ペット葬はどのように行うのでしょうか【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,810

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > ペット葬はどのように行うのでしょうか

ペット葬はどのように行うのでしょうか

ペットブームと言われるようになってからしばらく経ちました。
ワンちゃん、猫ちゃんのほか、小鳥や小動物を飼われている方も大勢いらっしゃるかと思います。
 
ペットは、飼われている方にとっては、大切な家族の一員ですよね。
 
私も小さな頃からインコを飼っていて、昨年からは大きなオウムも飼いはじめましたので、亡くなってしまった時のことについては他人事ではありません。
 
ということで、今回は、ペットが亡くなってしまった場合についてお話したいと思います。
 
飼っていたペットが亡くなってしまった時、ひと昔前なら庭や裏山などに埋葬していたなんていう時代もありましたが、現代ではなかなかそうも行かなくなりましたよね。
 
ペットが亡くなった場合、その火葬を自治体に依頼するか、ペットを火葬できる設備を持った、ペット葬儀の民間業者に依頼するかに分かれます。
 
自治体で火葬する場合は、清掃局に依頼するのが一般的です。
費用は数千円かかり、通常、他のペットと合同で火葬されますので、お骨は戻りません。
 
自治体によっては、地域の火葬場で、個別火葬の対応をしているところもありますので、地域の火葬場が個別対応をしてくれるのかどうかを、
その費用も含めて確認しておくと良いでしょう。
 
個別火葬で必ずお骨を戻してほしいという場合は、民間のペット葬儀業者に依頼するのが確実です。
 
火葬費用は、ペットの大きさや重さ、飼い主が立ち会うかどうかによっても変わりますが、数万円は見ておきましょう。
 
火葬の方法も、火葬の設備を備えた施設に持ち込んだり、移動式の火葬車で訪問してもらったりと、
業者によって提供するサービスは異なりますので、
依頼前に、料金と火葬の方法のほか、
火葬に立ち会えるかどうかなどを確認しておきましょう。
 
 
また、業者によっては、お葬式のようなお別れのセレモニーも可能です。
 
ペットが亡くなってから火葬まで日が空く場合は、ご自宅で安置しておく必要があります。
 
その際は、ダンボール箱の中にペットシーツなどを敷き、その上に寝かせてあげたうえで、布で包んだ保冷剤などをお腹や頭にあてて毛布などを掛け、ご遺体が傷まないよう保全してください。
 
見送ったあとの手続きについてですが、飼われていたペットに血統書があった場合は、登録団体へ連絡し、所定の手続きをされてください。
 
また、亡くしたペットがワンちゃんの場合は、保健所で飼い犬登録の抹消手続きが必要です。
 
また、ペットを個別火葬したあとのご遺骨は、ペット霊園での供養や、ご自宅で手元供養するなどで、供養してあげてください。
 
ということで、今回のご質問
ペット葬はどのように行うのでしょうか
についてお答えしました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り