申請することができます。

白鷹町の葬祭費

白鷹町では国民健康保険に加入していた方が亡くなった場合、葬祭費(一件50,000円)が支給されます。

葬祭費5万円
支給方法国民健康保険に加入していた方が亡くなった場合、所定の書類など必要なものをそろえて白鷹町役場の町民課国保医療係に申請します。
申請できる方葬儀を行った方
申請に必要なもの申請の際は所定の申請書を提出することになります。ほかにも届出人を確認できる書類(運転免許証・パスポート等)や印鑑など、用意しなければならないものがあるので、詳細は各自治体の国民健康保険担当部署もしくは各医療保険機関にお尋ねください。

埋葬料・埋葬費

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。
故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に埋葬料が支給されます。また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。
また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給されます。
申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

山形県白鷹町の火葬事情

白鷹町斎場

最上川の河畔に静かにたたずむ白鷹町斎場は、1999年に供用が開始された比較的新しい公営の火葬場です。とくに火葬炉は、先端技術を取り入れた最新型の機械設備で、煤煙・粉塵・悪臭・騒音のすべてを抑える特許を4つ保有しているほか、ダイオキシン対策も万全です。さらに主燃炉と再燃炉へ同時に着火できる仕様となっており、焼骨にかかる時間の節約も実現しています。

火葬炉は2基ありますが、炉前ホールと収骨室は各1室です。待合室は和室が2部屋ありますが、会葬者が3組以上いる場合は、それぞれ譲りあっての利用となります。

また、斎場には普通車30台、マイクロバス2台分の駐車場があり、車での来場が便利です。公共交通機関を利用する場合は、山形鉄道フラワー長井線荒砥駅からタクシーで10分弱でアクセスすることができます。

タクシー会社は駅前にありますが、駅周辺にはコンビニやスーパーマーケットなどはありません。そのため、事前に飲食物を用意しておくことをおすすめします。ただし、飲み物は斎場に自販機や湯沸室があります。

斎場名白鷹町斎場
所在地山形県西置賜郡白鷹町大字菖蒲350-1
アクセスフラワー長井線「荒砥駅」からタクシー約5分
施設・設備・ 火葬炉 2基
・ 告別室ホール 1室
・ 炉前ホール 1室
・ 待合ロビー 1ヶ所
・ 待合室 2室
・ 収骨室 1室
備考 安置室・霊安室なし、 葬祭場・式場なし、 霊柩自動車なし

山形県白鷹町で実績の多い葬儀社・葬儀式場

白鷹町で実績の多い葬儀社をご紹介します。

ナウエルホール白鷹

ナウエルホール白鷹は、白鷹町の中心街荒砥地区の南の外れ、白鷹町立病院のすぐ目の前にあります。140名を収容できるホールを備え、全館開放で250名まで対応できる斎場です。そのため、家族葬や一般葬はもとより、社葬や団体葬まで幅広い規模の葬儀を執り行うことができます。

また、定型のプランではなく、一人ひとりの希望に沿った葬儀を提案しています。見積もりはもちろん、葬儀の流れをタイムスケジュールに起こしてくれるので、葬儀が初めての方でも円滑に喪主を務めることができます。

100台分の専用駐車場を完備しており、なおかつ見晴らしのよい国道沿いにあるので車で来場される方が困ることはありません。バスは通っていませんが、山形鉄道フラワー長井線の荒砥駅からタクシーで5分でアクセスすることができます。

通夜会場には独立した専用入口が設けられていて、厳かな雰囲気の中で故人を送ることができます。会食会場も落ち着いたつくりで、ゆったりとお別れの夜を過ごせるでしょう。

会食(壇払い)にはあらかじめ4つのコースが設定されていて、予算や人数などに応じて選べます。和食、洋食にオードブルと、内容もそれぞれ大きく異なるので、料理の発注に煩わされることがないのも魅力です。また、通夜会場入り口のすぐ向かい側にコンビニエンスストアがあるので、ちょっとした買い物もできます。

互助会システムを設けているのもナウエル典礼の大きな特徴です。月々1,000円の掛け金からはじめることができ、葬儀だけでなく婚礼や子供のお祝いまで幅広い行事に利用できます。地域密着型の頼りになる斎場として力になってくれるため、葬儀社選びに悩んでいる方におすすめです。

施設詳細

斎場・葬儀場名ナウエルホール 白鷹
住所山形県西置賜郡白鷹町大字荒砥甲629-1
アクセスフラワー長井線「長井駅」からタクシー約16分
施設・設備

お客様の声「安心できました」

父の葬儀をナウエルホール白鷹様で行いました。喪主は二男で、私は親族として参加しましたが、打ち合わせ進行とも大変手馴れていて、戸惑うこともなくスムーズに出来て良かったと思います。地元の仕来りも分かっており、会場や駐車場も広く、参列者も迷うことなく来られる立地条件も良かったと思います。ただし、事務的なことを会場の人にお願いできなかったことは、残念に思いました。(いい葬儀より)

山形県の葬儀事情

山形県は、ほかの東北地方と同じく「前火葬」の地域です。
午前中に火葬、午後に葬儀・告別式が行われます。

葬儀当日に初七日法要まで行ってしまう地域は多いですが、山形県では三十五日(五七日)法要を行うことが多いようです。
東北地方では納棺に各地域の特色がありますが、山形県の最上地方では、高い屏風を立て、縄だすきにふんどし姿の男性が納棺をするというしきたりがあります。このとき、お浄めとして塩やするめ、梅干しを食べたり、風呂場に置いた大根おろしで手を洗うなど細かな作法があります。

また、米沢・山形地方では、火葬の際に故人にわざと古くいたんだ着物を着せるという風習があります。出棺も必ず玄関以外の出入り口を使い、火葬場からお骨が戻ってきた際には家じゅうの出入り口に味噌と塩を置くという風習もあるようです。葬儀祭壇も大きく、出棺後も最低一週間はそのままにして置き、一種の「忌中」の代わりにするという風習があります。

いい葬儀「山形県の葬儀事情」より一部抜粋

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

白鷹町では国民健康保険に加入していた方が亡くなった場合、葬祭費(一件50,000円)が支給されます。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事