日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
タツノコ斎場

PR 株式会社公栄社

三郷町での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

三郷町での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

三郷町は、奈良県北西部にある生駒郡の町です。7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた『万葉集』にこの地の歌が多数あるのは、大和と難波をつなぐ龍田古道が通っていたから。町のあちこちには、歌が刻まれた歌碑を見つけることができます。

古来、歴代の朝廷からも深く信仰された龍田大社、重要文化財の本殿をもつ八幡神社(勢野薬隆寺)などの史跡めぐりが人気のほか、信貴山のハイキングコースも四季を通じて多くの登山客で賑わっています。

そんな歴史と自然の魅力にあふれた三郷町で葬儀を執り行うにあたり、「いい葬儀」がおすすめする葬儀社をご紹介します。

三郷町で実績の多い葬儀社・葬儀式場

公栄社

三郷町では、「公栄社」という葬儀社に葬儀を依頼することが可能です。公栄社は、三郷町にある葬儀場はもちろん、県内にベルホール高田(奈良県大和高田市旭南町2-21)、ベルホール真美ヶ丘(奈良県北葛城郡上牧町大字上牧1467-1)などの自社斎場を運営しています。いずれも浴室完備の宿泊施設を備えており、遠方から葬儀に参列した方々を安心してお迎えすることができます。

また、葬儀に関するご家族の不安を少しでも軽減したいという想いから、シンプルプランからハイクラスプランまで、価格と内容のわかりやすい5つのセットプランを設け、ご家族の想いを形にしています。

慣れ親しんだ自宅やお寺で葬儀をあげたいという要望にも24時間365日、誠意を持って対応しています。

葬儀をあげるときの自治体の補助金について

奈良県三郷町の葬祭費

三郷町では、国民健康保険の被保険者の方が亡くなったとき、3万円の葬祭費が給付されます。

申請できる期間は、葬祭を行った日から2年以内。葬儀には何かとお金がかかるものですので、申請して給付を受けることをおすすめします。

葬祭費3万円
支給方法国民健康保険に加入者が亡くなられたときに支給されます。必要なものを持参の上、三郷町役場保健課に申請してください。
申請できる方葬祭を行った方のみ
申請に必要なもの ・亡くなられた方の保険証
・ 申請者の印かん
・ 申請者の金融機関口座通帳
(または振込口座のわかる書類)

埋葬料・埋葬費

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。

故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に支給されるのが埋葬料です。

また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給される仕組みです。

申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

三郷町の火葬事情

三郷町営竜の子斎場

竜の子霊園は、眼下に奈良西部を一望するパノラマ景観を望める丘に立つ町営墓地ですが、そのすぐ隣にある竜の子斎場では、葬儀と火葬を行うことができます。宗教、宗旨、宗派などに関係なく、誰もが利用可能です。

また、霊園内には大広間を完備した竜の子会館があり、年忌、法事、法要など利用することができます。

火葬場の使用許可申請は、三郷町役場の住民福祉課へ火葬許可証を添えて行ってください。使用の受付については住民福祉課で行っており、役場閉庁時は宿直職員が行います。午前9時~午後5時まで使用することができます(最終火葬時刻:午後2時30分)。

斎場名三郷町営竜の子斎場
所在地奈良県生駒郡三郷町立野南2-25-
アクセス大和路線三郷駅からタクシー2分
施設・設備・火葬炉
・火葬場併設の待合室
・親族控え室
・霊安室
・宗教者控え室
・待合ロビー
・駐車場

三郷町の主な式場一覧

運営主体斎場名住所アクセス
火葬場三郷町営竜の子斎場奈良県生駒郡三郷町立野南2-25-1 大和路線三郷駅からタクシー2分
公共施設 勢野自治連合会館 奈良県生駒郡三郷町勢野東2-12-22 近鉄生駒線勢野北口駅から徒歩3分
公共施設いわせが丘自治会館(旧農住記念会館) 奈良県生駒郡三郷町立野南2-6-22 大和路線三郷駅から徒歩3分

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

三郷町では、 国民健康保険の被保険者が亡くなったとき、葬祭費3万円が給付されます。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

関連記事

お気軽にご相談ください (24時間受付)