24時間無料相談 / いい葬儀お客様センター

すすきの会館(熊谷市石原)の施設情報/葬儀・家族葬のご利用案内

葬儀に関する無料相談受付中

相談無料 - 専門相談員が丁寧に対応します
0120-956-751
24時間365日無料相談
見積もりフォームはこちら

すすきの会館は、熊谷市にある斎場。ハシワタシが運営を行っている民営斎場です。

最寄り駅は秩父鉄道秩父本線「石原駅」で、徒歩で11分です。最寄り駅から少々離れた場所にあるため、車を使うことがおすすめです。

ここからは、すすきの会館に関する料金やアクセス、基本情報に加えて斎場の雰囲気など、詳しく紹介していきます。すすきの会館でお葬式を考えている方はぜひご覧ください。

すすきの会館の基本情報/地図・交通アクセス

すすきの会館は秩父鉄道秩父本線「石原駅」から徒歩11分の場所に位置しています。バスで行く場合は、「広瀬北」停留所、「勤労青少年ホーム」停留所などのバス停が便利です。

すすきの会館には火葬施設がないため、近隣の火葬場で火葬するのが一般的です。葬儀後に火葬場に移動しなければならないので、ご注意ください。

ここでは、すすきの会館への行き方や詳細の地図、設備の内容についてご紹介します。

                  
所在地

埼玉県熊谷市石原1213

交通アクセス
【電車・バス】

秩父鉄道秩父本線「石原駅」から徒歩11分

施設・設備 式場  :1室
親族控室:あり
会食室 :あり
運営元ハシワタシ
すすきの会館での
葬儀をご案内いたします。
お電話ください。
専門相談員が無料でお話を伺います

すすきの会館でのお葬式/式場のご案内

すすきの会館は2019年7月にオープンした家族葬専門会館です。和食処を併設した式場のため、通夜・葬儀・法要後などに出来立ての料理を食べることができます。

葬儀式場

すすきの会館の式場

​家族葬をメインとした対応可能の葬儀式場。生花祭壇の設置も可能で、思い通りのしつらえで送り出せる式場です。

会食室

すすきの会館の会食室

会食場は最大60名まで対応可能。大広間もあり、できたての美味しい料理を提供してくれます。

すすきの会館での
葬儀をご案内いたします。
お電話ください。
専門相談員が無料でお話を伺います

すすきの会館で葬儀を依頼できる葬儀社一覧

葬儀社一覧のさらに詳しい情報

すすきの会館のお葬式/メモリアル彩雲での火葬のご案内

すすきの会館で葬儀を行う場合、火葬については近隣の火葬場であるメモリアル彩雲をご利用いただけます。ここでは、メモリアル彩雲での火葬料金や、火葬時の待合室・休憩室の料金についてご案内します。

メモリアル彩雲の外観です

火葬料金

区分熊谷市民市民以外
15歳以上1万円6万円
15歳未満5,000円3万円
死産児2,500円1万5,000円
改葬及び身体の一部2,500円1万5,000円

待合室料金

区分熊谷市民市民以外
2時間以内3,140円9,430円

霊安室料金

区分熊谷市民市民以外
24時間以内1,050円3,140円

火葬で棺に納めることができるもの/副葬品のご案内

棺の中に、プラスチック製品類、ふとん、毛布類、ガラス製品類、危険物、書類類、その他燃えにくいものを入れないでください。

ペースメーカーを使用している人の場合は、事前にお申し出ください。

熊谷市公式HPより

施設概要

斎場名 メモリアル彩雲
住所

熊谷市円光2-9-40

アクセス 【電車】JR高崎線「熊谷駅」から車で8分
施設・設備
  • 火葬炉 :6基
  • 式場  :2室
  • 遺族控室:あり
  • 寺院控室:あり
  • 待合室 :6室
  • 霊安室 :1室
  • 駐車場 :298台
  • その他 :告別室、収骨室、更衣ロッカー、売店、待合ホールあり
すすきの会館での
葬儀をご案内いたします。
お電話ください。
専門相談員が無料でお話を伺います

家族葬・一日葬・直葬(火葬式)の流れ

家族葬とは/こんな方におすすめ

家族葬の写真。家族葬では家族・親族だけの小規模な葬儀となる

家族葬とは、ご遺族や生前に故人と親しかった人たちだけで行う葬儀方法です。近年、コミュニティの希薄化や超高齢社会を背景に、葬儀を少人数で行うことのできる家族葬は人気の葬儀形式となっています。

家族葬を行うメリットは、「参列者への対応に追われないため遺族の負担が少ない」「一般葬より葬儀費用を抑えられる」「自由な形式で葬儀を行える」などがあります。

そのため、身内のみで最後の思い出を作りたいと考えている方や、親睦の深い身内だけで故人を見送りたいと考えている方に最適な葬儀方法といえるでしょう。

家族葬の流れ
  • 1日目
    納棺・通夜
    納棺・通夜のイメージ

    納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、通夜式を行います。読経・焼香の後、喪主または親族代表が挨拶をし、お清め料理などで弔問客をもてなします(通夜振る舞い)

