日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
南多摩斎場 みなみ会館 コムウェルホール町田駅前会堂けやき 浄運寺会館

PR コムウェル

東京都町田市で葬儀をあげたい方へ

東京都の南端に位置する町田市は、人口が約43万人のベッドタウンです。東京都で9番目に生まれた都市で、商業人口が約230万人にもなるほど発展しています。

主要駅は小田急線町田駅で、新宿から急行を利用すると約40分のため、都心部へのアクセスも良好です。

町田駅を降りると駅周辺には大型の商業店舗が立ち並んでいます。その間には老舗店舗も営業しており、とても活気のある街並みとなっています。

一方で、町田市北部や東部には自然や昔ながらの里山なども残っており、緑溢れる風景を見ることもできます。

そんな東京都町田市は、豊かな緑とアクセスの利便性から多くの人が住んでいるため、公営、民営合わせて大小様々な葬儀場があります。

東京都町田市の葬儀費用の相場


町田市の費用相場東京都の費用相場
一般葬・家族葬111万9,155円147万4,993円
一日葬47万8,256円67万9,756円
火葬式20万7,542円21万1,482円
※2018年~「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

東京都町田市の葬儀費用の相場は上記の通りで、東京都内では比較的安い相場となっています。 一般葬・家族葬の相場は東京都全体ですと約147万円であるため、約35万円安い計算となります。

また、一日葬では東京都全体で約68万円なのに対して、町田市では49万円ほどで約17万円も安くなっています。火葬式は東京都が約21万であるため大きくは変わりません。しかしどんな形態の葬儀でも、東京都と比べて町田市の方が安く斎場を利用することができます。

葬儀をあげるときの自治体の補助金について

葬儀をあげる際にはまとまったお金が必要になります。葬儀そのものにかかる費用だけでなく、僧侶へのお布施やお花の用意などさまざまな出費がかさみます。香典を費用に充てることももちろんできますが、葬儀社に支払う際には間に合わないこともあります。

各自治体では、ある一定条件を満たすと補助金を受け取ることができる制度があります。町田市の具体的な補助金についてご紹介します。

町田市の葬祭費

町田市国民健康保険加入者が亡くなった場合、葬祭を行った方(喪主)を対象に、葬祭費5万円が支給されます。ただし、葬祭を行った日の翌日から2年で、時効により申請できなくなるため、注意が必要です。

葬祭費5万円
支給方法町田市役所、もしくは町田市内にある市民センターへ申請をしてください。
申請書は各申請先に用意されていますが、町田市のホームページからダウンロードすることも可能です。郵送による受付にも対応していますが、不備があると受け不可のため事前に必ず保険年金課保険給付係に問い合わせるようにしましょう。
申請できる方町田市国民健康保険の加入者が亡くなった際の、葬儀を行なった喪主の方が申請出来ます。葬祭を行なった翌日から2年で期限切れとなり、申請できなくなるため注意が必要です。
申請に必要なもの ・亡くなられた方の保険証
・喪主の方の印鑑
・喪主名義の振込口座の分かるもの
・あて先が明記された葬祭費用の領収書や会葬礼状等
・喪主が葬儀を行ったことのわかる書類

埋葬料・埋葬費

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。
故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に埋葬料が支給されます。また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。
また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給されます。
申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

東京都町田市で実績の多い葬儀社・葬儀式場

町田市にはたくさんの葬儀場があり、規模と予算に合わせて大小さまざまな葬儀を執り行うことが可能。それらの運営は民間業者や寺院、自治体などが行なっています。

それぞれの葬儀場には特徴があり、アクセスなども異なります。下記では、町田市でおすすめの斎場をご紹介します。

コムウェルホール町田駅前会堂けやき

JR横浜線町田駅から徒歩2分の好立地にあるコムウェルホール町田駅前会堂けやきは、民営の葬儀式場です。アクセスの良さだけではなく、全室バリアフリーとなっているため、遺族、とくに高齢者や足腰の不自由な方に大変優しい式場です。駅から近いため最寄り駅から徒歩ですぐですが、5台収容できる駐車場もあります。

