日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀

てんぱん斎場は、札幌市東区にある葬儀場。株式会社北海道典範が運営元の民営斎場です。

最寄りの駅はJR札沼線「太平駅」で、徒歩で5分です。最寄り駅から少々距離があるため、タクシーを使うことがおすすめです。

この記事では、てんぱん斎場で葬儀を行うにあたっての葬儀料金やアクセス情報、火葬の方法など、詳しくご説明します。てんぱん斎場での葬儀をご検討中の方は要注目の情報です。ぜひご覧ください。

てんぱん斎場の基本情報/地図・交通アクセス

てんぱん斎場はJR札沼線「太平駅」から徒歩5分で着きます。バスを利用するなら、北海道中央バス「北営業所」停留所が近くて便利です。

てんぱん斎場には火葬場を併設していないため、近隣の火葬場を利用するのが一般的です。葬儀の後、火葬場への移動の必要があるので、頭に入れおくと良いでしょう。

てんぱん斎場には遺体の安置施設があるため、病院などで亡くなった後に移送して安置しておくことができます。

以下に、てんぱん斎場への行き方や詳細の地図、設備の内容についてご紹介します。

                  
所在地

北海道札幌市東区北五十一条東2丁目2-27

交通アクセス
【電車・バス】

JR札沼線「太平駅」から徒歩5分

施設・設備 式場  :2室
親族控室:3室
僧侶控室:2室
安置室 :あり
運営元株式会社北海道典範

てんぱん斎場での
葬儀ご案内いたします。お電話ください。

無料0120-956-751

電話で相談する

てんぱん斎場でのお葬式/式場のご案内

てんぱん斎場には家族葬から大人数の葬儀まで対応可能の式場2つを完備、そのほかには、親族控室や安置室なども備えています。ここではてんぱん斎場の葬儀式場の様子をご紹介します。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

葬儀ホール

てんぱん斎場には18名から収容可能の小ホールと250名まで収容可能の大ホールがあります。少人数の家族葬から、一般葬、団体葬などあらゆる葬儀に対応可能です。穏やかな空間の中で、故人様の旅立ちを家族と参列者全員でお見送りできます。

親族控室

落ち着いた和の空間でゆっくりと過ごせます。和室の他にもキッチンやバスルームが用意されており、横になったり汗を流したりと、葬儀当日の疲れを癒してくれます。

てんぱん斎場の料金プラン

てんぱん斎場の料金をご紹介します。

理想としている葬儀のスタイルや参列者数によって金額は異なります。プランに含まれる葬儀の内容も葬儀社によってそれぞれなので、詳細を知りたい方は、まずはお電話ください。

一日葬家族葬一般葬直葬
50.0万円~50.0万円~90.0万円~20.0万円~

※火葬料金は別途、必要です。
※てんぱん斎場には火葬場はないので、火葬式直葬)を行う場合は近隣の火葬場を利用するのが一般的です。
※ご希望の式場や設備、物品・サービスによっては、追加費用がかかる場合があります。

てんぱん斎場の料金プランの詳細

てんぱん斎場での
葬儀ご案内いたします。お電話ください。

無料0120-956-751

電話で相談する

てんぱん斎場で葬儀を依頼できる葬儀社一覧

葬儀社一覧のさらに詳しい情報

てんぱん斎場のお葬式/山口斎場での火葬のご案内

山口斎場

てんぱん斎場で葬儀を行う場合、火葬については近隣の火葬場である山口斎場をご利用いただけます。ここでは、山口斎場での火葬料金や、火葬時の待合室・休憩室の料金についてご案内します。

火葬料金

区分札幌市民札幌市民以外
12歳以上無料4万9,000円
12歳未満無料4万円
死胎(死産)無料2万3,000円
埋葬(土葬)された死体無料1万2,000円

特別控室使用料金

区分金額
1室につき2万3,000円

副葬品のご案内/火葬で棺に納めることができるもの

棺の中に制限されているドライアイスや副葬品が含まれると、火葬時間が長くなったり、火葬時の不完全燃焼を引き起こしたりします。

義手義足などもなるべく外し、以下のものも棺に入れることが制限されています。

  • プラスチック
  • ビニール製品
  • 化学繊維製品、カーボン製品
  • ガラス製品
  • 硬貨
  • 貴金属製品
  • 燃えにくいもの
  • 危険物

愛用の品や思い出の品は写真に撮って納めるよう協力を求められています。また、故人がペースメーカーを使用していた場合は、火葬受付時に申し出が必要です。

てんぱん斎場での
葬儀ご案内いたします。お電話ください。

無料0120-956-751

電話で相談する

家族葬・一日葬・直葬(火葬式)の流れ

家族葬とは/こんな方におすすめ

家族葬の写真。家族葬では家族・親族だけの小規模な葬儀となる

家族葬とは、ご遺族や生前に故人と親しかった人たちだけで行う葬儀方法です。近年、コミュニティの希薄化や超高齢社会を背景に、葬儀を少人数で行うことのできる家族葬は人気の葬儀形式となっています。

家族葬を行うメリットは、「参列者への対応に追われないため遺族の負担が少ない」「一般葬より葬儀費用を抑えられる」「自由な形式で葬儀を行える」などがあります。

そのため、身内のみで最後の思い出を作りたいと考えている方や、親睦の深い身内だけで故人を見送りたいと考えている方に最適な葬儀方法といえるでしょう。

家族葬の流れ
  • 1日目
    納棺・通夜
    納棺・通夜のイメージ

    納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、通夜式を行います。読経・焼香の後、喪主または親族代表が挨拶をし、お清め料理などで弔問客をもてなします(通夜振る舞い)

