日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
臨海斎場

PR 株式会社リベント

東京都大田区は東京23区の最南端に位置し、都内の中でも最も広い面積を誇ります。大田区には町工場が多く、「モノづくりの街」として知られています。

その一方で、区西部の多摩川沿いには閑静な住宅街もあり、自然に恵まれた豊かな土地も広がっています。また、日本最大の空港である羽田空港 があり、国内外問わず一年を通して多くの人が行き交う発展的な区という側面もありながら、下町の雰囲気が残る蒲田地区などもあります。このように大田区はさまざまな顔を持つことから、「東京の縮図」と呼ばれることもあります。

大田区には環状八号線、第一京浜、池上通りなどの主要道路があり、また鉄道もJR京浜東北線、東急池上線・多摩川線など複数路線が乗り入れています。交通手段が充実しており、どこへ行くにもアクセスが良好です。

東京都大田区でお葬式をあげたい方へ

東京都23区では、それぞれの葬儀社が自社で葬儀式場を建て、運営することはほかの地域と比べると少ないようです。そのため、葬儀を執り行う際には、公営の施設や借りることのできる民営の施設を利用することが多いです。

東京都大田区には、公営・私営どちらの斎場も存在しています。公営の施設では臨海斎場など火葬場と葬祭施設がひとつになった斎場や、お通夜や葬儀・告別式を執り行える大田区の施設、平和の森会館があります。

民営の施設では冠婚葬祭互助会の直営の葬儀会館や、JA(農協)が運営するセレモニーホールがありますが数はそれほど多いとは言えません。ただこの地域では寺院にある会館などの施設を葬儀で利用することも多いです。この場合、その寺院の檀信徒でなくても利用できるケースがほとんどです。

大田区でお葬式をあげるには、葬儀社が直接運営する葬儀式場が少なく貸し式場を利用することが多いため、式場の設備等はもちろん大切ですが、むしろ葬儀そのものを執り行う葬儀社選びが大切といえるでしょう。

東京都大田区で実績の多い葬儀社

東京都大田区の中でもとくにおすすめの葬儀式場や、実績が多く幅広いプランに対応している葬儀社をご紹介します。

花葬儀 株式会社リベント

東京都大田区に葬儀のための相談サロンを開設している株式会社リベントは、 生花で飾った「故人らしい祭壇」ではなく、「故人を記憶に遺すための空間」を創造することをコンセプトに、故人の人生にふさわしいお別れをかたちにします。

葬儀の打ち合わせには葬儀の担当者だけでなくデザイナーも同席し、お葬式の希望だけでなく、故人との思い出やその歩んできた道をていねいにたどります。生花の仕入れは打ち合わせを終えてから、市場に買い付けに行くため、鮮度の高い、その季節にふさわしい生き生きとした草花で葬儀式場が彩られます。また葬儀費用も供花を祭壇に組み込むなど、遺族の負担がなるべく少なくなるよう、さまざまな提案もしてくれます。

「遺された方々が在りし日の故人の姿を心に刻み込むことができるのなら、どんなことでもして差し上げたい」というスタッフひとり一人の思いは、遺族からも喜ばれています。

利用者の声

母の葬儀で利用させて頂きました。ほかの葬儀屋さんよりも早くお見積もり頂けたこと、病院に寝泊まりしていたのでメールが良いとお伝えしたらすぐにご対応頂けたこと、母の好みピッタリのお花をご用意くださったこと、仕事感丸出しではなく不要な物を省くご提案もしてくださったり、ご自身のご家族の話などをしてくださったり、数々のあたたかい対応をしてくださったこと。感謝しかありません。お値段も明朗でお安く、哀しい出来事なのに、とても素晴らしい想い出となりました。ありがとうございます。(「いい葬儀」より)

料金プラン(税抜)

火葬式一日葬家族葬一般葬
22万5,000円~48万0,000円~50万0,000円~75万0,000円~

東京都大田区の主な葬儀式場

臨海斎場は大田区東海にある公営斎場で、港区、品川区目黒区世田谷区、大田区が共同運営している施設です。組織区住民と呼ばれる5区内在住の方はもちろん、それ以外の方も利用することができます。

