日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
セレモニーハウス尼崎名神町 セレモニーハウス尼崎西難波 尼崎市立弥生ケ丘斎場

PR 洛王セレモニー

尼崎市は兵庫県の南東端に位置し、東に大阪市と豊中市、北に伊丹市、西は西宮市と接し、南は大阪湾が広がっています。市内には猪名川や武庫川などが流れ、市域の大部分は河川が運んできた砂礫(されき)によって形成された平野部です。市の人口は2019年3月31日時点で46万2,934人。京都、大阪、神戸の三都市からの距離が近いこともあり、ベッドタウンとしての役割も果たしています。

京阪神大都市圏の一角をなし、人口も多い尼崎市は、葬儀社、葬儀式場の数が多いです。葬儀を執り行う際は、希望に沿った式場を自ら探し、選択する必要があります。

尼崎市主な斎場・葬儀式場

公営斎場尼崎市立弥生ケ丘斎場兵庫県尼崎市弥生ヶ丘町1-1 阪急神戸本線園田駅から徒歩8分
民営斎場家族葬のセレモニーハウス 尼崎名神町兵庫県尼崎市三反田町3-12-18 最寄り駅 は立花駅、塚口駅、塚口駅
民営斎場家族葬のセレモニーハウス 尼崎西難波兵庫県尼崎市西難波町3-18-10 最寄り駅は出屋敷駅、尼崎センタープール前駅、尼崎駅
民営斎場家族葬ホール 尼崎兵庫県尼崎市立花町3-24-14 JR神戸線(大阪~神戸)立花駅から徒歩12分
民営斎場東園田ホール兵庫県尼崎市東園田町9丁目16-1 阪急神戸本線園田駅から徒歩2分
民営斎場セレモニーホール一乗兵庫県尼崎市南武庫之荘4-21-27 阪急神戸本線武庫之荘駅からタクシー5分
民営斎場歩あゆみホール尼崎兵庫県尼崎市戸ノ内町3丁目24 JR宝塚線伊丹駅からタクシー5分
寺院斎場西栄寺 尼崎支坊兵庫県尼崎市杭瀬南新町3-2-24 阪神本線杭瀬駅から徒歩5分
寺院斎場福田寺兵庫県尼崎市東園田町4-33 阪急神戸本線園田駅から徒歩4分
公共施設園和コミュニティーホール兵庫県尼崎市東園田町9-48-16 阪急神戸本線園田駅から徒歩1分
公共施設清水町福祉会館兵庫県尼崎市塚口本町2-23-14 JR宝塚線塚口駅から徒歩9分
公共施設難波福祉会館兵庫県尼崎市西難波町6-7-15JR神戸線(大阪~神戸)立花駅からタクシー8分

尼崎市内では公営斎場、民営斎場、寺院斎場、公共施設などで葬儀が執り行われています。公営斎場として利用できるのは、市の火葬場でもある「尼崎市立弥生ケ丘斎場」です。館内には告別室が3室あり、使用料は故人が市内在住者であれば2時間まで5,200円、延長1時間につき1,000円、故人が市外在住者の場合は2時間まで1万400円、延長1時間につき2,000円かかります。

民営斎場に該当する斎場は、「家族葬セレモニーハウス尼崎明神町」、「家族葬のセレモニーハウス尼崎西難波」、「家族葬ホール尼崎」、「東園田ホール」、「セレモニーホール一乗」、「歩あゆみホール尼崎」などです。施設ごとに式場・ホールの大きさが違っていますので、執り行いたい葬儀の規模に合わせた斎場を選択する必要があります。

また、寺院斎場として「西栄寺尼崎支坊」、「福田寺」もあり、ご利用の際は故人・ご遺族の宗教・宗派でも利用できるか、斎場側に確認しておきましょう。

ほかにも、市内には「園和コミュニティーホール」、「清水町福祉会館」、「難波福祉会館」など葬儀場として利用できる公共施設もあります。どの施設も駅から近く、アクセスしやすいです。

尼崎市の火葬事情/火葬場紹介

尼崎市立弥生ケ丘斎場

尼崎市の火葬場は「尼崎市立弥生ケ丘斎場」です。火葬炉10基、収骨室3室を備え、広いエントランスホール、炉全ホールが整備されています。使用料は亡くなった方が尼崎市民の場合だと、大人(12歳以上)が1万3,200円、小人(12歳未満)が6,600円、死産児が3,300円です。亡くなった方が尼崎市民ではない場合は、大人が5万2,800円、小人が2万6,400円、死産児が1万3,200円となっています。火葬の受け入れは午前11時~午後4時まで1時間毎に行われ、1月1日と友引日が施設の休業日です。