  • 2日目
    葬儀・告別式
    葬儀・告別式のイメージ

    葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで葬儀・告別式を執り行います。

    出棺

    故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

    火葬

    火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

    初七日・百か日法要(繰り上げ法要)
    法事・法要ではお坊さんなどの僧侶が読経を行う

    火葬の後、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

    葬儀終了後

    自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

一日葬とは/こんな方におすすめ

一日葬とは、お通夜をおこなわず、葬儀・告別式と火葬のみを1日で執り行うお葬式のことです。

一日葬は、お通夜を省くことで費用を抑えることができ、1日で行えるため喪主や遺族の負担が少なくなるのが特徴です。

「遺族・親族が忙しくて休みを取りづらい」「遠方に暮らす人が多い」「高齢者など身体への負担が大きい」といった場合に、少ない日数できちんとしたお別れができる一日葬を選ぶ方が多いです。

一日葬の流れ
  • 葬儀当日
    納棺・告別式
    納棺・告別式を行う一日葬のイメージ

    納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで告別式を執り行います。

    出棺

    故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

    火葬

    火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

    初七日・百か日法要(繰り上げ法要)
    法事・法要ではお坊さんなどの僧侶が読経を行う

    火葬の後、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

    葬儀終了後

    自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

火葬式(直葬)とは /こんな方におすすめ

直葬(火葬式)は、通夜・告別式を行わずに火葬のみをおこなう葬儀のことです。

儀式的な部分を省くため、一般的な葬儀より料金が掛からないことが多く、お別れの時間が通常の葬儀に比べ短いのが特徴です。

経済的な理由で葬儀にお金をかけることが難しい方や、簡易的に葬儀をおこないたい方に最適な葬儀方法といえます。

直葬(火葬式)の流れ
  • 葬儀当日
    納棺
    火葬式のイメージ。火葬場へ向かう家族

    納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

    火葬

    火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

    火葬終了後

    自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

てんぱん斎場についてのよくある質問

利用料金はいくらですか?

「いい葬儀」からは、火葬式20.0万円~、家族葬50.0万円~、でご案内しています。詳しい見積もりなど、お気軽にお電話ください。

口コミ情報を知りたいです。

実際にてんぱん斎場で葬儀を執り行ったご遺族の口コミは、こちらでご紹介しています。

アクセス情報を教えてください。

JR札沼線「太平駅」から徒歩で5分です。最寄り駅から遠いため、車、もしくはバスやタクシーの利用をおすすめします。

安置施設はありますか?

てんぱん斎場には安置施設があり、葬儀までの間の故人様のお預かりが可能です。

てんぱん斎場での
葬儀ご案内いたします。お電話ください。

無料0120-956-751

電話で相談する

供花・弔電のご案内/通夜・告別式のお悔やみの送り方

供花のご案内

葬儀の際に葬儀場に送る供花のイメージ

供花を届けるのは、お通夜が始まるまでに完了するようにしましょう。どうしても間に合いそうにないなら、翌日のお葬式が始まるまでに間に合わせるようにしましょう。

供花の手配・注文をする場合には「インターネットで申し込む」「お葬式を執り行っている葬儀屋さんに直接頼む」「近所の花屋さんに頼む」という3つの方法があります。

インターネット注文では、当日14時までのご注文で全国(一部地域を除く)即日お届けしています。地域の風習や葬儀社や喪主様のご意向など、場面や状況に応じ、最適なご供花を手配させていただきます。供花の手配に慣れていらっしゃらない方でも、安心してお申し込みいただけます。

供花の出し方はこちら
てんぱん斎場への供花をお考えの方はこちら

弔電のご案内

葬儀の際に葬儀場に送る弔電のイメージ

弔電は、基本的に通夜・葬儀の前日までに送るのがマナーです。遅くとも、葬儀の開始時刻までには届くように申し込みましょう。

宛名は喪主宛としてフルネームで送りますが、喪主名が不明の場合は、「故○○○○様(故人のフルネーム)」「ご遺族様」を併記します。企業や団体が主催する場合は、葬儀責任者、部署、主催者宛にします。差出人はフルネームで、故人との関係がわかるような書き方をするようにします。

弔電の出し方はこちら

てんぱん斎場での葬儀・家族葬のご相談は「いい葬儀」へ

葬儀場・葬儀社の紹介を行うサービスサイト「いい葬儀」のイメージ

依頼の当日、すぐに対応してくれる葬儀社もたくさんあります。いくつかの葬儀社を比べてみて、検討してみてください。

また、てんぱん斎場は式場を事前に見学することができます。てんぱん斎場での葬儀をお考えの方も、“もしも”の時に備えておきたい方も、館内の雰囲気を体感しておくと良いでしょう。

急に葬儀が必要になった場合や、どの葬儀社に問い合わせたらいいかわからないといった場合には、まずは「いい葬儀」にご連絡ください。

お客様のご希望に沿った葬儀を提案させていただくほか、ご遺族の皆様に安心していただけるよう、葬儀相談の専門スタッフが優良な葬儀社・斎場を厳選してご紹介します。

【記事監修】小林 憲行
【記事監修】小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

参列者数などによって料金は異なります。お見積りのご相談など、お気軽にお電話ください。