都内における知名度が高いため参列者が場所を把握していることが多く、案内しやすい斎場です。

費用は組織区住民の場合、火葬料金は12歳以上で4万円、12歳未満で 1体 2万4,400円です。組織区外住民はそれぞれ2倍となり、 1体 8万円、 1体 4万8,800円となります。また葬儀式場は、組織区住民で5万6,000円、組織区外住民で17万円です。

なお、臨海斎場自体は葬儀社ではありません。臨海斎場を利用する場合には、基本的に葬儀社を通じて申し込みを行う必要があります。どの葬儀社でも対応可能ですが、葬儀社によって提供しているプランやサービスが異なります。

そのため、葬儀社選びは複数の会社を比較した上で決定するとよいでしょう。生前に臨海斎場を予約することはできませんが、葬儀社に対しては事前に葬儀に関する相談を行うことができます。

臨海斎場は混みあうことが多いため、いざというときにスムーズに葬儀が行えるよう事前に問い合わせておくと安心です。

運営主体斎場名住所アクセス
公営斎場 臨海斎場東京都大田区東海1-3東京モノレール「流通センター駅」から徒歩約10分

東京都大田区の葬儀費用の相場


大田区の費用相場東京都の費用相場
一般葬・家族葬1,217,506円 1,444,251円
一日葬489,757円 698,233円
火葬式165,803円 210,034円
※2018年度「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

大田区の葬儀費用と東京都全域の葬儀費用の平均を比較したものが上記の表の世織です。家族葬、一般葬のように通夜、葬儀・告別式を行う葬儀の場合、東京都全域が約144万円であるのに対し大田区の家族葬、一般葬は約122万円と20万円ほど低いことがわかります。

同様に、一日葬は大田区の平均費用が約49万円に対し東京都全域では約70万円、火葬式直葬では、大田区が17万円ほどに対し、東京都全域は21万円と、葬儀費用に関しては家族葬、一日葬、火葬式と葬儀のかたちにかかわりなく、大田区の方が東京都全域と比べて安いという結果になりました。

実際に葬儀をあげる場合は、葬儀社と葬儀プランについて相談した上で費用が決まります。そのため、葬儀費用を抑えたいと考えている場合には、葬儀一式の内訳やその他必要となる費用について知っておくことが重要です。

以下では、葬儀一式に含まれる主な費用内訳をご紹介します。

葬儀一式の内訳

葬儀一式の内訳 ○施設利用費
通夜・葬儀・告別式で使用する式場の利用料金です。
・式場使用料
・安置室使用料
・火葬場使用料
・控室使用料 など
○祭壇費
通夜・葬儀・告別式での祭壇設置や装飾にかかる費用です。葬儀一式費用の中で大きな割合を占めます。
・枕飾り(安置)
・本祭壇(通夜・告別式)
・後飾り(火葬後)
・祭壇設置費用
・遺影・白木位牌・祭壇花・供物・線香・ろうそく など
○車両費
病院や自宅から斎場・火葬場までご遺体を搬送する際や、会葬者を送迎する場合にかかる費用です。
・寝台車(病院から自宅、斎場までの移動)
・霊柩車(葬儀式場から火葬場までの移動)
・送迎バス・ハイヤー(葬儀式場や火葬場への参列者の送迎)
○人件費
葬儀の進行管理や受付サポートなど、葬儀社や式場担当スタッフの人件費がかかります。
・司会
・式進行管理、火葬場同行
・納棺師 など
○その他
葬儀準備や受付のために備品やサービスを利用する場合に費用がかかります。
・納棺用品
・受付設備・備品
・案内看板・式場装飾
・会葬礼状
・骨壺 など

