家族が亡くなった場合、神棚はいつまで閉じておけばいいのでしょうか【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,811

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 家族が亡くなった場合、神棚はいつまで閉じておけばいいのでしょうか

家族が亡くなった場合、神棚はいつまで閉じておけばいいのでしょうか

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。

今回いただいたご質問は
“毎年新年に氏神様に御札を頂き、神棚もおまつりしています。家族が亡くなったら 神棚は閉じると教わったのですが、いつまで閉じておけばいいのでしょうか ”ということなんですね。

神道では、死を穢れと考えていることから、その家でご不幸があったときには「神棚封じ」と言って、半紙などの白い紙を張ったり、扉を閉じたりして、神棚を封印します。
 
神棚とは、ご自宅や事業所にある
「小さな神社」ですから、そこにいらっしゃる神様に穢れが及ばないようにしているというわけなんです。
 
この紙を貼る作業ですが、本来は、家族ではなく、穢れが及んでいない第三者が行うものとされていますが、今では家族が行うことが一般的になっているようです。
 
もし気になるようであれば、葬儀社さんがご自宅へ打合せにいらっしゃる時にでもお願いしてください。
 
ちなみに、仏教には穢れという考え方はありませんから、仏壇を封じることはありません。仏壇があるご家庭は、普段通りにされてください。
 
さて、ご質問をいただいた神棚封じの期間は、忌明けまでの50日間とされています。
忌明けを迎えたら、貼ってあった白い紙を外し、神棚封じを解きます。
 
日本では、仏教のお宅でも神棚を祀っているというケースが少なくありませんが、仏教の四十九日法要とは考え方が違います。
 
 仏式での法要が終わったことで神棚封じを解くのではなく、神棚に関しては神道の考え方を採用して、封印を解くのは50日目としてください。
 
神棚を封じている期間は、毎日の拝礼やお供えなどは中止し、静かにしておきましょう。
 
以前、あやまって途中で封印を剥がしてしまったというご質問をお受けしたことがありますが、この場合は、塩などで清めてから貼り直せばよいかと思います。
 
ということで、今回のご質問
“毎年新年に氏神様に御札を頂き、神棚もお奉りしています。家族が亡くなったら 神棚は閉じると教わったのですが、いつまで閉じておけばいいのでしょうか”
にお答えしました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り