日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
浦安市斎場での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-956-751

浦安市斎場での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-956-751

浦安市のいちばん南側、すぐそばに海を臨む町の一角に浦安市斎場があります。

浦安市斎場は火葬場併設の公営斎場として知られ、50席未満の小さな家族葬から100席近い大規模な社葬まで、幅広く執り行える利用しやすい斎場です。

火葬場併設だから遠くの火葬場まで移動する手間がなく、お通夜から葬儀、最後のお別れまで1カ所で行えます。ご高齢の参列者が多いは移動の手間が省けることが大きなメリットになるでしょう。また移動の車両費を抑えられる分、利用料金でも利点が大きい斎場です。

浦安市斎場の施設・設備情報

  • 駐車場あり
  • 安置施設あり
  • 宿泊可
  • 火葬場併設
  • 付き添い安置可
  • ご遺族面会可
  • バリアフリー
  • 大型葬儀(100名以上)可
  • 直葬(火葬式)可
  • 一日葬可
  • 家族葬可

浦安市斎場の基本情報/地図・交通アクセス

浦安市斎場があるのは浦安市内で最も南、海を臨む一角に位置しています。

浦安斎場内は火葬炉4基、葬儀式場3室を有する斎場で、お通夜から葬儀、火葬まで葬儀全般を同じ場所で執り行える斎場として人気があります。

また、宗教・宗派を問わず利用できるので利用者に制限はありません。近くに住む方ならどなたでも利用できる門戸の広い斎場です。

ここでは、浦安市斎場までの地図と交通アクセスをご紹介します。

                  
所在地

千葉県浦安市千鳥15-3

交通アクセス
【電車・バス】

[電車での行き方・最寄り駅]

JR京葉線「舞浜駅」からタクシーで約10分

[バスでの行き方・最寄りの停留所]

JR京葉線「舞浜駅」のバスロータリーより東京ベイシティバス1番乗り場の20系統「千鳥循環」もしくは「千鳥西」行きに乗車、「浦安斎場」停留所にて下車(所要時間:約15分)

交通アクセス
【お車】

[お車での行き方・道順案内]

★市役所通り経由:市役所通りを南南西に下り、川沿いのT字交差点(ブルーの歩道橋がある交差点)を右折。突き当りまで直進し交差点を右折、若潮通り(県道276号)へ進む。250mほど進んだら左にSADOSHIMAの表記がある建物が見えるので、その交差点を左へ。左に(株)スタック配送センターがあるT字路を右折し突き当りまで直進する。左に浦安市斎場の表示があるT字路(浦安市運動公園)にぶつかったら左折し1km直進。突き当りの交差点を右折し直進すると左手に斎場が見える。

施設・設備 火葬炉:4基
式場 :3室
休憩室:3室
控室 :3室
霊安室:4室
駐車場:100台、マイクロバス6台駐車可能
運営元浦安市

浦安市斎場が選ばれる理由/おすすめポイント

特長1) 火葬場併設で移動の少なさがメリットに

葬儀後、火葬場までの移動はなかなか大変なものです。参列者が多い場合はマイクロバスを手配したり、タクシー何台にも分かれて移動したりと、事前準備からさまざまな細かい手配が必要になります。しかし、火葬場併設の浦安斎場ならその手間がいっさいなく、移動にかかる車両費まで節約できるのがポイントです。ご高齢の参列者が多い場合や規模の大きな葬儀の時は、特にそのメリットが際立つでしょう。

特長2) 公営斎場だから利用料金が抑えられ、費用面の心配が少ない

浦安市運営の公営斎場なので、民間運営に比べて利用料金は安く抑えられます。式場には祭壇が常設されており、式場を利用すれば祭壇を無料で利用できます。祭壇には仏式、神式、正宗式、キリスト式があり、どのような宗教・宗派でも料金は変わらず利用できるのもポイントです。

