24時間無料相談

札幌市豊平区のおすすめ葬儀場一覧/葬儀・火葬の料金相場や補助金の情報も

葬儀に関する無料相談受付中

相談無料 - 専門相談員が丁寧に対応します
0120-951-774
24時間365日無料相談
ご危篤・ご逝去の方はこちら
最短1時間程度でお迎えにあがります

PR あいプラン

札幌市豊平区で実績多数「やわらぎ斎場」の紹介

やわらぎ斎場には 厚生労働省認定の「葬祭ディレクター技能審査」に合格した葬祭ディレクターが100名以上在籍しており、ご遺族のご意向を反映したご葬儀をプロデュースしている葬儀社となっております。

感染症対策も念入りに行っておりますので、ご安心してご葬儀を執り行えます。

札幌市豊平区での
葬儀をご案内いたします。
お電話ください。
専門相談員が無料でお話を伺います

札幌市豊平区でおすすめの葬儀場

やわらぎ斎場 西岡

やわらぎ斎場西岡はゲストルームを兼ね備え、「家族葬」から一般葬、ご法要まで幅広くご利用いただける葬祭式場です。

また全天候型室内霊園の「西岡霊廟」も併設し、霊廟内は車椅子でも安全にお参りができるバリアフリー対応です。

料金プラン

一日葬 家族葬 一般葬 火葬式
442,970円(税込)~ 453,970円(税込)~ 719,420円(税込)~ 218,020円(税込)~

住所

札幌市豊平区西岡509番地

アクセス

札幌市営地下鉄南北線真駒内駅からタクシー9分

施設・設備

  • 式場(180名様対応)
  • 親族控室(和室、キッチン、洗面室、トイレ、バスルーム)
  • 相談室
  • 多目的トイレ
  • Wi-Fi対応
  • 駐車場(約180台)

やわらぎ斎場 豊平

やわらぎ斎場豊平は、地域密着をモットーに「家族葬」から一般葬、社葬、ご法要まで幅広くご利用いただける葬祭式場です。

札幌市中心部に位置し、宗旨・宗派を問わずあらゆるご葬儀に対応、充実した設備を持つ斎場です。

料金プラン

一日葬 家族葬 一般葬 火葬式
442,970円(税込)~ 453,970円(税込)~ 719,420円(税込)~ 218,020円(税込)~

住所

札幌市豊平区水車町3丁目3-1

アクセス

札幌市営地下鉄東豊線学園前駅から徒歩8分

施設・設備

  • 式場(30名~140名様対応)
  • 親族控室(和室、キッチン、洗面室、トイレ、バスルーム)
  • 多目的トイレ
  • コース料理対応
  • Wi-Fi対応
  • 駐車場(約70台)
札幌市豊平区での
葬儀をご案内いたします。
お電話ください。
専門相談員が無料でお話を伺います


やわらぎ斎場 月寒

やわらぎ斎場月寒は、「家族葬」、一般葬、ご法要まで幅広くご利用いただける葬祭式場です。

札幌市営地下鉄東豊線「月寒中央」駅3番出口のとなりに位置し、国道36号線沿に立地した利便性の高い葬儀場です。

2つのフロアそれぞれに、式場、親族控室、僧侶様控室、ダイニング等を設置。一御葬家様占有スペースとしてご利用いただけます。ゆったり広々としたダイニングでは、 シェフがその場で調理するコース料理を味わうことも可能です。

故人様を偲び、また送るご家族・ご親族のお疲れを癒します。穏やかな空間の中で、故人様の旅立ちをお手伝いさせていただきます。

料金プラン

一日葬 家族葬 一般葬 火葬式
442,970円(税込)~ 453,970円(税込)~ 719,420円(税込)~ 218,020円(税込)~

住所

札幌市豊平区月寒中央通7丁目6-1

アクセス

札幌市営地下鉄東豊線月寒中央駅から徒歩1分

施設・設備

  • 式場(60名様)
  • 親族控室(リビング・ダイニング、和室、キッチン、洗面室、トイレ、バスルーム)
  • 安置室
  • 相談室
  • 多目的トイレ
  • Wi-Fi対応
  • コース料理対応 ビュッフェ料理対応
  • 駐車場70台