また、葬儀一式の他にも「飲食接待費用」や「宗教者費用」が必要になる場合があります。

飲食接待費用は、通夜の弔問客に出す「通夜振る舞い」や、葬儀後に出す「精進落とし」の料理対応に発生する費用です。

宗教者費用は、寺院へのお布施や、僧侶・宗教者への謝礼を指します。宗教・宗派や地域風習によって異なり、回数や時間に応じて費用も変わるため、事前に確認をしておくとよいでしょう。

飲食接待費用 通夜・告別式で弔問客に振る舞う料理・お酒などの飲食費です。弔問客の人数によってかかる費用は異なります。
・通夜振る舞い(オードブル・寿司・天ぷらなどの大皿料理)
・精進落とし(懐石料理や仕出し弁当など)
・返礼品(香典返しなど)
宗教者費用 葬儀を進める宗教者(僧侶・司祭など)のための費用です。
【仏教】読経料・戒名料・お車代・御膳料
【キリスト教】献金
【神道】神饌料

いずれにしても、葬儀を執り行うに当たっては、ご遺族はある程度まとまったお金を用意することになります。故人やご遺族が希望する葬儀の内容とあわせて、どの程度の金額が必要になるのかを確認しておきましょう。

葬儀をあげるときの自治体の補助金/サービスについて

葬儀を行うにはどうしても多額の費用がかかります。突然の訃報の際、費用の工面が難しいことも少なくありません。そんな時は、自治体の補助金制度を利用すれば費用負担を軽減させることができます。大田区の補助金制度については以下の通りです。

大田区の葬祭費

大田区では国民健康保険の加入者が死亡したとき、その葬祭を行った人に対して、葬祭費が支給されます。支給額は7万円です。ただし、国保加入後3か月以内に亡くなった場合で、国保加入前の健康保険で支給される場合は、支給されません。

また、後期高齢者医療被保険者が死亡した際にも、その葬祭を行った人に一律7万円の葬祭費が支給されます。

葬祭費7万円
支給方法 国民健康保険または後期高齢者医療保険の被保険者が亡くなった場合に利用できます。ただし、葬祭費が社会保険等の他の保険により支給される場合は、大田区の補助金制度を利用することができません。社会保険の場合は葬祭費ではなく、埋葬料として受け取ることが可能です。金額は5万円で、申請先は勤務先や全国健康保険協会の支部です。
申請できる方 葬祭を行った喪主の方が申請できます。
申請に必要なもの ・葬儀等領収書の写し
・亡くなられた方の保険証
・申請者の印鑑(スタンプ印不可)
・受取人の口座番号
・来庁者の身元(実在)確認書類(運転免許証やパスポート等)
・亡くなられた方の個人番号確認書類

※申請期間:葬祭を行った日の翌日から2年以内です。2年を過ぎた場合は申請できません。

※注意事項:申請してから支給までは1ヶ月ほどかかります。

埋葬料・埋葬費・家族埋葬料

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。

故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に支給されるのが埋葬料です。

また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給される仕組みです。

申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

大田区の区民葬儀

区民葬儀とは、区民葬儀取扱店の協力で、比較的安い料金で簡素な葬儀ができる制度です。祭壇料金・霊柩車料金・火葬料金・遺骨収納容器代の4つ項目が、東京23区の特別区統一の協定料金で設定されています。

区民葬儀を利用するためには、故人または葬儀を行う方が東京23区内に住んでいる必要があります。区民葬儀を取り扱ってる葬儀社に直接、区民葬儀の利用申し込みをする必要があります。

なお、ドライアイス、遺影写真、会葬礼状、返礼品、生花、御供物、斎場使用料などは区民葬儀の価格には含まれていません。さらに 霊柩車の利用料金も搬送距離によって異なります。

東京都大田区の火葬事情

臨海斎場

臨海斎場は公営の斎場で、平成15年に新築されました。少人数の家族葬から、会葬者100名を超える大規模な葬儀まで幅広く対応しており、予算や希望に合った葬儀が執り行えます。

