日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
セレモニー目黒 臨海斎場

PR 株式会社リベント

目黒区でお葬式をあげたい方へ

目黒区だけでなく東京23区でも都心に近い地域では、それぞれの葬儀社が自社で葬儀式場を建て、運営することはほかの地域と比べると少ないようです。そのため、葬儀を執り行う際には、公営の施設や、寺院会館など借りることのできる民営の施設を利用することが多いです。

葬儀社直営のセレモニーホールではなく貸し斎場を利用するため、目黒区で後悔しないお葬式をするためには、葬儀式場の設備などよりも、葬儀そのものを執り行う葬儀社選びが重要になります。

家族葬一日葬火葬式など葬儀のかたちだけでなく、遺族にどのように寄り添ってくれるのか、葬儀社の考え方や葬儀担当者の実力などが、目黒区のお葬式には重要な要素となります。

目黒区で実績の多い葬儀社・葬儀式場

東京都目黒区の中でもとくにおすすめの葬儀社と葬儀式場です。葬儀社は実績が多く幅広いプランに対応しています。

花葬儀 株式会社リベント

数ある葬儀社の中でも、特に花が好きな方に定評があるのが、株式会社リベントの花葬儀です。「葬儀の打ち合わせには葬儀の担当者だけでなくデザイナーも同席し、お葬式の希望だけでなく、故人との思い出やその歩んできた道をていねいにたどり、故人の人生にふさわしいお別れをかたちにします。

また、故人が遺族と共に過ごした日々の思い出にふさわしいサプライズも。故人らしい祭壇」ではなく、「故人を記憶に遺すための空間」を創造することをコンセプトに、「遺された方々が在りし日の故人の姿を心に刻み込むことができるのなら、どんなことでもして差し上げたい」というスタッフひとり一人の思いは、遺族からも喜ばれています。

利用者の声

葬儀のご相談やお打合せから、施行までとても丁寧に親身にご対応いただきました。 「花葬儀」というだけあり、祭壇のお花の色やセレクトも素晴らしかったです。 高齢の祖母の葬儀でしたので、はじめは不要かと考えていたスライドショーも結局1~2日ほどでまとめていただき、超スピード対応に感激しました。 集まった親戚もスライドショーを見ながら、思い出話に花を咲かせていたことが印象的です。 メモリアルコーナーも期待してませんでしたが、「魅せる」展示になっていて、素敵で見やすくなっていて、嬉しかったです。 また、49日に母のところにお花が届き、とても喜んでました。 ありがとうございました。(「いい葬儀」より)

料金プラン(税抜)

火葬式一日葬家族葬一般葬
22万5,000円~ 48万0,000円~ 50万0,000円~ 75万0,000円~

セレモニー目黒

セレモニー目黒」は、緑に囲まれた心安らぐ環境に立地する区民斎場です。公共交通機関を利用したアクセスが容易で、電車やバスを使って来場できます。駐車場には限られた台数しか車を停められないため、ご遺族や親族の方以外が来られる場合は、公共交通機関を使う必要があります。 施設内は同時に2組の葬儀が行えるようになっており、中心を境に会場がふたつに分かれています。左右対象の構造のため、部屋の違いや設備の充実度に差はありません。

葬儀式場は最大42席となり、家族葬や一般葬まで幅広い葬儀を執り行えます。通夜から告別式までを同じ場所で一通りできます。

また、参列者やご遺族のための控室として、和室と洋室が設けられています。
洋室は参列者の方向けに最大30名まで利用でき、食事も可能です。和室の控室は、座敷などを備えており、ご遺族の方がゆっくり過ごせる空間が広がっています。仮眠をとることも可能です。

施設詳細

斎場・葬儀場名セレモニー目黒
住所東京都目黒区八雲1丁目1番9号
アクセス【電車でお越しの方】
・ 東急東横線 都立大学駅から徒歩7分
施設・設備式場 / 洋室/ 和室(2室)

臨海斎場

臨海斎場」は、火葬場と葬儀式場が併設されている施設です。最寄りのバス停で降車してから斎場までの距離はほぼ目の前と、公共交通機関でのアクセスがしやすい場所にあります。施設は火葬場と葬儀式場が1階、待合室と控室が2階に、売店と喫茶コーナーも施設内にあります。

