日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
家族葬専用式場すすきの会館 メモリアル彩雲

PR ハシワタシ

熊谷市での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

熊谷市での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

埼玉県熊谷市で葬儀をあげたい方へ

埼玉県熊谷市は、記録的な夏の気温の高さで全国的に有名ですが、それ以外にも、埼玉県北部経済の一大拠点としての大きな役割も担っています。

人口こそ埼玉県で9位であるものの、農業産出額、製造品出荷額、商品の販売額では高い順位を得ています。また、江戸時代には中仙道の宿場が置かれ、宿場町として栄えたという背景も。現在では市内に4つの国道をはじめ、新幹線など鉄道路線が敷かれ、交通の要所としても重要な存在感を発揮しています。

地理的には、全体に平坦な地形。市街地南側を荒川が流れています。日本のさくらの名所100選に選ばれた熊谷桜堤があり、「熊谷桜まつり」が有名。それ以外にも、熊谷花火大会やフットボール大会など、全国的にも有名なイベントが開催される場所でもあります。

埼玉県熊谷市で実績の多い葬儀社・葬儀式場

熊谷市には多くの葬儀専用ホールがあります。火葬だけでなくお通夜や葬儀・告別式も執り行うことができる公営斎場メモリアル彩雲のほか、専門葬儀社や冠婚葬祭互助会、寺院などが運営をしている葬儀会館やセレモニーホールなどがあります。

家族葬や一日葬、一般葬などご家族の希望するご葬儀に合わせて、小規模から大規模まで、多種多様な葬儀プランがあります。

また、葬儀社や斎場を選ぶ際には自宅や病院からのアクセス、参列者の集いやすい場所にあるかといった立地も重要です。ここでは熊谷市の中でも実績を誇る葬儀社・葬儀会館をご紹介します。

家族葬専用式場「すすきの会館」

家族葬専用式場「すすきの会館」は2019年7月にオープンした葬儀場です。

熊谷市内でははじめて和食処を併設した葬儀場で、一般的な仏式の家族葬だけでなく、神式の葬儀、キリスト教式葬儀、友人葬、無宗教葬(自由葬)、さらに生前葬や偲ぶ会、お別れの会など、さまざまなお葬式のかたちに対応。また葬儀後の法要でも利用できます。できたての料理は葬儀や通夜、法要の後のお斎を彩ります。

さらに、火葬場までは往復の無料マイクロバスが出ているので移動も便利、故人との面会の他、遺族の宿泊も可能です。駐車場も完備しており、行き届いた設備が充実しています。

すすきの会館での葬儀は、この会館を運営するハシワタシによる完全自社施行のお葬式なので、高い安心に支えられています。整った設備と経験あるスタッフによるサポートも手厚く、内容も充実。熊谷市だけでなく、近隣30近い数の市町にも搬送の対応をしているため、いざという時にも頼りになります。

葬儀の前に事前相談も受け付けているのも安心ポイント。葬儀の前は、霊柩車搬送、遺体預かりなど「どうしたらいいか分からない」という不安が多い事柄も多いもの。そんな時、ご家族に寄り添ってくれる頼もしい存在となることでしょう。また、法事日や会食の日程や内容の取り決め、予約に至るまで対応してくれるため、安心してお任せすることができます。

施設詳細

斎場・葬儀場名家族葬専用式場「すすきの会館
住所埼玉県熊谷市石原1213
アクセス 秩父鉄道「石原駅」下車 タクシー約5分
施設・設備安置施設 / 和食処併設式場 / マイクロバス

料金プラン (税抜)

火葬式一日葬家族葬一般葬
14万6,000円~22万6,000円~25万円~34万5,000円~

埼玉県熊谷市の葬儀費用の相場


熊谷市の費用相場埼玉県の費用相場
一般葬・家族葬94万8,399円111万0,077円
一日葬49万5,169円58万3,809円
火葬式21万3,617円20万9,364円
※2018年~「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

