日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
川越葬祭センターお見送りホール 川越市斎場

PR 法要殿

埼玉県川越市は、埼玉県の中央部よりやや南に位置する人口約35万人の都市です。東京都心から30km圏にあるベッドタウンとして栄えており、埼玉県南西部における中心都市となっています。

川越市はかつて川越藩の城下町であったため「小江戸」の名で親しまれ、現在も一部では城下町の面影を残した蔵造りの町並みが広がっています。タイムスリップしたかのような美しい街並みを求めて、年間600万人もの観光客が訪れるそうです。

このように全国的にも有名な観光地である一方、工業製品の出荷額は県内2位、農産物の出荷額も県内3位、商品取引額においても3位と、あらゆる産業がバランスよく成長した総合都市でもあります。

そんな埼玉県川越市には、数多くの葬儀場があります。公営、民営、寺院運営とさまざまな斎場があるので、ぜひニーズにあった斎場を見つけてみてください。

埼玉県川越市で実績の多い葬儀社・葬儀式場

埼玉県川越市には葬儀専用のホールがいくつかあり、その運営は公営のもの、専門葬儀社や冠婚葬祭互助会などが行っているものなどがあり、小規模な家族葬から大規模な葬儀まで、さまざまなニーズに合わせて会場を選ぶことができます。

例えば、公営の川越市民聖苑やすらぎのさとは、川越市民のための葬儀式場です。川越市斎場が主に火葬施設であるのに対し、その式場施設を川越市民聖苑やすらぎのさととしています。館内には全部で6つの式場があり、30名までの家族葬から100名以上の一般葬まで、幅広いセレモニーに対応。すべての式場に祭壇が設置され、遺族控室もあります。さらに 法要室も和室、洋室とあります。こののほか遺体の搬送や参列者の送迎には市の霊柩車および中型バスが利用できます。

公営の斎場のため、一定額の範囲内で標準的な葬儀を行える「市民聖苑葬儀」の制度も利用可能です。予算はもちろんですが、遠方の親族などを呼ぶ場合はアクセス面も重要となります。参列者が多い場合は、駐車場の広さなども見ておきましょう。

次に、川越市の数ある斎場の中でもおすすめの斎場がこちらです。

川越葬祭センターお見送りホール

埼玉県川越市宮元町にある川越葬祭センターお見送りホールでは、神式やキリスト式等、宗旨・宗派を問わずさまざまなお葬式が可能です。家族葬から一般葬、友人葬まで幅広いプランが用意されています。

法要殿独自のこだわり料理も好評。館内には宿泊設備や霊安室もあり、各種設備も充実しています。 西武新宿線本川越駅からタクシーで約8分、JR川越駅東口からタクシーで15分程度とアクセスも良好です。駐車場は25台収容できます。

施設詳細

斎場・葬儀場名川越葬祭センターお見送りホール
住所埼玉県川越市宮元町49-10
アクセス【車でお越しの方】
• 関越自動車道→国道16号線を川越方面へ→脇田新町交差点を右折→小仙波南交差点を左折して国道254号を東松山方面へ→宮元町を右折→すぐ左側。
• 富士見有料道路出口→国道254号を東松山方面へ→宮元町交差点を右折→すぐ左側。
【電車でお越しの方】
• 東部東上線川越駅もしくはJR川越線川越駅東口よりタクシーで15分程度。
施設・設備お清め室 / 式場 / 遺族控室 / 受付 / 宿泊設備完備 / 霊安室完備 24時間対応 無料2室 / 送迎車運行

料金プラン (税抜)

火葬式家族葬一般葬
18万円~ 25万円~ 40万円~

埼玉県川越市の葬儀費用の相場


川越市の費用相場埼玉県の費用相場
一般葬・家族葬111万8,171円111万77円
一日葬47万8,494円58万3,809円
火葬式17万9,005円20万9,364円
※2018年度「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

埼玉県川越市で葬儀をあげる際の費用は、埼玉県全体の相場と比べてみても一般葬・家族葬ともに数千円程度の差しかなく、両者はほぼ同額といえます。

一方で、一日葬や火葬式に関しては埼玉県全体の相場よりも安くなっています。川越市における一日葬の相場は約47万円で、埼玉県全体の相場よりも10万円も安い金額です。火葬式に関しても川越市の方が若干安く、県全体の相場と比べると3万円ほどの差があります。

葬儀をあげるときの自治体の補助金について

葬儀費用は急な出費となることが大半です。突然の不幸で精神的な負担を背負うにも関わらず、経済的な負担にもなってきます。予想外の出費が数十万~数百万円ともなると、慌ててしまう方も少なくないでしょう。

そこで少しでも負担を減らすために、自治体が葬儀に関する費用を負担してくれる制度があるのをご存じでしょうか。具体的な方法や条件、金額や申請方法などは以下の通りです。いざという時に慌てないよう覚えておきたいですね。

川越市の葬祭費

葬祭費5万円
支給方法国民健康保険の加入者が死亡し、その葬儀が執り行われたとき。 川越市役所国民健康保険課、各市民センター、南連絡所のいずれかの窓口に支給申請書を提出
申請できる方葬儀を行った喪主(葬祭執行者)
申請に必要なもの・保険証
・印鑑
・振込先金融機関の通帳等
・会葬礼状・葬祭の領収書など喪主であることを確認できるもの

補助金の詳細については、川越市の保健医療部国民健康保険課にお問い合わせください。

埋葬料・埋葬費

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。
故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に埋葬料が支給されます。また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。
また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給されます。
申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

埼玉県川越市の火葬事情

埼玉県川越市では市が運営する「川越市斎場」で火葬ができます。火葬料金は、市内居住者であれば無料(満12歳以上)です。

川越市斎場

川越市斎場は「心やすらかに別れの時を感じることができる斎場」「人と環境にやさしい施設」をコンセプトとして火葬施設も併設。プライバシーへの配慮とバリアフリーを意識した施設構成で、故人との別れの時を静かに感じられる、落ち着いた斎場です。

館内には、家族葬など小規模葬儀に対応した30人定員の小式場が2室用意されています。またペット火葬を希望する人も増えていることから、小動物用の火葬炉も1炉設置されました。送迎は、市が用意した霊柩車およびバスの利用も可能です。

斎場名川越市斎場
所在地埼玉県川越市大字小仙波786-1
アクセス西武新宿線本川越駅もしくは東武東上線、JR川越線川越駅下車→ 西武バス川越駅東口経由川越グリーンパーク行き「川越市民聖苑やすらぎのさと」降車徒歩すぐ
施設・設備・火葬炉12炉、小動物炉1炉
・式場2室(30人用)
・告別室
・見送りホール
・収骨室
・霊安室 駐車場 174台(乗用車160台、マイクロバス14台)

埼玉県川越市の主な斎場・葬儀式場

川越市は埼玉県南西部の中核都市ということもあり、数多くの葬儀場が点在しています。数が多いため、それぞれの斎場をよく比較検討し、希望の予算や規模、アクセス等も考慮してよりよい斎場を選ぶとよいでしょう。

運営主体斎場名住所アクセス
公営斎場 川越市民聖苑やすらぎのさと川越市大字小仙波786-1JR埼京線南古谷駅からタクシーで約7分
民営斎場 川越葬祭センターお見送りホール川越市宮元町49-10西武新宿線本川越駅からタクシーで約8分

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

川越市では、国民健康保険の加入者が死亡し、その葬儀が執り行われたとき、葬祭費5万円が支給されます。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事