遺族用の控室には、通夜後の仮泊用の設備も整っています。葬儀式場は4室分あり、規模が大きい場合は2部屋分使うことも可能で、最大席数は70席。司会用のマイクや受付用の机なども借りられます。音響の使用は原則禁止されていますが、場合によっては周囲に影響が及ばない範囲で使用できることもあります。

ご紹介したどちらの施設もアクセス良好な立地にあり、喪主にとって使いやすい設備が整っています。会場の広さで考えると、小規模の葬儀がしたい場合はセレモニー目黒、葬儀の規模が大きい、あるいは一箇所で通夜から火葬まで済ませたいという場合には臨海斎場がおすすめです。自分が希望する形の葬儀ができそうな斎場を選びましょう。

施設詳細

斎場・葬儀場名臨海斎場
住所東京都大田区東海1-3
アクセス 【電車でお越しの方】
東京モノレール「流通センター駅」から徒歩約10分

【バスでお越しの方】
JR大森駅 東口から京急バスにて下記ルート
・のりば9 大田スタジアム行(下記時刻表参照)
終点「大田スタジアム」下車 徒歩約1分
・のりば4 昭和島循環
・のりば5 京浜島循環・流通センター循環
・のりば7 大田市場行・城南島循環
・のりば9 平和島循環
「流通センター前」下車 徒歩約10分

京急平和島駅から京急バスにて下記ルート
・第一京浜側バス停:昭和島循環・京浜島循環・流通センター循環
・環状七号線側バス停:大田市場行、城南島循環 「流通センター前」下車 徒歩約10分
施設・設備式場(2室) / 安置施設 / 火葬待合室 / 控室 / 売店 / 喫茶店 / 更衣室 / コインロッカー

目黒区の葬儀費用の相場


目黒区の費用相場 東京都の費用相場
一般葬・家族葬155万3,142円144万4,251円
一日葬73万4,527円69万8,233円
火葬式19万2,626円21万0,034円
※2018年度「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

目黒区の葬儀費用の相場は上記の通りです。
東京都と比較して、目黒区のほうが一般葬・家族葬と一日葬の相場は高めですが、火葬式は安価になっています。

一般葬・家族葬の費用は目黒区が約155万円、東京都が144万円となっており、目黒区のほうが11万円分高いです。 一日葬は目黒区が約73万円、東京都が約70万円となり、差額は約3万円です。火葬式は目黒区が約19万円、東京都が21万円となっています。火葬式の場合、目黒区のほうが2万円ほど相場は安くなっています。

目黒区で葬儀をあげるときの自治体の補助について

葬儀を執り行うには、多くの費用が必要です。ある日突然、身近な人が亡くなってしまい、急に式を挙げることになったというケースもしばしば起こり、その“多くの費用”が急に必要になる場合も多くあります。

故人のために手厚い葬儀を挙げるには、葬儀費用以外にお布施や通夜ふるまいなどの費用も考える必要があり、それなりの金額になります。高額な葬儀費用を事前に、そして簡単に工面できる人は多くないでしょう。香典や保険での補填、また親族と支払いの分担などをすることでお金を用意することになるとは思いますが、それでもある程度の負担は強いられます。そこで活用してほしいのが補助金です。補助金は、役所からの葬祭費の給付という形で受け取ることができるお金です。条件を満たせば誰でも受け取れるお金ですが、自分で申請しなければ給付されません。 葬儀費用の負担をできるだけ軽くするためにも、必ず手続きをしに行きましょう。給付金額やもらうための条件、持ち物などの詳細は以下をご覧ください。

目黒区の葬祭費

目黒区では国民健康保険の被保険者が死亡したとき、その葬儀を行ったかたに、葬祭費として7万円が支給されます。 申請期間は、葬祭の翌日から2年以内で、郵送で請求する方法もあります。

後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなられたときも、葬儀を行ったかたに7万円が支給されます。こちらも申請期間は、葬祭(告別式)を行った日の翌日から2年以内で、郵送で申請することもできます。

