日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
葛岡斎場 セレモニーホール掬水苑太白

PR ほこだて仏光堂

宮城県仙台市の南西部に位置する太白区は、宮城県を横断するように伸びる名取川沿いのエリアで、総人口約23万人が暮らしています。JR「長町駅」周辺に広がる南部拠点地域をはじめ、JR「南仙台駅」周辺で平野部を中心に住宅化が進む名取川右岸地域、温泉の名所としてもよく知られる秋保地域、丘陵部に団地が立ち並ぶ丘陵住宅地域、美しい太白山を中心とする太白山周辺地域とそれぞれ個性豊かです。

各エリアでは四季を通じてたくさんのイベントが開かれているほか、名取川上流に広がる二口峡谷(ふたくちきょうこく)や天空の城跡とも称される「楯山」などの観光名所も数多く所在しています。富沢遺跡や郡山遺跡といった埋蔵文化財が多いのも太白区の特徴で、その数は仙台市全体の4割以上を占めるほどです。 こうした特徴のある太白区には公営・民営、それぞれの葬儀施設があるので、利用する際は比較しながら検討してみてください。

宮城県仙台市太白区で実績の多い葬儀社

仙台市太白区での葬儀実績が多く、幅広いプランに対応している葬儀社をご紹介します。

ほこだて仏光堂

「ほこだて仏光堂」は昭和7年に鉾建仏具店として開業以来、創業80年あまりの実績をもつ地域密着型の葬儀社で、小さな家族葬から大規模な一般葬まで幅広くサポートしています。

「地域貢献」を企業理念として掲げているとおり、地元企業ならではの心遣いと洗練されたサービスに定評があり、ご遺族に寄り添った柔軟な対応やニーズに合ったサービスで人気を集めています。料金プランは諸費用込みの良心価格を明確に提示してくれるのでわかりやすく、利用者の要望にも細やかに対応してくれるため、理想の葬儀が実現するでしょう。

また、便利な各種「友の会」制度やWeb限定のクーポン、豊富な特典が受けられるセレモニー商品券など、葬儀の負担を軽減してくれるサービスもあります。困ったら一度相談したい葬儀社です。

仙台市の葬儀費用の相場


仙台市の費用相場宮城県の費用相場
一般葬・家族葬 1,57万2,992 円 1,28万3,052 円
一日葬 48万6,464 円 54万0,393 円
火葬式 28万5,139 円 29万3,756 円
※2018年度「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

太白区が属する宮城県仙台市の葬儀費用の平均は上記の通りです。太白区エリアのみのデータはありませんが、仙台市の相場と大きくかけはなれることはないでしょう。通夜葬儀とは2日にわたって故人との別れを惜しむ従来の通夜葬儀であれば、約160万円が目安といえるでしょう。

葬儀をあげるときの自治体の補助金について

葬儀の際には、葬儀代だけでなく、お布施や戒名料、お通夜の飲食代など、多くの費用がかかります。そのようなときは、自治体からの補助金を利用することで、負担を減らすことができます。

仙台市の葬祭費

亡くなった方が国民健康保険の被保険者だった場合、葬儀費用の一部として仙台市太白区では補助金5万円が支給されます。ただし、葬祭が行われた日の翌日から2年を過ぎてしまうと受給資格が失われるため、早めの申請をおすすめします。

また、故人が亡くなった時点で国民健康保険に加入していても、前職で加入していた健康保険の資格喪失から3カ月以内であれば、そちらの保険から葬祭費が支給されます。この場合は国民健康保険からの支給適応外となるので注意してください。なお、仙台市太白区の支給方法等は以下の通りです。

葬祭費5万円
支給方法太白区役所(保険年金課)で申請の手続きを行います。
申請できる方葬儀を行った方(喪主)
申請に必要なもの・亡くなった方の保険証
・葬祭を行った方の振込先口座が確認できるもの(預金通帳など)
・喪主の型が葬祭を行ったことが確認できる書類(葬儀の領収書、会葬御礼のはがきなど)

埋葬料・埋葬費

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。
故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に埋葬料が支給されます。また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。
また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給されます。
申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

仙台市太白区の火葬事情

仙台市葛岡斎場

仙台市太白区の火葬では、主に仙台市が運営する青葉区の葛岡斎場が利用されています。

仙台市民が亡くなった場合の火葬費用は、6歳以上が9,000円、6歳未満が4,500円かかります。市外の方が亡くなった場合は、6歳以上で2万7,200円、6歳未満で1万3,600円かかります。また、和室・洋室から選べる待合室は2時間までは5,000円ですが、2時間を超えると1時間あたり2,500円です。市外の方は火葬料金と同じように3倍ほどの価格で、2時間まで1万5,300円で、2時間を超えると1時間あたり7,600円がかかります。

施設には葬儀式場を併設していないため、通夜や葬儀を執り行うことはできません。そのため、葬儀などを執り行う場合には他に葬儀式場を手配する必要があります。また、霊柩車の運航もありません。葬儀社に依頼できるので問題はありません。

葛岡斎場はJR仙山線「国見駅」から約1km、東北自動車道「仙台宮城I.C.」から国道48号東進約10分と電車でも車でもアクセスしやすい位置にあります。敷地内には広い駐車場がありますが、途中で道が狭くなっているところもあるため、葬儀社の送迎バスが利用できる場合は依頼しておくと便利でしょう。

斎場名仙台市葛岡斎場
所在地宮城県仙台市青葉区郷六字葛岡10
交通アクセスJR仙山線国見駅から徒歩15分
施設・設備・火葬炉 20基
・胞衣炉 2基
・炉前ホール
・告別室 6室
・収骨室 6室
・待合室(洋室) 12室
・待合室(和室) 8室
・食堂 ・駐車場(一般用104台、大型用22台、身障者用6台)

仙台市太白区ならびに近隣の主な式場

運営主体斎場名住所アクセス
公営斎場仙台市葛岡斎場 仙台市青葉区郷六字葛岡10 JR仙山線「仙台駅」から徒歩約15分
民営斎場 セレモニーホール掬水苑いずみ 宮城県仙台市泉区上谷刈3-1-16 仙台市営地下鉄南北線「八乙女駅」からタクシー約3分

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

宮城県仙台市では葬祭費給付を受けることができます。
亡くなった方がお住まいの区の区役所または宮城総合支所の保険年金課医療助成係、あるいは秋保総合支所保健福祉課福祉係に申請することで葬祭費5万円を受けられます。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等のサイトを立ち上げる。2018年には終活、葬儀などエンディングに関連する話題や取材記事などを紹介するWebサイト「はじめてのお葬式ガイド」を立ち上げ、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう