日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
みどり会館 東京メモリードホール 代々幡斎場 桐ケ谷斎場 臨海斎場

PR メモリード東京

世田谷区は東京23区の南西部に位置し、区内には京王線、小田急線、東急田園都市線などの鉄道路線や、国道246号線、環状7号線・8号線などが通っています。2015年の国勢調査によると世田谷区の人口は23区で最も多い900,391人。世田谷区では、市民の実情に沿った区制を行うため、区内を5地域(世田谷・北沢・玉川・砧・烏山)に区分し、地域単位で主体的な街づくりを展開しています。

そんな世田谷区には、数多くの斎場・葬儀式場があるため、葬儀・家族葬を行う際には、細かいプランを選択できる斎場や、宿泊施設や設備が充実している斎場など、希望に合った斎場・葬儀式場を見つけることが可能です。
本記事では、東京都世田谷区でお葬式を行いたいとお考えの方へ、世田谷区の葬儀・家族葬にかかる費用や火葬事情、主な葬儀会館・式場をご紹介いたします。

世田谷区で実績の多い斎場・葬儀式場

斎場・葬儀式場を選ぶ際は、参列者の人数や葬儀の形式、予算、エリアなどを考慮して決める必要があります。人口の多い世田谷区には、公営斎場のほか民営斎場でも多くの葬儀式場があるため、ご遺族の希望に合うプランや場所を選ぶことができます。

世田谷区内には、区民斎場である「みどり会館」や民営斎場の「東京メモリードホール」など、さまざまな斎場・葬儀式場が立地しています。執り行える葬儀の規模も斎場ごとに違いますので、斎場を選択する際は、事前に各施設の特徴をしっかりと把握しておきましょう。

東京メモリードホール

地価の高い世田谷区において、広大な敷地面積を持つ斎場です。50席収容、80席収容、500席収容の3つの式場を有し、近親者のみの家族葬から多数の参列者が集まる社葬まであらゆるタイプの葬儀に対応できます。親族控室も充実していて、6畳・8畳続きになっている部屋が2室、和室1室、洋室1室を完備。宿泊設備も整っており、アメニティの質は高級ホテル並みです。さらに館内には大型の保冷設備のついた安置室も設置されているので、病院等から直接斎場に故人様をご安置できます。

当館までのアクセスは、小田急線の「千歳船橋」駅から徒歩10分、「祖師ヶ谷大蔵」駅から徒歩15分、「成城学園前」駅北口からタクシーで8分です。駐車場のスペースも30台分あるので、お車での来館もできます。

「東京メモリードホール」の施設詳細

斎場・葬儀場名 東京メモリードホール
住所 東京都世田谷区砧2-4-27 M2ビル
アクセス【電車・バスでお越しの方】
・小田急線「千歳船橋駅」より徒歩約10分
・小田急線「祖師ケ谷大蔵駅」より徒歩約 15分
・小田急線「成城学園前駅」北口よりタクシーで約8分
・小田急線「千歳船橋駅」より園01系統東急バス田園調布駅行「砧町東」下車1分

【お車でお越しの方】
・高井戸・練馬方面から国道20号を超え約2.2km。小田急線高架をくぐり約600m先右側
・用賀・目黒方面から世田谷通りを超え約700m先左側
施設・設備葬儀式場
第1式場:80席
第4式場:50席
第6式場:500席

安置室
大型保冷設備付霊安室8台

ラウンジ

駐車場:30台

みどり会館

世田谷区民によく利用される葬儀式場の一つが、区民斎場「みどり会館」です。
故人、または故人と二親等以内の申請者が区民である場合に、斎場として利用できる葬儀専用の式場です。 お葬式(通夜、葬儀、告別式、繰り上げ初七日等)を行えますが、社葬などは団体葬を執り行うことはできません。施設には、式場、お清め室(洋・和室)、控室、ホール、厨房のほか、仮安置室 があり、2組まで、同時に葬儀を行うことが可能です。

「みどり会館」には火葬の設備は無いため、この地域で葬儀をあげられる方の多くは、代々幡斎場(渋谷区)、桐ケ谷斎場(品川区)、臨海斎場(大田区)といった近隣エリアの火葬場を利用しています。

「みどり会館」の施設詳細

斎場・葬儀場名みどり会館
住所東京都世田谷区北烏山5-1-5
アクセス【電車でお越しの方】
・京王線「千歳烏山駅」から徒歩約15分
・井の頭線「久我山駅」から徒歩約25分