札幌市豊平区の火葬事情/山口斎場での火葬について

里塚斎場

斎場名里塚斎場
所在地札幌市清田区里塚506
地図
アクセス北広島インターチェンジから約10分
施設・設備・火葬炉数 30基
・ 告別室 2室
・ 収骨室 8室
・ 特別控室 30室
・ 駐車台数 バス32台、乗用車60台、身障者用3台

里塚斎場の火葬料金

区分   札幌市民 札幌市民以外
12歳以上 無料 4万9,000円
12歳未満 無料 4万円
死胎(死産) 無料 2万3,000円
埋葬(土葬)された死体 無料 1万2,000円

山口斎場

斎場名山口斎場
所在地札幌市手稲区手稲山口308
地図 
アクセス銭函インターチェンジから札幌方面へ約10分
施設・設備・告別室 2室
・ 収骨室 14室
・ 特別控室 31室
・ 駐車台数 大型バス50台、乗用車72台

山口斎場の火葬料金

区分   札幌市民 札幌市民以外
12歳以上 無料 4万9,000円
12歳未満 無料 4万円
死胎(死産) 無料 2万3,000円
埋葬(土葬)された死体 無料 1万2,000円

葬儀から火葬までの流れ

葬儀・家族葬の流れは地域によって異なり、通夜・葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」と、葬儀・告別式を行う前に火葬を行う「前火葬(または骨葬)」の2通りが存在します。

「後火葬」は北海道(一部地域を除く)、関東、関西、九州などの地域で行われることが多く、「前火葬」は主に東北、沖縄、離島で行われています。

また、前火葬を行う東北地方の中でも、通夜の前に火葬を行う地域(青森、秋田)と、通夜の後に火葬を行う地域(岩手、宮城、山形)といった違いが見られます。

以下では「後火葬」の葬儀・家族葬の流れをご紹介します。

1.納棺・通夜

後火葬における家族葬の前の通夜の様子

納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、通夜式を行います。

読経・焼香の後、喪主または親族代表が挨拶をし、お清め料理などで弔問客をもてなします(通夜振る舞い)。

2.葬儀・告別式

葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで葬儀・告別式を執り行います。

3.出棺

出棺のイメージ写真。故人を花で飾りお別れの時間を過ごす

故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、お別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

4.火葬

火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行います。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

5.初七日・百か日法要(繰り上げ法要)

後火葬の後に行う法事法要の様子

火葬場より戻られてから、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

6.葬儀終了後

自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

札幌市豊平区での
葬儀をご案内いたします。
お電話ください。
専門相談員が無料でお話を伺います

札幌市から支給される補助金(葬祭費)について

葬儀を行う場合、どのような形式であれ、一定額の葬祭費用が発生します。まとまった金額を用意する必要があるため、資金の調達にお困りになる方は多いのではないでしょうか。

札幌市では、一定の条件を満たした方を対象に、葬儀の際に3万円の補助金を「葬祭費」として支給する制度を設けています。

詳細につきましては下記の札幌市ホームページからご覧ください。

札幌市の葬祭費

葬祭費

3万円

支給方法

国民健康保険の加入者の方が亡くなったとき、区役所保険年金課の窓口に申請を行うことで、喪主・施主など葬祭を行う方を対象に支給されます。

申請できる方

葬祭を行った方

申請に必要なもの

社会保険や共済組合から支給される補助金(埋葬料・埋葬費)について

社会保険から支給される埋葬料・埋葬費のイメージ

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。

故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に支給されるのが埋葬料です。

また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給される仕組みです。

「埋葬料」の補助金

支給内容

5万円

支給対象者

故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う方

申請に必要なもの

被扶養者以外が埋葬料を申請する場合、以下の「生計維持を確認できる書類」が必要です。

■住民票
・亡くなった被保険者と申請者が記載されていること
・個人番号(マイナンバー)の記載がないもの

■住所が別の場合は、下記のいずれかひとつ
・定期的な仕送りの事実の分かる預貯金通帳や現金書留の封筒の写し
・亡くなった被保険者が申請者の公共料金等を支払ったことが分かる領収書の写しなど

