合同葬とはなんでしょうか【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,811

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび

合同葬とはなんでしょうか

合同葬とは、企業の経営者や従業員が亡くなった場合に、企業と遺族が合同で執り行うお葬式のことです。
 
合同葬を知っていただくために、合同葬ではないお葬式を紹介すると、
 
まず、最も一般的なのが、個人で営まれる個人葬です。
これは、一般葬や家族葬など、遺族が主体で執り行う、全てのお葬式のことです。
 
個人で営まれるお葬式の趣旨は、主に亡くなった方の死を悼み、見送ることで、
通常、その家の宗教形式にのっとって営まれます。
仏式の場合はその供養の始まりとも言える儀式となります。
 
多くの場合で、弔意を受ける代表である喪主と、
儀式を執り行い、費用を負担する施主が同じか、喪主と施主を分ける場合でも同じ遺族の中で受け持ちます。
 
 
次に、企業の経営者や、役員、従業員などが亡くなった場合に、企業が主体となって執り行うのが社葬です。
 
企業が主体となって執り行われる社葬は、もちろん、亡くなった故人の死を悼む目的もありますが、
 
そのほか、故人のこれまでの業績や、代表者が亡くなった場合は、後継者への代替わりやその後の体制を知らしめるという役割もあるものです。
 
個人葬に比べて宗教色が薄く、無宗教で営まれる社葬も少なくありません。
 
社葬には、社員や取引先など、企業の関係者が多く参列することから、
個人で営むお葬式に比べて大規模になるのが一般的で、
社葬に関わるその費用一切は、その企業の経費で賄われます。
すなわち、社葬の施主は企業というわけです。
 
また、社葬、多くの場合で、亡くなってからひと月以上経ったのちに営まれますので、ご遺族が主体となった、個人で営むお葬式は、すでに終えられているのが通常です。
 
ここまで、個人で営む個人葬と、企業が営む社葬について、簡単にご紹介しましたが、この中間とも言えるのが、今回のご質問にあった、合同葬です。
 
費用負担は遺族と企業、双方で相談しながら受け持ち、たとえば、お布施は遺族が、葬儀費用の支払いは企業が負担するなど、言葉の通り、合同で執り行われます。
 
亡くなった直後に通常のお葬式として営まれることも多く、この場合は、密葬と本葬というように時期を分けることはありません。
 
合同葬は、時間の限られた中で遺族と企業が協力しつつ、どちらの意向も汲みながら進める必要がありますので、
事前準備の中で、万一の際の取り決めをしておくことが成功の秘訣とも言えます。
 
ということで、今回のご質問
合同葬とはなんでしょうか
についてお答えしました。

社葬についてもっと知りたい方は社葬・お別れ会のすべてをご覧ください。
社葬専任スタッフが貴社の悩みを解決いたします。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り