日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
福祉セレモニーホール春日部ホール 埼葛斎場式場

PR 福祉セレモニー株式会社

春日部市は、埼玉県の東に位置する人口約24万人の市です。江戸時代、この辺りには日光街道・奥州街道の粕壁(かすかべ)宿がありました。 粕壁宿は江戸日本橋から1日歩きとおすと到着する距離にあり、ここで宿をとる旅人が多く、人や物資が集まる商業や交通の要所として栄えていました。

現在では、国道4号線や国道4号バイパスなどの幹線道路が通り、鉄道は東西に東武野田線、南北に東武スカイツリー線が通っています。北千住や大宮、柏といった近隣主要駅へもアクセスしやすく、ベッドタウンとして発展しています。

そんな春日部市には民営・公営と異なる運営主体の斎場があるため、希望の葬儀に合う斎場を選んでください。

埼玉県春日部市で実績の多い葬儀社・葬儀式場

埼玉県春日部市の中でもとくに実績が多く、幅広いプランに対応している葬儀社をご紹介します。

福祉セレモニー春日部ホール

福祉セレモニー春日部ホールは、公営の埼葛斎場と同等の価格で葬儀ができる点も魅力ですが、それ以上に大きな魅力があります。それは1日1組限定という点です。お通夜や告別式の際、ほかの葬儀の参列者と顔を合わせることがないため、ご遺族同士がお互いに気遣いする必要がなく、葬儀に集中できます。また、故人のために会場を貸し切り、葬儀を執り行ったという満足感も得られます。

福祉セレモニー春日部ホールは、ご遺族にも会葬者にも優しい設備を整えています。ご遺体を自宅に安置できない場合は、火葬当日まで無料で福祉セレモニー春日部ホールの安置所に安置できます。ご遺体に付き添われるご家族はホール内に無料で宿泊でき、シャワールームやバスルームも利用可能です。

施設内はバリアフリーに対応していて、ご遺族も会葬者も安心して利用できます。トイレはゆったりとしたつくりで 車いすでも入ることができ、手すりや引き戸などご高齢の方やお身体が不自由な方も安心です。また、駐車場は敷地内に30台分があり、車での来場も可能です。一般会葬など会葬者が多いと予想される場合は、 専任の葬祭ディレクターにその旨を相談しておくことをおすすめします。当日の状況によっても変わりますが、最適なアドバイスをもらえるでしょう。

福祉セレモニー春日部ホールでは、少人数での家族葬から一般葬まで、幅広く対応しています。故人の意向や予算などに合わせた葬式をかたちにするには、こちらの施設が大変おすすめです。

施設詳細

斎場・葬儀場名福祉セレモニー春日部ホール
住所埼玉県春日部市八丁目989-1
アクセス・東武スカイツリーライン「春日部駅」東口からタクシーで約5分
・東武野田線「春日部駅」東口からタクシーで約5分
・平成交通バス「春日部駅」東口より、イオンモール行き、「湯楽の里」下車すぐ
施設・設備・安置室
・駐車場(30台)
※埼葛斎場での葬儀と同じ価格でご提供しております。

料金プラン(税抜)

火葬式一日葬家族葬一般葬
10万円~23万円~32万円~32万円~

埼玉県春日部市の葬儀費用の相場


春日部市の費用相場埼玉県の費用相場
一般葬・家族葬 105万7,757 円 1,11万9,495円
一日葬 63万9,748円 56万3,854円
火葬式 26万3,660 円 21万7,241円
※2018年度「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

春日部市と埼玉県全体の葬儀費用の相場を比較すると、上記のようになります。

一般葬・家族葬は、春日部市の相場が約106万円、埼玉県の相場が約112万円と、春日部市のほうが6万円ほど安くなっています。逆に一日葬は、春日部市の相場が約64万円、埼玉県の相場が約56万円と、春日部市のほうが約8万円高くなっています。火葬式においても、春日部市の相場が約26万円、埼玉県の相場が約22万円と、春日部市のほうが4万円ほど高くなっています。

通夜式と告別式を行う一般葬・家族葬の場合、春日部市は県の相場よりも安く、「通夜式は行わない」「火葬だけを行う」といった一日葬や火葬式の場合、春日部市は高い傾向があります。

葬儀をあげるときの自治体の補助金について

葬儀を行うときには、葬儀費用だけではなく、戒名料やお布施、会葬者のお世話などにも多くの費用がかかります。突然の出費でご遺族の負担になることもあるでしょう。

春日部市では葬儀にかかる費用に対して補助金を支給する制度があります。補助金を受給できれば、部分的にせよ出費を補うことができますので、条件を満たしている場合は忘れずに申請しましょう。