なお、 後期高齢者医療制度の被保険者となって3ヵ月以内に亡くなり、以前加入していた健康保険から葬祭費(埋葬料)が支給される場合は支給されません。

葬祭費7万円
支給方法金融機関の口座への振り込み
申請できる方葬儀を行った方(喪主)
申請に必要なもの・亡くなった方の国民健康保険被保険者証
・葬儀を行った方の印鑑(簡易スタンプ印は不可)
・葬儀を行った方の氏名を確認できるもの(葬儀費用の領収書、喪主の氏名が明記された会葬のあいさつ状など)
・葬儀を行った方の金融機関口座番号

埋葬料・埋葬費・家族埋葬料

社会保険から支給される埋葬料・埋葬費のイメージ

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。

故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に支給されるのが埋葬料です。

また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給される仕組みです。

「埋葬料」の補助金

支給内容

5万円

支給対象者

故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う方

申請に必要なもの

被扶養者以外が埋葬料を申請する場合、以下の「生計維持を確認できる書類」が必要です。

■住民票
・亡くなった被保険者と申請者が記載されていること
・個人番号(マイナンバー)の記載がないもの

■住所が別の場合は、下記のいずれかひとつ
・定期的な仕送りの事実の分かる預貯金通帳や現金書留の封筒の写し
・亡くなった被保険者が申請者の公共料金等を支払ったことが分かる領収書の写しなど

申請方法

健康保険被保険者証(健康保険証)に記載されている管轄の協会けんぽ支部に書類を郵送または窓口へ直接持参

申請期限

死亡した日の翌日から2年

「埋葬費」の補助金

支給内容

5万円の範囲内で実際に埋葬に要した費用 (霊柩車代、霊柩運搬代、霊前供物代、火葬料、僧侶の謝礼などが対象)

支給対象者

埋葬料の受け取り手がいない場合で、埋葬を行った方

申請に必要なもの

・埋葬に要した領収書
・埋葬に要した費用の明細書

申請方法

健康保険被保険者証(健康保険証)に記載されている管轄の協会けんぽ支部に書類を郵送または窓口へ直接持参

申請期限

死亡した日の翌日から2年

埋葬料・埋葬費ともに、申請時には以下が必要です。

  1. 健康保険埋葬料(費)支給申請書
  2. 事業主の証明
    【事業主の証明が受けられない場合(下記のいずれか1つ)】
    ・埋葬許可証のコピー
    ・火葬許可証のコピー
    ・死亡診断書のコピー
    ・死体検案書のコピー
    ・検視調書のコピー
    ・亡くなった方の戸籍(除籍)謄(抄)本
    ・住民票
  3. 外傷の場合:負傷原因届
  4. 交通事故等第三者行為の場合:第三者の行為による傷病届
  5. 被保険者のマイナンバーを記載した場合:本人確認書類
    以下のいずれか1セット
    ・マイナンバーカード(表・裏の両面コピー)
    ・①マイナンバーを確認できる書類+②身元確認書類
    ※①:個人番号通知のコピー、住民票(マイナンバーの記載のあるもの)、住民票記載事項証明書(マイナンバーの記載のあるもの)のうちどれか1つ
    ※②:運転免許証のコピー、パスポートのコピー、その他官公署が発行する写真つき身分証明書のコピーのうちどれか1つ

また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給されます。
申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

目黒区の区民葬儀

区民葬儀とは、低料金で質素に葬儀を行える制度です。区民葬儀取扱店の協力で、比較的安い料金で簡素な葬儀ができる制度です。祭壇料金・霊柩車料金・火葬料金・遺骨収納容器代の4つ項目が、東京23区の特別区統一の協定料金で設定されています。

区民葬儀を利用するためには、故人または葬儀を行う方が東京23区内に住んでいる必要があります。区民葬儀を取り扱ってる葬儀社に直接、区民葬儀の利用申し込みをする必要があります。

なお、ドライアイス、遺影写真、会葬礼状、返礼品、生花、御供物、斎場使用料などは区民葬儀の価格には含まれていません。さらに 霊柩車の利用料金も搬送距離によって異なります。

目黒区で区民葬儀を利用するにあたっては、戸籍住民課に死亡届の際に申請するか、死体火葬許可証を提出すると利用券がもらえます。詳しくは目黒区のホームページなどを確認しましょう。

東京都目黒区の火葬へのアクセス事情

臨海斎場

目黒区で利用しやすい火葬場は「臨海斎場」です。同施設には火葬炉が10基備わっており、炉前ホールでは故人との最後の別れに立ち会えます。この時の立ち合い人数の目安は20名程度です。

