お葬式はなぜ高い

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
葬儀費用の目安

305,390

(1999/10/06〜2017/12/17現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび

お葬式はなぜ高い

高いからこそ慎重に

葬儀の相談お葬式の費用のほんとうの相場は、日本消費者協会の調査が出した全国平均236万円という金額ではなく、もっと低めの120~150万円くらいだということは、「葬儀費用の目安」のところで触れました。

しかしそれでも、100万円をこえるわけですから、「安い」とはとても言える金額ではありません。
普通のサラリーマンなら100万円をこえる買い物は、一生のうち、車と家くらいでしょう。
それ以外では、そんなに大きな金額の買い物はほとんど無いのです。

つまり、「お葬式」というものは「高い」ものなのです。
だからこそ、それだけの金額を出す買い物だからこそ、いい加減な買い物をして欲しくないのです。

車を買う時に、すべてセールスマンの言いなりになりますか?
家やマンションを選ぶ時、営業員の言うがままで決めてしまいますか?
お葬式も同じです。
じっくりと話を聞き、慎重に考えてお葬式を行って欲しいのです。

費用のかなりの部分が人件費

でもお葬式は、なぜこんな金額になるのでしょうか?
実はお葬式の費用の、もっとも大きい部分は、人件費です。
見積書を見ると、はっきりと「人件費」と書いてあるケースは少ないですが、祭壇料と呼ばれる費用の一部、基本料金と呼ばれる費用のかなりの部分が、人件費にあてられています。

どんな小さなお葬式でも、葬儀社は最低3~4人のスタッフが3日くらいの間、つきっきりになります。
「いや、うちのお葬式では、2人だったよ」という人もあるでしょう。
しかし本当は、遺族と接しているスタッフ以外でも、会場を手配したり、会場の準備をしたり、祭壇を組み立てたり、料理や香典返しを準備したり、駅からの道で参列者の案内をしたり、霊柩車を運転したり、いろんなスタッフが関わっているのです。
こうした人たちをのべ人数で計算すると、最低でも10人が関わっていると言えるでしょう。

近所の人に手伝ってもらうかわりに

30~40年前くらいまでは、こうしたことは、すべて隣組や近所の人たちがやってくれていました。
ただ最近では、地域の関係が希薄になっていると同時に、「手伝ってもらう」ことを負担に感じる人が増えてきました。
近所の人に「手伝ってもらう」くらいならば、お金を払って、葬儀社にやってもらったほうがいい、と。

お葬式の費用のかなりの部分は、こうした「面倒なこと」を、代わりにやってもらうための費用だということも、憶えておくといいでしょう。

葬儀相見積代行

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り