【バスでお越しの方】
・「ときわ橋停留所」徒歩約6分(千歳烏山駅~吉祥寺駅)
・「寺院通2番停留所」徒歩約2分(烏山~久我山病院循環)
施設・設備・葬儀式場
・お清め室(洋・和室)
・控室
・ホール
・厨房
・仮安置室(1度に2組の葬儀が可能)

世田谷区の火葬事情/火葬場のご案内

世田谷区内には火葬場は立地していないため、火葬を行う際には近隣区にある火葬施設を利用する必要があります。

代々幡斎場(渋谷区)

「代々幡斎場」は東京都渋谷区にある民営の火葬場で、京王新線「幡ヶ谷」駅から徒歩6分の場所にあります。葬儀式場も併設しており、式場と火葬場との移動にかかる負担が少なく、霊柩車やマイクロバスなどの手配も不要というメリットがあるため、世田谷区で葬儀・家族葬を行う方に多く利用されています。

「代々幡斎場」の施設詳細

斎場名代々幡斎場
所在地東京都渋谷区西原2-42-1
アクセス【電車・バスでお越しの方】
・ 京王新線「幡ヶ谷駅」徒歩約6分
・小田急線・東京メトロ千代田線「代々木上原駅」徒歩約20分

【お車でお越しの方】
・甲州街道 新宿方面より:幡ヶ谷駅信号左折。西原商店街入り口前路地右折
・甲州街道 高井戸方面より:笹塚信号右折。笹塚一丁目信号を左折
・井の頭通り  渋谷方面より:山手通り富ヶ谷信号入り、 大山交差点を左折し、五條橋を右折
・井の頭通り 環七方面より:大原二丁目交差点から井の頭通りを山手通り方面へ。大山交差点を左折し、五條橋を右折
施設・設備建物:3階建
火葬炉:10基
休憩室:12室
式場:6室
控室:6室
安置室
コーヒーコーナー:1ヵ所
売店:3ヵ所

臨海斎場(大田区)

「臨海斎場」は東京都大田区にある火葬場で、港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区が共同で管理する公営斎場です。東京モノレール「流通センター」駅から徒歩10分の場所にあり、JR「大森」駅または京急本線「平和島」駅からは京急バスを利用してアクセスできます。

臨海斎場の使用料金は、組合の区(港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区)の住民の場合、12歳以上が40,000円、12歳未満が24,400円、胎児が10,400円となります。組合の区以外の住民だと12歳以上が80,000円、12歳未満が48,800円、胎児が20,800円かかります。

「臨海斎場」の施設詳細

斎場名臨海斎場
所在地 東京都大田区東海1-3 
アクセス東京モノレール「流通センター駅」から徒歩約10分
施設・設備 ・式場:4室(収容人数は1室につき70名程度)
・火葬炉:10基
・式場数:4室
・保冷庫:20庫
・駐車場:火葬場利用の場合、 1葬家(喪家)あたり、マイクロバス1台、 乗用車5台/葬儀式場利用の場合、1式場あたり乗用車50台
・仮眠室
備考 利用時間8時30分~21時まで

桐ケ谷斎場(品川区)

「桐ケ谷斎場」は東京都品川区にある民営の火葬場で、JR山手線・都営浅草線の「五反田」駅から東急バス(7番乗り場)に乗り「桐ケ谷」で下車すると正面にあります。

桐ケ谷斎場の使用料金は、「特別殯館」の火葬炉を使う場合は大人177,000円、小人104,000円、「特別室」の火葬炉だと大人107,500円、小人54,500円、「最上等(星)」の火葬炉だと大人59,000円、小人32,300円となっています。

「桐ヶ谷斎場」の施設詳細

斎場名桐ヶ谷斎場
所在地東京都品川区西五反田5-32-20
アクセスJR山手線五反田駅からバス5分
施設・設備・火葬炉12基
・休憩室12室
・親族控え室6室
・式場6室
・コーヒーコーナー2ヵ所
・売店3ヵ所
・駐車場約90台