熊谷市と埼玉県全体の葬儀にかかる平均費用は上記の通りです。比較してみると、一般葬・家族葬については、埼玉県の約111万円に対して、熊谷市は約95万円と、6万円ほど低くなっています。一日葬に関しても、およそ58万円の埼玉県相場と比べて9万円ほど安いのが分かります。

火葬式(直葬)は熊谷市も埼玉県全体の相場も、ともに大体21万円と、ほぼ同じ程度という結果でした。全体的に熊谷市の葬儀費用は、埼玉県全体に対して割安な相場であるといえます。

実際に葬儀をあげる場合は、葬儀社と葬儀プランについて相談した上で費用が決まります。そのため、葬儀費用を抑えたいと考えている場合には、葬儀一式の内訳や、その他必要となる費用について知っておくことが重要です。
以下では、葬儀一式に含まれる主な費用内訳をご紹介します。

葬儀一式の内訳 ○施設利用費
通夜・葬儀・告別式で使用する式場の利用料金です。
・式場使用料
・安置室使用料
・火葬場使用料
・控室使用料 など
○祭壇費
通夜・葬儀・告別式での祭壇設置や装飾にかかる費用です。葬儀一式費用の中で大きな割合を占めます。
・枕飾り(安置)
・本祭壇(通夜・告別式)
・後飾り(火葬後)
・祭壇設置費用
・遺影・白木位牌・祭壇花・供物・線香・ろうそく など
○車両費
病院や自宅から斎場・火葬場までご遺体を搬送する際や、会葬者を送迎する場合にかかる費用です。
・寝台車(病院から自宅、斎場までの移動)
・霊柩車(葬儀式場から火葬場までの移動)
・送迎バス・ハイヤー(葬儀式場や火葬場への参列者の送迎)
○人件費
葬儀の進行管理や受付サポートなど、葬儀社や式場担当スタッフの人件費がかかります。
・司会
・式進行管理、火葬場同行
・納棺師 など
○その他
葬儀準備や受付のために備品やサービスを利用する場合に費用がかかります。
・納棺用品
・受付設備・備品
・案内看板・式場装飾
・会葬礼状
・骨壺 など

また、葬儀一式の他にも「飲食接待費用」や「宗教者費用」が必要になる場合があります。
飲食接待費用は、通夜の弔問客に出す「通夜振る舞い」や、葬儀後に出す「精進落とし」の料理対応に発生する費用です。
宗教者費用は、寺院へのお布施や、僧侶・宗教者への謝礼を指します。宗教・宗派や地域風習によって異なり、回数や時間に応じて費用も変わるため、事前に確認をしておくとよいでしょう。

飲食接待費用 通夜・告別式で弔問客に振る舞う料理・お酒などの飲食費です。弔問客の人数によってかかる費用は異なります。
・通夜振る舞い(オードブル・寿司・天ぷらなどの大皿料理)
・精進落とし(懐石料理や仕出し弁当など)
・返礼品(香典返しなど)
宗教者費用 葬儀を進める宗教者(僧侶・司祭など)のための費用です。
【仏教】読経料・戒名料・お車代・御膳料
【キリスト教】献金
【神道】神饌料

いずれにしても、葬儀を執り行うに当たっては、ご遺族はある程度まとまったお金を用意することになります。故人やご遺族が希望する葬儀の内容とあわせて、どの程度の金額が必要になるのかを確認しておきましょう。

葬儀をあげるときの自治体の補助金について

熊谷市の葬祭費

熊谷市では、亡くなられた方が国民健康保険に加入していた場合、または亡くなられた方が後期高齢者医療に加入していた場合、市区役所保険年金課国保給付係に申請をすることで、葬祭費として自治体からの5万円支給される制度があります。 死亡届の手続きと同時に、葬祭費申込みを行うことでよりスムーズに対処することができます。