  • 2日目
    葬儀・告別式
    葬儀・告別式のイメージ

    葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで葬儀・告別式を執り行います。

    出棺

    故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

    火葬

    火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

    初七日・百か日法要(繰り上げ法要)
    法事・法要ではお坊さんなどの僧侶が読経を行う

    火葬の後、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

    葬儀終了後

    自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

一日葬とは/こんな方におすすめ

一日葬とは、お通夜をおこなわず、葬儀・告別式と火葬のみを1日で執り行うお葬式のことです。

一日葬は、お通夜を省くことで費用を抑えることができ、1日で行えるため喪主や遺族の負担が少なくなるのが特徴です。

「遺族・親族が忙しくて休みを取りづらい」「遠方に暮らす人が多い」「高齢者など身体への負担が大きい」といった場合に、少ない日数できちんとしたお別れができる一日葬を選ぶ方が多いです。

一日葬の流れ
  • 葬儀当日
    納棺・告別式
    納棺・告別式を行う一日葬のイメージ

    納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで告別式を執り行います。

    出棺

    故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

    火葬

    火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

    初七日・百か日法要(繰り上げ法要)
    法事・法要ではお坊さんなどの僧侶が読経を行う

    火葬の後、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

    葬儀終了後

    自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

火葬式(直葬)とは /こんな方におすすめ

直葬(火葬式)は、通夜・告別式を行わずに火葬のみをおこなう葬儀のことです。

儀式的な部分を省くため、一般的な葬儀より料金が掛からないことが多く、お別れの時間が通常の葬儀に比べ短いのが特徴です。

経済的な理由で葬儀にお金をかけることが難しい方や、簡易的に葬儀をおこないたい方に最適な葬儀方法といえます。

直葬(火葬式)の流れ
  • 葬儀当日
    納棺
    火葬式のイメージ。火葬場へ向かう家族

    納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

    火葬

    火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

    火葬終了後

    自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

すすきの会館についてのよくある質問

アクセス情報を教えてください。

秩父鉄道秩父本線「石原駅」から徒歩で11分です。駅から少し遠いので、バスやタクシーの利用をおすすめします。

すすきの会館での
葬儀をご案内いたします。
お電話ください。
専門相談員が無料でお話を伺います

供花・弔電のご案内/通夜・告別式のお悔やみの送り方

供花のご案内

葬儀の際に葬儀場に送る供花のイメージ

供花を届けるのは、お通夜が始まるまでに完了するようにしましょう。どうしても間に合いそうにないなら、翌日のお葬式が始まるまでに間に合わせるようにしましょう。

供花の手配・注文をする場合には「インターネットで申し込む」「お葬式を執り行っている葬儀屋さんに直接頼む」「近所の花屋さんに頼む」という3つの方法があります。

インターネット注文では、当日14時までのご注文で全国(一部地域を除く)即日お届けしています。地域の風習や葬儀社や喪主様のご意向など、場面や状況に応じ、最適なご供花を手配させていただきます。供花の手配に慣れていらっしゃらない方でも、安心してお申し込みいただけます。

供花の出し方はこちら
すすきの会館への供花をお考えの方はこちら

弔電のご案内

葬儀の際に葬儀場に送る弔電のイメージ

弔電は、基本的に通夜・葬儀の前日までに送るのがマナーです。遅くとも、葬儀の開始時刻までには届くように申し込みましょう。

宛名は喪主宛としてフルネームで送りますが、喪主名が不明の場合は、「故○○○○様(故人のフルネーム)」「ご遺族様」を併記します。企業や団体が主催する場合は、葬儀責任者、部署、主催者宛にします。差出人はフルネームで、故人との関係がわかるような書き方をするようにします。

弔電の出し方はこちら

すすきの会館での葬儀・家族葬のご相談は「いい葬儀」へ

葬儀場・葬儀社の紹介を行うサービスサイト「いい葬儀」のイメージ

すぐに資料・見積もりの送付を行ってくれる葬儀社もたくさんあります。複数の葬儀社の料金を比較して、検討してみてください。

また、すすきの会館は式場を見学可能です。すすきの会館でのお葬式を考えている方も、万が一に備えておきたい方も、実際に目で見て、肌で感じてみると良いでしょう。

急に葬儀が必要になった場合や、葬儀について右も左もわからない…といった場合には、まずは「いい葬儀」にご相談ください。

個々の状況に合わせた葬儀の提案というだけでなく、最後で最高のお別れの時間のために、葬儀社紹介の第一人者である「いい葬儀」の相談員が優良葬儀社をご提案します。

【記事監修】小林 憲行
【記事監修】小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

Flow
ご依頼の流れ

STEP01

まずはお電話ください

お客様のご状況に合わせて、葬儀のご案内をいたします。
お客様センターは24時間365日、専門相談員が常駐して対応しております。
最初のお電話で、以下の情報をお知らせいただけますとスムーズです。

STEP02

ご希望に合った葬儀社をご紹介

お客様のご希望をお伺いし、ご希望に合った葬儀社をご紹介します。
病院・警察からの移動が必要な場合は、葬儀担当者がすぐに伺い、指定の安置場所までお送りします。
※万一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能です。

STEP03

葬儀のお打ち合わせ/ご契約

安置が終わりましたら、葬儀社との打ち合わせを行います。
ご契約の前には、サービス内容や葬儀金額など、納得いくまでお話されることをおすすめします

お気軽に
ご相談ください

24時間365日無料相談 / いい葬儀お客様センター 0120-956-751

葬儀に関する無料相談受付中