また、無料で利用できる駐車場は100台以上、マイクロバスも6台停められる十分な広さがあり、少し遠くから参列される方も不便がない斎場といえます。

特長3) 民間斎場に見劣りしない十分なキャパシティがある

浦安市斎場は公営斎場ながら、家族葬から社葬まで行える十分なキャパシティがあります。斎場内には100席程度の葬儀が行える式場1つと50席程度の式場が2つあり、参列者が多い場合もすみやかに執り行えるのが魅力といえます。

また、式場控室が3室、お清めや遺族控室にも使える控室が3室と、空き時間も居場所に困ることはありません。どのような葬儀でも柔軟に行える斎場ですので、近くにお住まいの方は利用を検討するとよいでしょう。

浦安市斎場での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-956-751

浦安市斎場でのお葬式/式場のご案内

浦安市斎場には50席程度の式場が2つ、100席程度の式場が1つあります。そのほかに火葬炉が4基ある火葬場、炉前ホール2室、収骨室2室あり、待ち時間を過ごせる式場控室、お清め室や遺族用控室にもなる部屋が3室用意されています。

このほかに霊安室もあるのでご遺体のお預かりも可能です。ここでは、よく使われる50名程度の式場と待合室をご紹介しましょう。

式場

一般的な葬儀でよく使われる大きさの50名の式場です。いすが設置してあり、祭壇も常設なので特別なしつらえを用意することなく、参列するだけで葬儀が執り行えます。部屋の雰囲気は華美すぎず、落ち着いた色合いでまとめられています。

やわらかな照明で祭壇を照らしてあり、故人に思いをはせる場所として申し分ない雰囲気です。一般的な家族葬や知人・親戚のみの葬儀であれば十分な大きさでしょう。このほかに100名程度に対応した式場が1室あるので、お世話になった方や旧友の参列が多い場合は、そちらを利用するのがおすすめです。

待合室

浦安市斎場内の待合室は3室です。式場待合室が3室ありますので、火葬の間の時間は式場ごとに集まることができます。それぞれの関係者と故人の思い出を語り合ったり、お茶を飲んで落ち着いたりと、静かな時間を過ごせますので心配ありません。

このほかにも遺族控室、火葬待合室として使える控室が3室あるので、そちらの利用も可能です。小さなお子様やご高齢の参列者が多い場合は、火葬が終わるまでの時間の過ごし方が気になるものです。イスとテーブルがそろった待合室があれば、思い思いに過ごすことができ、空き時間の不安がなくなります。

駐車場

浦安市斎場は車で来場しやすい斎場です。浦安市運動公園から南側に入ると、ほぼ一本道で迷うことなく来場できます。駐車場は100台、マイクロバスは6台停められる大規模なものを有しており、置き場所に困ることもありません。

浦安市のみならず、都心から来場される参列者にとっても行き方がわかりやすい斎場といえます。首都高速湾岸線も近くに通っているので来場までの時間もわかりやすく、利便性の良さが魅力の斎場といえます。

浦安市斎場での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-956-751

浦安市斎場でのお葬式/火葬場のご案内

浦安市斎場は火葬炉併設の公営斎場なので、火葬炉までの移動車両費が不要です。火葬炉は4基、式場は3室あります。そのほかに収骨室や霊安室、炉前ホール2室等あり、浦安市民優先に利用できます。

火葬料金

区分市民市民以外
16歳以上1万円 7万円
16歳未満6,000円4万2,000円
死胎児3,000円2万1,000円
改葬5,000円3万5,000円
身体の一部3,000円2万1,000円

火葬で棺に納めることができるもの/副葬品のご案内

棺にお納めになる副葬品は最小限でお願いします。公害防止のため不完全燃焼などの原因となる副葬品は、お納めにならないようご協力をお願い致します。保冷剤はご遺骨損傷の原因になりますので取り除いてください。ドライアイスは燃焼を妨げますので最小限でお願いします。

◇カーボン製品(杖,釣り竿,ゴルフクラブ,ラケット,竹刀,義肢装具など)
カーボン製品を柩に納め火葬すると、火葬炉設備が緊急停止し火葬が中断、また同時間帯の他の火葬も停止する重大な事故となりますので絶対にお納めにならないようお願いします。

  • ビニール製品 (ハンドバック,靴,玩具など)
  • 化学合成繊維製品 (衣類,寝具,敷物など)
  • 発砲スチロール製品 (枕,緩衝材パッキンなど)
  • その他 (CD,ゴルフボールなど)

待合室料金

部屋名市民市民以外
1室1回1,000円5、200円
2室1回3,100円1万5,700円
浦安市斎場での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-956-751

浦安市斎場の葬儀プランと費用相場

家族葬

通夜・告別式を

行うお葬式

35.0 ~

人数目安:10~75名


人気!

