「喪主」とはだれがなるものなのでしょうか【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,814

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 「喪主」とはだれがなるものなのでしょうか

「喪主」とはだれがなるものなのでしょうか

喪主とは誰がなるものなのかというお話の前に、喪主とは何か、そして施主とはどう違うのかということをお話しておこうと思います。
 
喪主とは、故人を忌上げまで弔い、ご葬儀や法要などの全ての祭祀を執り行う責任者のことです。加えて、外部からの弔意を受ける代表者でもあります。
 
ご葬儀や法要など、都度の儀式のときだけではなく、お墓に関しても継承者として受け継いでいきます。
 
そして、施主とは、その都度の儀式において、主に費用面を負担して、儀式の運営を取り仕切る人のことです。
 
一人で喪主と施主を兼ねるケースが多いのですが、もちろん、喪主と施主を別の人が務めることもあります。
 
たとえば、親御さんを亡くした喪主がまだ若い方であるという場合などは、
そのご葬儀には別途ご親戚などが施主として手助けをすることもあります。
 
混同されがちな喪主と施主ですが、その役割には明確な違いがある。ということを知っていただいたところで、
今回のご質問の、「では、喪主は誰がなるものなのか?」を考えてみましょう。
 
喪主は、亡くなった方の配偶者であったり、お子さんであったりと、故人との関係が近い人が務めることが一般的です。
 
ちなみに、現代において、喪主になってはいけない人はいません。
女性であっても、たとえ他の家に嫁いだお嬢さんであっても、問題なく喪主になることができます。
 
喪主になる人の候補としては、
1 残された配偶者、
2 長男、次男、三男、
3 長女、次女、三女
で検討されるご家庭が多いようです。
 
もし、家族の中で、誰が喪主を務めるか迷った場合は、先ほどご紹介した、喪主の役割を念頭に置いて考えてみましょう。
 
仮のケースとして、
高齢のお父さんが亡くなって、同じく高齢であるお母さんが喪主を務めるか、それとも息子さんが務めるかで迷ったときは、
今後長く喪主を務めていけるかどうかを考えると、息子さんのほうが適していることになりますし、
 
お母さんが今後も問題なく元気だという場合は、
配偶者であるお母さんが喪主となり、息子さんは施主としてサポートするという考え方もできるでしょう。
 
血縁や、故人との関係が近いという考え方に加えて、
喪主の役割を全うできる人という視点でも検討されてみてください。
 
ということで今回のご質問
「喪主」とはだれがなるものなのでしょうか
についてお答えしました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り