世田谷区の葬儀費用/東京都内の相場比較

ここでは、世田谷区で実際に葬儀を行った方のデータから見る葬儀費用の平均相場をご紹介します。
世田谷区における葬儀費用の相場は、一日葬と火葬式では東京都の平均とほぼ同額か、やや高めという水準です。しかし一般葬・家族葬では、東京都の平均価格よりも30万円以上安くなっています。地価が高く、高級住宅地の多い世田谷区ですが、一般葬・家族葬については比較的安価に執り行えるといえるでしょう。


世田谷区の費用平均東京都の費用平均
一般葬・家族葬111万8,831円144万4,251円
一日葬76万8,996円69万8,233円
火葬式21万3,829円21万0,034円
※2018年度「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

葬儀で使える自治体の補助金/世田谷区の葬祭費支給

葬儀は突然のことなので、高額な葬儀費用に戸惑う方も多いでしょう。儀式費用以外にも、参列者の飲食費用や返礼品、香典返し費用などもかかるため、遺族の金銭的負担は大きくなります。

葬儀費用の負担を少しでも軽くしたい場合は、自治体の補助金(葬祭費)を利用するのがおすすめです。支給条件を満たせば葬儀費用を負担してもらうことができるので、条件を確認し、期限内に申請をするようにしましょう。

葬祭費の支給金額と申請期限、手続き方法

世田谷区では故人が国民健康保険者の加入者だった場合、葬祭を行った人に対して葬祭費支給を行っています。ただし、葬儀を執り行った日の翌日から申請しないまま2年が過ぎると、受給資格を失うので注意が必要です。

支給金額7万円
支給条件世田谷区の国民健康保険加入者が亡くなったとき、葬祭を行いその費用を支払った方に、申請により支給。なお、加入していた健康保険等から支給される場合には、国民健康保険からは支給されません。
申請手続き支給申請は、世田谷区役所の国保・年金課保険給付係(第2庁舎2階26番窓口)、または総合支所くみん窓口・出張所で行えるほか、郵送での申請も可能です。
申請期限は、葬儀を行った日の翌日から2年。葬儀を行った方のみ申請ができます。
申請に必要なもの・葬儀代金領収書の写し(あて名が申請者名となっており、内訳が葬儀代金と記載のあるもの)
・亡くなった方の保険証
・亡くなった方のマイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード
・申請者(葬祭の費用を支払った方)の印鑑(スタンプゴム印は不可)
・申請者(葬祭の費用を支払った方)の振込先の口座番号等がわかるもの

埋葬料・埋葬費

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。
故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に埋葬料が支給されます。また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。
また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給されます。
申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

世田谷区の区民葬儀/利用方法と注意点

世田谷区民であれば誰でも区民葬儀の制度を利用できます。区民葬儀とは、東京23区で統一されている安価な協定料金で葬儀を行える自治体の葬儀援助制度で、亡くなられた方もしくは葬儀を行う方が23区に住所を有していれば利用できます。世田谷区内では18の葬儀社が「区民葬儀取扱指定店」として登録されており、世田谷区の公式サイト等で確認することができます。

区民葬儀を行いたい場合は、葬祭店(区民葬儀取扱指定店)に「区民葬儀券を利用する」旨を伝え、死亡届提出の際に生活福祉担当課もしくは各総合支所戸籍係で区民葬儀券を受け取ります。詳しくは、生活福祉担当課・各総合支所戸籍係・出張所・まちづくりセンターにて配布しているパンフレットをご覧ください。

区民葬儀では、葬儀にかかる費用の内、祭壇、お棺、記録帳、標示紙、ローソク、線香、お香、香炭、祭壇後幕などを含む祭壇料金、霊柩車運送料金、火葬料金、遺骨収納容器代を協定料金で利用できます。それぞれの項目ごとに棺の種類や、大人と小人、運送距離などによって選択できるようになっています。
一般的な葬儀プランと比べて安価になるケースが多いようですが、葬儀の規模や内容に応じて区民葬儀料金に含まれない諸費用が別途必要となり、その追加料金については葬儀社によって異なるため、区民葬儀をされる場合でも複数の葬儀社で比較をしたほうが無難です。

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

世田谷区では故人が国民健康保険者の加入者だった場合、葬祭を行った人を対象に葬祭費の支給を行っています。ただし、葬儀を執り行った日の翌日から申請しないまま2年が過ぎると、受給資格を失うので注意が必要です。
受給資格や申請手続きに必要なものについては「世田谷区の葬祭費/支給金額と申請期限、手続き方法」をご覧ください。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事