一日葬

告別式のみ

1日で行うお葬式

30.0 万円~

人数目安:10~75名

直葬

(火葬式)

火葬だけのお葬式

15.0 万円~

人数目安:~10名

※火葬料金は別途、必要となります。
※ご希望される式場や設備、物品・サービスによっては、追加費用がかかる場合があります。

家族葬とは/こんな方におすすめ

家族葬とは、ご遺族や生前に故人と親しかった人たちだけで行う葬儀方法です。近年、コミュニティの希薄化や超高齢社会を背景に、葬儀を少人数で行うことのできる家族葬は人気の葬儀形式となっています。

家族葬を行うメリットは、参列者への対応に追われないため遺族の負担が少ない、一般葬より葬儀費用を抑えられる、自由な形式で葬儀を行えるなどがあります。そのため、身内のみで最後の思い出を作りたいと考えている方や、親睦の深い身内だけで故人を見送りたいと考えている方に最適な葬儀方法といえるでしょう。

家族葬の流れ
  • 1日目
    納棺・通夜

    納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、通夜式を行います。読経・焼香の後、喪主または親族代表が挨拶をし、お清め料理などで弔問客をもてなします(通夜振る舞い)

  • 2日目
    葬儀・告別式

    葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで葬儀・告別式を執り行います。

    出棺

    故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

    火葬

    火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

    初七日・百か日法要(繰り上げ法要)

    火葬の後、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

    葬儀終了後

    自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

一日葬とは/こんな方におすすめ

家族葬とは、ご遺族や生前に故人と親しかった人たちだけで行う葬儀方法です。近年、コミュニティの希薄化や超高齢社会を背景に、葬儀を少人数で行うことのできる家族葬は人気の葬儀形式となっています。

家族葬を行うメリットは、参列者への対応に追われないため遺族の負担が少ない、一般葬より葬儀費用を抑えられる、自由な形式で葬儀を行えるなどがあります。そのため、身内のみで最後の思い出を作りたいと考えている方や、親睦の深い身内だけで故人を見送りたいと考えている方に最適な葬儀方法といえるでしょう。

一日葬の流れ
  • 葬儀当日
    納棺・告別式

    納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで告別式を執り行います。

    出棺

    故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

    火葬

    火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

    初七日・百か日法要(繰り上げ法要)

    火葬の後、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

    葬儀終了後

    自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

直葬(火葬式)とは /こんな方におすすめ

家族葬とは、ご遺族や生前に故人と親しかった人たちだけで行う葬儀方法です。近年、コミュニティの希薄化や超高齢社会を背景に、葬儀を少人数で行うことのできる家族葬は人気の葬儀形式となっています。

家族葬を行うメリットは、参列者への対応に追われないため遺族の負担が少ない、一般葬より葬儀費用を抑えられる、自由な形式で葬儀を行えるなどがあります。そのため、身内のみで最後の思い出を作りたいと考えている方や、親睦の深い身内だけで故人を見送りたいと考えている方に最適な葬儀方法といえるでしょう。