通夜の後には故人と同じ部屋で過ごすことができ、宿泊にも対応しています。一日一家限定のため、落ち着いた空間で静かに故人をお見送りすることができます。

コムウェルホール町田駅前会堂けやきは、遺族に寄り添った形で、細かな心配りをしていただけるのが最大の魅力です。様々な葬儀の形にも対応しており、プロテスタントやカトリックの葬儀や、無宗教葬や音楽葬にも対応しています。

施設詳細

斎場・葬儀場名コムウェルホール町田駅前会堂けやき 
住所東京都町田市原町田1-6-28
アクセス【電車でお越しの方】
・JR横浜線「町田駅」より徒歩2分
・小田急線「町田」駅より徒歩5分
施設・設備 評価が高い / 駅近 / 駐車場 / バリアフリー / 安置施設 / 家族葬 / 付添・仮眠可 / 100名以上可

料金プラン (税抜)

会員価格一般価格
15万円20万円

東京都町田市の火葬事情

南多摩斎場

町田市では、八王子市・町田市・多摩市・稲城市・日野市の5市が運営する「南多摩斎場」で火葬が可能です。

南多摩斎場には式場も併設されているため、告別式から火葬までスムーズ。南多摩斎場は亡くなられた方が上記の市民である場合、無料で火葬を行うことができます。

市民でない場合は、火葬場の使用料は12歳以上で5万円となります。また、式場の使用料は10万円・28万円の2種類ですが、町田市民であればそれぞれ半額で使用することができます。

斎場名南多摩斎場
所在地東京都町田市上小山田町2147
アクセス京王相模原線南大沢駅よりタクシーで5分
施設・設備 ・前室付き台車方式火葬炉 12基
・第一式場(104人)、第二式場(35人)、第三式場(80人)
・待合室 13室 (和室/2室、洋室/11室 )
・更衣室 2部屋
・霊安室 6基
・売店
・授乳室
・コインロッカー
・駐車場(約100台)
備考 休業日は1月1日、2日、3日及び友引日

東京都町田市の主な式場一覧

民営斎場である「コムウェルホール町田駅前会堂けやき」や寺院斎場「浄運寺会館」は、主要駅である小田急線町田駅から徒歩圏内でアクセスの良い立地です。浄運寺会館は小規模な葬儀から会葬者の多い大規模な葬儀まで対応しています。

運営主体斎場名住所アクセス
公営斎場 南多摩斎場 町田市上小山田町2147京王相模原線「南大沢駅」からタクシー5分
寺院斎場 浄運寺会館町田市原町田6-21-28JR横浜線「町田駅」から徒歩3分
民営斎場 みなみ会館町田市旭町1-22-5 JR横浜線「町田駅」からバス11分
民営斎場緑山メモリアルパーク町田市三輪緑山4-25-8小田原線「柿生駅」から徒歩18分
寺院斎場 蓮清寺町田市能ヶ谷2丁目15-38小田急線「鶴川駅」から徒歩2分
寺院斎場 高蔵寺 光明会館町田市三輪町1739小田急線「鶴川駅」からバス8分
民営斎場 アシスト多摩境 町田市小山ケ丘3丁目22-8 京王相模原線「多摩境駅」から徒歩3分
寺院斎場千手院 岩子会館町田市小野路町2057小田急多摩線「黒川駅」からタクシー11分
寺院斎場いずみ会館 町田市真光寺町337-16小田急多摩線「黒川駅」から徒歩15分
寺院斎場寿量寺 安心殿町田市図師町997-7JR横浜線「淵野辺駅」からタクシー7分
寺院斎場大泉寺会館町田市下小山田町332-2小田急多摩線「唐木田駅」からタクシー12分
公共施設さくらんぼホール町田市玉川学園3-35-45小田急線「玉川学園前駅」から徒歩7分
寺院霊園祥雲寺瑞祥閣 町田市高ヶ坂1290JR横浜線・小田急線「町田駅」より徒歩15分
民営斎場町田メモリアルホール 町田市上小山田町2865JR横浜線「淵野辺駅」からバス11分
民営斎場コムウェルホール町田駅前会堂けやき 町田市原町田1-6-28 JR横浜線「町田駅」から徒歩2分

町田市には多くの斎場がありますが、アクセスの利便性が大きく異なります。施設の規模やアクセスをよく確認してから決めることをお薦めします。

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

町田市では国民健康保険に加入している方が亡くなったときは、葬儀を行った方に対して葬祭費5万円が支給されます。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事