身内が亡くなった年の暑中見舞いは控えるべきなのでしょうか【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,815

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 身内が亡くなった年の暑中見舞いは控えるべきなのでしょうか

身内が亡くなった年の暑中見舞いは控えるべきなのでしょうか

暑中見舞いのほか、毎年のお中元やお歳暮などを用意するとき、
ご自分や贈る相手が「喪中」だった場合、「今年は控えたほうが良いのではないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
結論から言うと、暑中見舞いやお中元・お歳暮のやり取りをしても何ら問題ありませんので、ご安心ください。
 
暑中見舞いは、喪中の場合にお送りすることの多い寒中見舞いと同じ、季節ごとに相手を気遣う用途の挨拶状です。
 
喪中かどうかというのは、あいさつをするかどうかには関係がないと考えてくださいね。
 
一般的に喪中とは、お身内が亡くなった場合に、新年のお祝いや結婚などの慶事・喜びごと全般、そして、遠方への旅行などを控えて、亡くなった故人の冥福を祈りながら、慎ましやかに過ごす期間のことです。
 
明治までは、法律で故人との関係ごとに細かく「服喪期間」というのが定められていて、
期間中は外出や人に会うことも控え、喪服を着て過ごしていたそうです。
 
現代においては、お祝いや旅行を控える程度に簡略化され、
四十九日までを「忌中」、
一周忌までを「喪中」として、普段とほぼ変わらない生活を送るようになっています。
 
ご質問に話を戻すと、暑中見舞いやお中元・お歳暮というのは、何らかのお祝いごとではなく、あくまでも「お世話になっております」という「あいさつ」ですから、たとえあなたや先方が喪中であっても、これまでと変わらずお贈りしても良いものなのです。
 
ただし、一点だけ、お中元やお歳暮の場合に注意すべきなのは、お送りする際につける「のし」の種類です。
 
通販やデパートなどで用意されている「のし」には、通常、紅白の水引が印刷されていますが、これは喪中にはふさわしくありません。水引が印刷されていない無地の「のし」に変更してもらいましょう。
 
ということで、今回のご質問
 
身内が亡くなった年の暑中見舞いは控えるべきなのでしょうか
にお答えしました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り