1階に式場、2階に控室が設定されています。式場、控室ともに収容人数は70名程度ですが、それを超える場合は間仕切りを外し2室をつなげての対応も可能です。

臨海斎場は公営のため、民間の施設に比べて安価で利用できます。お葬式の費用を抑えたい方には特におすすめです。住んでいる場所を問わず誰でも利用できますが、運営自治体である港区、品川区、目黒区、世田谷区、大田区5区在住の方は区内料金が適用されるため、より費用を抑えることができます。

また、臨海斎場は、仏式、神式、キリスト式、無宗教形式を含むどの宗教・宗派の葬儀にも対応しています。音響の使用は原則禁止されていますが、場合によっては周囲に影響が及ばない範囲で使用できることもあります。

臨海斎場は大型炉2基を含む10基の火葬炉を有しています。斎場に火葬場が併設されているため、通夜から葬儀、火葬までを一箇所で行えます。そのため、移動手段として使われる霊柩車やマイクロバス等を用意する必要がなく、親族や参列者の負担も軽減できます。

また、臨海斎場では通夜の当日、喪家や親族は控室に宿泊することも可能です。5名程度と人数に限りはあるものの、ユニットバスやテレビ、冷蔵庫等が備わった和室で過ごすことができます。斎場近くに宿泊施設が少ないため、遠方から訪れる親族がいる場合に便利です。

臨海斎場は都内にあるほかの斎場と比較して、広めの駐車場も有しています。混み具合によって利用可能台数は多少変わりますが、1喪家あたり約50台使用できるため、安心して車で向かうことができます。 後悔のないお見送りができるように、費用を抑えながらも設備が整った場所での葬儀を執り行うことをおすすめします。

施設詳細

斎場・葬儀場名臨海斎場
住所東京都大田区東海1-3
アクセス【電車でお越しの方】
東京モノレール「流通センター駅」から徒歩約10分

【バスでお越しの方】
JR大森駅 東口から京急バスにて下記ルート
・のりば9 大田スタジアム行(下記時刻表参照)
終点「大田スタジアム」下車 徒歩約1分
・のりば4 昭和島循環
・のりば5 京浜島循環・流通センター循環
・のりば7 大田市場行・城南島循環
・のりば9 平和島循環
「流通センター前」下車 徒歩約10分

京急平和島駅から京急バスにて下記ルート
・第一京浜側バス停:昭和島循環・京浜島循環・流通センター循環
・環状七号線側バス停:大田市場行、城南島循環 「流通センター前」下車 徒歩約10分
施設・設備式場(2室) / 安置施設 / 火葬待合室 / 控室 / 売店 / 喫茶店 / 更衣室 / コインロッカー

葬儀・家族葬の流れは地域によって異なり、通夜・葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」と、葬儀・告別式を行う前に火葬を行う「前火葬(または骨葬)」の2通りが存在します。

「後火葬」は北海道(一部地域を除く)、関東、関西、九州などの地域で行われることが多く、「前火葬」は主に東北、沖縄、離島で行われています。

また、前火葬を行う東北地方の中でも、通夜の前に火葬を行う地域(青森、秋田)と、通夜の後に火葬を行う地域(岩手、宮城、山形)といった違いが見られます。

以下では「後火葬」の葬儀・家族葬の流れをご紹介します。

1.納棺・通夜

後火葬における家族葬の前の通夜の様子

納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、通夜式を行います。

読経・焼香の後、喪主または親族代表が挨拶をし、お清め料理などで弔問客をもてなします(通夜振る舞い)。

2.葬儀・告別式

葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで葬儀・告別式を執り行います。

3.出棺

出棺のイメージ写真。故人を花で飾りお別れの時間を過ごす

故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、お別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

4.火葬

火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行います。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

5.初七日・百か日法要(繰り上げ法要)

後火葬の後に行う法事法要の様子

火葬場より戻られてから、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

6.葬儀終了後

自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

大田区では国民健康保険の加入者が死亡したとき、または後期高齢者医療被保険者が死亡したとき、その葬祭を行った人に対して、葬祭費が支給されます。支給額は7万円です。 受給資格や申請に必要なものについてはこちらをご覧ください。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

関連記事

参列者数などによって料金は異なります。お見積りのご相談など、お気軽にお電話ください。