申請方法

健康保険被保険者証(健康保険証)に記載されている管轄の協会けんぽ支部に書類を郵送または窓口へ直接持参

申請期限

死亡した日の翌日から2年

「埋葬費」の補助金

支給内容

5万円の範囲内で実際に埋葬に要した費用 (霊柩車代、霊柩運搬代、霊前供物代、火葬料、僧侶の謝礼などが対象)

支給対象者

埋葬料の受け取り手がいない場合で、埋葬を行った方

申請に必要なもの

・埋葬に要した領収書
・埋葬に要した費用の明細書

申請方法

健康保険被保険者証(健康保険証)に記載されている管轄の協会けんぽ支部に書類を郵送または窓口へ直接持参

申請期限

死亡した日の翌日から2年

埋葬料・埋葬費ともに、申請時には以下が必要です。

  1. 健康保険埋葬料(費)支給申請書
  2. 事業主の証明
    【事業主の証明が受けられない場合(下記のいずれか1つ)】
    ・埋葬許可証のコピー
    ・火葬許可証のコピー
    ・死亡診断書のコピー
    ・死体検案書のコピー
    ・検視調書のコピー
    ・亡くなった方の戸籍(除籍)謄(抄)本
    ・住民票
  3. 外傷の場合:負傷原因届
  4. 交通事故等第三者行為の場合:第三者の行為による傷病届
  5. 被保険者のマイナンバーを記載した場合:本人確認書類
    以下のいずれか1セット
    ・マイナンバーカード(表・裏の両面コピー)
    ・①マイナンバーを確認できる書類+②身元確認書類
    ※①:個人番号通知のコピー、住民票(マイナンバーの記載のあるもの)、住民票記載事項証明書(マイナンバーの記載のあるもの)のうちどれか1つ
    ※②:運転免許証のコピー、パスポートのコピー、その他官公署が発行する写真つき身分証明書のコピーのうちどれか1つ

また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給されます。
申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

札幌市豊平区の斎場一覧

儀社名住所
中の島ホール札幌市豊平区中の島1-2
北海葬祭 北海斎場札幌市豊平区豊平4条3丁目2-5
豊平ホール札幌市豊平区平岸6条9丁目3-25
ディアネス豊平札幌市豊平区月寒西四条10丁目1番18号
ウィズハウス豊平橋札幌市豊平区豊平四条2丁目6-10
東月寒白樺会館札幌市豊平区月寒東四条十八丁目
グロリアス福住札幌市豊平区福住二条3-6-1
中の島三区町内会札幌市豊平区中の島二条10-5-23

【記事監修】小林 憲行
【記事監修】小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。
 

Flow
ご依頼の流れ

STEP01

まずはお電話ください

お客様のご状況に合わせて、葬儀のご案内をいたします。
お客様センターは24時間365日、専門相談員が常駐して対応しております。
最初のお電話で、以下の情報をお知らせいただけますとスムーズです。

STEP02

ご希望に合った葬儀社をご紹介

お客様のご希望をお伺いし、ご希望に合った葬儀社をご紹介します。
病院・警察からの移動が必要な場合は、葬儀担当者がすぐに伺い、指定の安置場所までお送りします。
※万一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能です。

STEP03

葬儀のお打ち合わせ/ご契約

安置が終わりましたら、葬儀社との打ち合わせを行います。
ご契約の前には、サービス内容や葬儀金額など、納得いくまでお話されることをおすすめします

お気軽に
ご相談ください

24時間365日無料相談 0120-951-774

葬儀に関する無料相談受付中