春日部市の葬祭費の申請方法や金額などについては下記をご覧ください。

春日部市の葬祭費

葬祭費5万円
支給方法国民健康保険に加入している人が亡くなった場合、申請により、葬祭を行った人(喪主)に対して支給されます。ただし、会社退職後3カ月以内に亡くなったときは、ほかの健康保険から給付を受けられます。その場合は春日部市の国民健康保険からは支給されません。
また、葬儀を行った日の翌日から2年を経過すると時効となり、支給されませんので注意してください。
申請方法死亡届を提出後に市役所1階の国民健康保険課窓口、または庄和総合支所2階の福祉・健康保険窓口にて申請してください。
申請に必要なもの・保険証
・印鑑
・葬儀にかかった費用の領収書もしくは会葬礼状など、喪主の氏名が確認できるもの
・葬儀を行った人(喪主)名義の振込先口座が分かるもの

埋葬料・埋葬費

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。
故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に埋葬料が支給されます。また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。
また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給されます。
申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

埼玉県春日部の火葬事情

埼葛斎場

春日部市の火葬施設には、公営の埼葛斎場があります。

昭和29年に埼葛斎場の前身である「春日部町外5カ村伝染病院組合立火葬場」が設立されました。その後、火葬業務に関する事務を共同処理するために、1956年1月に「埼葛火葬場組合」として設立され、2007年4月に施設をリニューアルオープンしました。 この施設では集塵機(バグフィルター)などの高機能な設備を導入し、環境へ配慮しています。

火葬料金は、春日部市・蓮田市・白岡市・杉戸町にお住まいの方は、12歳未満が5,000円、12歳以上が10,000円です。組合市町以外にお住まいの方は、12歳未満が40,000円、12歳以上が60,000円となります。そのほか式場や霊安室、待合室などの使用料も細かく設定されており、必要に応じて使用できます。

埼葛斎場には、棺や納棺具一式、役所関連の手続きなどの諸費用がセットになった火葬式プランが数種類あり、予算や希望に応じて選べます。また、ほかの斎場から移動して火葬のみ行う場合は、霊柩車付きプランも利用できます。

斎場名埼葛斎場式場
所在地埼玉県春日部市内牧1431
アクセス東武野田線「八木崎駅」からタクシー約7分
施設・設備・火葬棟:火葬炉8炉(うち超大型炉1炉・増設スペース1炉)、小動物炉1炉、告別室4室、収骨室3室、霊安室1室
・待合棟:待合室8室、待合ロビー(1階・2階)
・葬祭棟:式場1室、控室2室、清め室1室
・駐車場:乗用車用70台、マイクロバス用11台、車いす使用者用4台
備考休場日:1月1日~3日、友引の日

埼玉県春日部市の主な式場

運営主体斎場名住所アクセス
公営斎場 埼葛斎場埼玉県春日部市内牧1431東武伊勢崎線・野田線「春日部駅」西口からタクシーで約20分
民営斎場福祉セレモニー春日部ホール埼玉県春日部市八丁目989-1・東武スカイツリーライン「春日部駅」東口からタクシーで約5分
・東武野田線「春日部駅」東口からタクシーで約5分
・平成交通バス「春日部駅」東口より、イオンモール行き、「湯楽の里」下車すぐ

埼葛斎場は、春日部市・蓮田市・白岡市・杉戸町の3市1町で組織された埼葛斎場組合が運営する公営斎場です。

家族葬から一般的葬、社葬など、小さなお葬式から大規模なお葬式まで、さまざまな葬儀を執り行えます。 宗派を問わず利用することができ、故人の生前の趣味などを活かした自由な形式の葬儀も行えます。 埼葛斎場は火葬場を併設しているため、葬儀後、霊柩車やマイクロバスなどで移動する必要がありません。移動にかかる費用も時間も抑えられるため、利便性の高い施設です。

福祉セレモニー春日部ホールは、お通夜や葬儀、告別式、初七日法要まで幅広く行える民営斎場です。1日1組の貸し切りで葬儀を行うため、ほかの葬儀の会葬者と顔を合わせることはありません。心ゆくまで、故人とのお別れに集中できます。

人生の中で喪主を務める機会はそう何度もあることではなく、地域の慣習や作法などに戸惑ってしまうこともあるでしょう。この施設では、専任の葬祭ディレクターが付き、気軽に相談できるのが魅力です。 プランには2日葬プラン、1日葬プラン、火葬式プランなどがあり、予算や人数に合わせて選べます。

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

春日部市では国民健康保険に加入している人が亡くなった場合、申請により、葬祭を行った人(喪主)に葬祭費が支給されます。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事