公共交通機関でのアクセスだけでなく、普通車を約250台収容可能な広い駐車場もあるため、自家用車でアクセスすることもできます。ただし、駐車場の利用制限が定められており、ひとつの喪家につき駐車可能な車両は乗用車5台とマイクロバス1台までとされているため注意が必要です。参列する方が多くなりそうな場合は、公共交通機関を利用するのがおすすめです。

施設内には売店や喫茶もあり、滞在が長くなる場合でも飲食物などの購入がしやすいです。

斎場名臨海斎場
所在地東京都大田区東海1-3
アクセス東京モノレール「流通センター駅」から徒歩約10分
施設・設備・式場4室(収容人数は1室につき70名程度)
・火葬炉10基
・式場数4室
・保冷庫20庫
・駐車場256台
・仮眠室
備考利用時間8時30分~21時まで

東京都目黒区の主な葬儀式場

運営主体斎場名住所アクセス
公営斎場セレモニー目黒東京都目黒区八雲1丁目1番9号東急東横線 都立大学駅から徒歩7分
公営斎場臨海斎場東京都大田区東海1-3東京モノレール「流通センター駅」から徒歩約10分

「セレモニー目黒」は、目黒区に居住する方が利用できる斎場です。葬儀を行われる方が目黒区外に住んでいる場合でも、亡くなった方が目黒区在住であれば利用できます。ひとつの建物で2組の葬儀を同時に進行できるという特徴があり、施設内には、葬儀を執り行える広い部屋がふたつ備わっています。
通夜から告別式までを執り行いたい場合、7万2,200円で翌日にかけて利用できます。葬儀の規模が小さい場合は、時間帯を指定したり、例えば「1時間だけ」という利用も可能。利用者の要望に応じた柔軟な使い方ができる斎場です。

「臨海斎場」は、目黒区含む5つの区が共同運営している公営の斎場で、葬儀から火葬まで執り行えます。
施設の使用料金は、火葬が4万円から、葬儀式場の利用が5万6,000円からとなり、控室や待合室を利用する場合は別途料金が発生します。なお、面会室は無料です。区民斎場のため、区民の方はリーズナブルな料金で施設を利用できます。目黒・品川・大田・世田谷・港区に居住する方、もしくは故人が生前住まわれていた場合は、区民用の料金が適用されます。

希望する葬儀のイメージがある場合は、葬儀社にプランや内容について相談することをおすすめします。サービス内容を比較し、ご希望に沿った葬儀が執り行える葬儀社を選びましょう。

葬儀・家族葬の流れは地域によって異なり、通夜・葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」と、葬儀・告別式を行う前に火葬を行う「前火葬(または骨葬)」の2通りが存在します。

「後火葬」は北海道(一部地域を除く)、関東、関西、九州などの地域で行われることが多く、「前火葬」は主に東北、沖縄、離島で行われています。

また、前火葬を行う東北地方の中でも、通夜の前に火葬を行う地域(青森、秋田)と、通夜の後に火葬を行う地域(岩手、宮城、山形)といった違いが見られます。

以下では「後火葬」の葬儀・家族葬の流れをご紹介します。

1.納棺・通夜

後火葬における家族葬の前の通夜の様子

納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、通夜式を行います。

読経・焼香の後、喪主または親族代表が挨拶をし、お清め料理などで弔問客をもてなします(通夜振る舞い)。

2.葬儀・告別式

葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで葬儀・告別式を執り行います。

3.出棺

出棺のイメージ写真。故人を花で飾りお別れの時間を過ごす

故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、お別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

4.火葬

火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行います。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

5.初七日・百か日法要(繰り上げ法要)

後火葬の後に行う法事法要の様子

火葬場より戻られてから、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

6.葬儀終了後

自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

目黒区では国民健康保険の加入者が死亡したとき、または後期高齢者医療被保険者が死亡したとき、その葬祭を行った人に対して、葬祭費が支給されます。支給額は7万円です。 受給資格や申請に必要なものについてはこちらをご覧ください。

【記事監修】小林 憲行
【記事監修】小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

参列者数などによって料金は異なります。お見積りのご相談など、お気軽にお電話ください。