なお、葬祭を行った日の翌日から起算して、2年を経過すると時効となってしまいますので、注意が必要です。

葬祭費5万円
支給方法 1.亡くなられた方が国民健康保険に加入していた場合
2.亡くなられた方が後期高齢者医療にご加入だった場合
市区役所保険年金課国保給付係に申請をお願いします
申請できる方 葬祭費の支給申請ができるのは、葬祭を行った方です。
申請に必要なもの ・亡くなった人の保険証
・喪主の人の印鑑(朱肉を使うもの)
・喪主の人の口座番号等が確認できるもの
・会葬礼状や葬祭費用の領収証等、喪主の人のお名前が確認できるもの

埋葬料・埋葬費

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。

故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に支給されるのが埋葬料です。

また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給される仕組みです。

申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

埼玉県熊谷市の火葬事情

熊谷市には公営の斎場 「メモリアル彩雲」はがあります。亡くなった方、または喪主の方が熊谷市に住んでいる場合は、割安で利用することが可能です。

メモリアル彩雲(熊谷市立葬斎施設)

メモリアル彩雲はお通夜・葬儀が執り行える式場と火葬の設備が完備されている熊谷市の公営総合斎場です。

同じ敷地内で葬儀と火葬ができるため、移動の手間がなく、高齢の遺族や親族にとっても負担が少ないのがポイントです。小規模の家族葬から、大人数の一般葬までご家族のニーズに合わせて選んでいただくことができます。また、式場利用料には、祭壇・遺族控室、整理室などの施設の使用料も含まれているため、会計時にも安心感があります。友引、12月31日~1月2日以外は年中無休で営業しています。

一方、メモリアル彩雲はあくまでも貸し式場であるため、葬儀そのものを執り行ってくれるわけではありません。 メモリアル彩雲での葬儀を希望する場合は、葬儀社にその旨を伝え、依頼する必要があります。また、メモリアル彩雲では葬儀社の紹介や斡旋、生花の受注などの業務も行っていません。公営斎場のメモリアル彩雲で葬儀を行う場合も、信頼のできる葬儀社選びが大切です。

斎場名 メモリアル彩雲
所在地 埼玉県熊谷市円光2-9-40
アクセス JR高崎線「熊谷駅」よりタクシー約10分
施設・設備 火葬炉6基
待合室6室
洋室2室(各室36名収容)
告別室2室
収骨室2室
第1式場(110人収容)
第2式場(80人収容)
祭壇
遺族控室
お清め室
売店
待合ロビー

埼玉県熊谷市の主な式場

運営主体斎場名住所アクセス
公営斎場 メモリアル彩雲熊谷市円光2-4-90 JR高崎線「熊谷駅」よりタクシー約10分
民営斎場 家族葬専用式場すすきの会館熊谷市石原1213秩父鉄道「石原駅」よりタクシー約5分
寺院斎場 玉井寺会館熊谷市玉井1888 JR高崎線「籠原駅」よりタクシー約10分
民営斎場 セレモニーホールせいなん 熊谷市村岡396 JR高崎線「熊谷駅」よりタクシー約10分

葬儀・家族葬の流れは地域によって異なり、通夜・葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」と、葬儀・告別式を行う前に火葬を行う「前火葬(または骨葬)」の2通りが存在します。「後火葬」は北海道(一部地域を除く)、関東、関西、九州などの地域で行われることが多く、「前火葬」は主に東北、沖縄、離島で行われています。また、前火葬を行う東北地方の中でも、通夜の前に火葬を行う地域(青森、秋田)と、通夜の後に火葬を行う地域(岩手、宮城、山形)といった違いが見られます。

以下では「後火葬」の葬儀・家族葬の流れをご紹介します。

1.納棺・通夜

納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、通夜式を行います。読経・焼香の後、喪主または親族代表が挨拶をし、お清め料理などで弔問客をもてなします(通夜振る舞い)

2.葬儀・告別式

葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで葬儀・告別式を執り行います。

3.出棺

故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

4.火葬

火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

5.初七日・百か日法要(繰り上げ法要)

火葬場より戻られてから、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

6.葬儀終了後

自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

熊谷市では、国民健康保険に加入していた方、または後期高齢者医療に加入していた方が亡くなった場合、申請をすることで、5万円の葬祭費が支給されます。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

お気軽にご相談ください (24時間受付)