弥生ケ丘斎場までのアクセス方法は、市営バスをご利用の場合は「弥生ケ丘」のバス停で下車します。弥生ケ丘のバス停は、JR尼崎駅からは「戸ノ内行」、「阪急園田行」、阪急園田駅からは「阪神尼崎行」、「阪神杭瀬行」、阪神杭瀬駅からは「阪急園田行」のバスに乗れば降車できます。

尼崎市の費用相場


八千代町の費用相場茨城県の費用相場
一般葬・家族葬60万4,311円77万8,497円
一日葬13万4,250円31万3,304円
火葬式14万1,790円15万3,647円
※2019年~「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

尼崎市の葬儀費用相場を見ると、兵庫県全体の相場よりも一般葬・家族葬、一日葬、火葬式のすべてにおいて安くなっています。人口が集中する地域であるにもかかわらず、比較的費用が安いというのは尼崎市の大きな特徴・利点です。特に一般葬・家族葬と一日葬は、県全体の平均費用よりもかなり安めとなっています。

尼崎市の葬祭費・補助金制度

尼崎市では故人の葬祭を行った方が申請することで、葬祭費を受給できます。ただし、支給対象となるのは故人が国民健康保険の加入者である場合で、他の健康保険などから葬祭費にあたる給付金を受けているときは受給できません。申請先は、尼崎市役所の国保年金課給付担当です。また、申請しなければ支給されませんので、葬祭を執り行った方は忘れずに申請しましょう。

葬祭費5万円
支給方法故人の葬祭を行った方の申請により支給
申請できる方 葬祭を行った方(喪主)
申請に必要なもの・葬祭を行った方の認印
・亡くなられた事実を確認できる書類(死亡診断書もしくは死体火葬許可証)
・葬祭を行ったことを確認できる書類(会葬御礼もしくは葬儀費用の領収書など)
・金融機関口座通帳
・故人の国民健康被保険者証(未回収である場合)
・故人の個人番号(マイナンバー)を確認できるもの
・代理人が申請するときは、代理人の身分証明書

尼崎市で実績の多い葬儀社・葬儀式場

尼崎市で利用実績の多い葬儀社としては「洛王セレモニー株式会社」を挙げることができます。同社が市内で運営している「家族葬のセレモニーハウス尼崎明神町」と「家族葬のセレモニーハウス尼崎西難波」について以下でご紹介しましょう。

家族葬のセレモニーハウス尼崎明神町

2020年2月にオープンしたばかりの新しい斎場です。家族葬を専門的に取り扱っており、1組貸し切りでのご利用となるので、他家に気兼ねなく葬儀を執り行うことができます。式場は30人まで対応できる広さとなっており、ご家族・お身内のみ参列する場合は十分なスペースです。

また、平屋建てで館内はすべてバリアフリー対応となっているため、高齢者や障害者の方も安心して利用できるでしょう。親族控室には浴室・シャワー室も完備。ご遺族の方がくつろげるよう、十分な設備、サービスが整備されています。

最寄り駅のJR神戸線の立花駅からは、徒歩だと約20分、タクシーであれば10分以内で到着できる距離です。火葬場である尼崎市立弥生ケ丘斎場までは車だと15分程で到着します。

家族葬のセレモニーハウス尼崎西難波

こちらも2020年2月に開設された家族葬を専門とする斎場です。ホールの大きさは20名まで対応という広さで、お身内のみが集まって故人とお別れをするのに最適の広さといえます。

平屋建てで全館バリアフリー完備、浴室・シャワー付きの親族控室が整っている点では、同じ系列の「家族葬のセレモニーハウス尼崎明神町」と同じです。ただ、両施設は立地場所が異なり、尼崎西難波は市の西部に立地しているため、その地域のお住まいの方で家族葬を執り行う場合は相談してみるとよいでしょう。

公共機関でのアクセス方法は、阪神本線の出屋敷駅から徒歩13分、バスの場合は「西難波」のバス停から徒歩1分です。市の火葬場である尼崎市立弥生ケ丘斎場までは、車で20分ほどで到着します。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事