直葬(火葬式)の流れ
  • 葬儀当日
    納棺

    納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

    火葬

    火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

    火葬終了後

    自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

浦安市斎場での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-956-751

浦安市斎場で葬儀を依頼できる葬儀社一覧

浦安市斎場で葬儀・家族葬を依頼できる葬儀社をご案内します。

供花・弔電のご案内/通夜・告別式のお悔やみの送り方

供花のご案内

供花を届けるのは、お通夜が始まるまでに完了するようにしましょう。どうしても間に合いそうにないなら、翌日のお葬式が始まるまでに間に合わせるようにしましょう。

供花の手配・注文をする場合には「インターネットで申し込む」「お葬式を執り行っている葬儀屋さんに直接頼む」「近所の花屋さんに頼む」という3つの方法があります。

インターネット注文では、当日14時までのご注文で全国(一部地域を除く)即日お届けしています。地域の風習や葬儀社や喪主様のご意向など、場面や状況に応じ、最適なご供花を手配させていただきます。供花の手配に慣れていらっしゃらない方でも、安心してお申し込みいただけます。

供花の出し方についてはコチラ

弔電のご案内

弔電は、基本的に通夜・葬儀の前日までに送るのがマナーです。遅くとも、葬儀の開始時刻までには届くように申し込みましょう。

宛名は喪主宛としてフルネームで送りますが、喪主名が不明の場合は、「故○○○○様(故人のフルネーム)」「ご遺族様」を併記します。企業や団体が主催する場合は、葬儀責任者、部署、主催者宛にします。差出人はフルネームで、故人との関係がわかるような書き方をするようにします。

弔電の出し方はコチラ

浦安市斎場の周辺で食事・買い物ができるお店

食事ができるお店

葬儀の空いた時間に少し休憩をとったり、精進落としをしたり、そんな使い方ができるお店をいくつかピックアップしてみました。葬儀は待ち時間の過ごし方も一つのポイントです。休憩場所がない、みんな揃って食事をするところがわからない…という事態を避けるために、浦安市斎場周辺のお店をいくつか知っておくと便利です。

  • 丸志げ ( 千葉県浦安市当代島1-6-17 )
  • 三ぶちゃん ( 千葉県浦安市北栄1-15-10 )
  • 日本料理 浜風 ( 千葉県浦安市舞浜1-6 東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾート 1F )

買い物ができるお店

香典袋やお数珠を忘れてしまったり、ペットボトルの飲み物が必要になったりした場合は、コンビニが便利です。大抵のものがそろっているのですぐにそろえられ、ちょっとした日用品も購入できます。浦安市斎場の近隣はデイリーヤマザキ1店のみですが、浦安駅や舞浜駅周辺にコンビニがたくさんあります

  • デイリーヤマザキ 浦安千鳥店 ( 千葉県浦安市千鳥12−7 )
  • ローソン 浦安見明川店 ( 千葉県浦安市弁天3丁目2−97 )
  • NewDays 舞浜 (千葉県浦安市舞浜26−5 改札外 ホテルドリームゲート内 駅2F_)

まとめ

浦安市斎場は公営斎場ながら、民間に劣らないキャパシティと利便性の高さを誇る、使いやすい斎場といえます。火葬場併設で100名の参列者にも対応でき、参列者の方に負担がかかりません。静かな雰囲気は簡素過ぎず静謐な雰囲気を保っており、お別れの場として申し分ないといってよいでしょう。駐車場が広く車で来場しやすいので都心にお知り合いが多い方も便利です。浦安市にお住まいの方はぜひ利用をご検討ください。

葬儀・家族葬のご相談なら「いい葬儀」

浦安市斎場での葬儀を希望する場合、近くの葬儀社に問い合わせて空き状況を確認できます。資料や見積もりを当日発送してくれる葬儀社も多いので、複数社を比較して検討できると安心です。

また、浦安市斎場の中は見学することも可能です。浦安市斎場で葬儀を考えている方も、万が一の時に備えておきたい方も、大切なお別れの時間を過ごす斎場を自身の目で確認しておくのもよいでしょう。

葬儀をお急ぎの場合や、どの葬儀社に問い合わせたらいいか分からないといった場合には、まず「いい葬儀」にご相談ください。お客様それぞれの状況に合った葬儀のご提案を行うほか、安心して葬儀をあげていただけるよう、葬儀社や斎場の口コミをもとに厳選された優良葬儀社の中から、お客様にとって最良の葬儀社をご紹介します。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

お気軽にご相談ください (24時間受付)