喪中のお正月の過ごし方について教えてください【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,811

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 喪中のお正月の過ごし方について教えてください

喪中のお正月の過ごし方について教えてください

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。

今回いただいたご質問は“喪中のお正月の過ごし方について教えてください”というふうなんですけれども、皆さんご存知のとおり喪中はお祝い事を避けるというのが通例です。

まず、お正月とはそもそも何をお祝いするのか?というところからお話ししたいと思うんですけれども、日本のお正月というのは本来、新しい年の五穀豊穣を司る神様である、年神様をお迎えすることをお祝いするものなのですね。
そのお祝いのために、年末の大掃除で家を綺麗に清めて、門松や鏡もちなどのお供えを飾って、年が明けたらおとそで清めて、おせち料理ですとかお雑煮といったご馳走を囲む。これは全て、年神様を心から歓迎するというところから来ているんですね。
 
ご質問の、喪中のお正月の過ごし方なんですけれども、古くは仏教が伝来する以前から、神道を代表とする日本の信仰では、死を穢れとして考えられてきているんです。
そして、この穢れは伝染るともされているため、神様からは遠ざけなければならないと考えられてきました。
お正月の年神様というのも同様で、年神様に穢れが伝染ってしまっては、その土地の五穀豊穣にも影響が出てしまう、というふうに考えられていたせいで、喪中の家は年神様をお迎えする行事からは遠ざかって参加せず、静かに過ごしていたのですね。
そのなごりで、現代になっても、喪中の家庭ではお正月をお祝いしないのが一般的なのです。
 
神社への初詣ですとか、お正月飾り、年賀状、近隣へのあいさつ回りなど、お正月を祝うことは基本的には行いません。
初詣をどうするかを詳しくお話しますと、神社によってはなんですが、喪中で参拝を避ける期間、これを一年としているところもあって、または50日間としているところもあるんですね。ですので神社ごとに確認というのは必要なんですけれども、本来の意味を考えると、初詣で神社に行くというのは避けたほうがいいかもしれません。
 
しかし、お寺へのお参りというのは全く問題ないんですね。もともと仏教には、穢れという概念がありませんから、お寺へのお参りやお墓参りをしても全く問題はありません。
 
喪中ということで、普段と過ごし方の違う静かなお正月になりますけれども、小さなお子さんのいるご家庭では、毎年楽しみにしているお年玉までお休みしてしまってはかわいそうかもしれませんね。この場合は、本来の喪中の意味合いですとか、どうして今年はお正月をお祝いしないのかという由来を教えてあげた上で、お小遣いとして渡してあげてもいいかもしれません。
 
ということで、今回のご質問、“喪中のお正月の過ごし方について教えてください”にお答えしました。ありがとうございました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り