日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
ナウエルホールまほろば ナウエルホール高畠 高畠町斎場

PR ナウエル典礼

高畠町での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

高畠町での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

山形県東置賜郡高畠町は、県の南東に位置する人口約2万4,000人の町です。 農業の盛んな町として知られ 、全国に名を轟かせるデラウエア(ぶどう)の生産量は日本一を誇ります。その他にも、さくらんぼやりんご、ラ・フランスなどの果物や米、まつたけ、牛肉といった特産品もあります。また、ジュースやジャム、ドレッシングといった農産加工品も有名です。

高幡町は、2004年に公開されたジャズを題材とした映画のロケ地に選ばれ、町の県立高校などが撮影に使用されました。

今回の記事では山形県高畠町の葬儀斎場や火葬場へのアクセス方法、費用や自治体の補助金制度などについて解説します。

山形県高畠町で実績の多い葬儀社・葬儀式場

ナウエルホール高畠には、さまざまなプランが用意されています。「こだわりの葬儀にしたい」「コストを抑えたい」など希望がある場合には、それらに応じて見合ったプランを提案してもらえます。

ホールは190名収容できるため、大人数での葬儀にも対応可能です。施設内に霊安室はありませんが、自宅でご遺体を安置できない場合には、施設内にある通夜会場を利用できます。家族や親族の宿泊もできるので、自宅と同じように過ごせます。

ナウエルホールまほろばは、家族葬などの小規模な葬儀をしたい場合などに利用しやすい斎場です。ナウエルホール高畠と同様、ナウエルホールまほろばも通夜会場を利用してご遺体を安置することができます。故人と最期の時間を家族で静かに過ごすことができます。

葬儀を行う斎場は、斎場までの交通手段、収容人数、駐車場の有無などをふまえて選びます。また、故人やご遺族が希望されるこだわりの葬儀を叶えられるかどうかということも、斎場選びの重要なポイントです。葬儀に関する希望がある場合は、どんな小さなことでも相談してみることをおすすめします。

また、費用には見積書を作成してもらい、事前に大まかな金額を把握しておくようにしましょう。もし予算が足りないようなら、プランの変更を申し出るなど、スタッフとよく相談し、不安を取り除いたうえで葬儀を執り行いましょう。

山形県東置賜郡高畠町の中でも、とくに実績が多く、幅広いプランに対応している葬儀社をご紹介します。

ナウエルホール高畠

ナウエルホール高畠は、アットホームな中にも厳かな雰囲気が漂う、シンプルで落ち着きのある斎場です。ご遺族の希望を第一に考え、いつでも最善のプランを提案してくれます。

高畠駅からタクシーで約10分。敷地の向かいには野球場があるので、葬儀中にサイレンが聞こえてくるなど、故人が野球好きだった場合にはたまらないハプニングがあるかもしれません。

駐車場は120台収容可能なので、マイカーでお越しの際にも気兼ねなく駐車できます。高畠町斎場の目前という好立地にあり、移動も難なく行えるでしょう。

霊安室はありませんが、独立した専用入口のある通夜会場、大人数から小人数まで対応できる可動式間仕切完備の葬儀場、ゆったりと使える会食会場など、最期の一日を心ゆくまで故人とともに過ごせます。

施設詳細

斎場・葬儀場名ナウエルホール高畠
住所山形県東置賜郡高畠町大字高畠1327-2
アクセスJR「高畠駅」からタクシー約10分
施設・設備・ホール1(中ホール):190名
・駐車場:120台
※霊安室:なし

ナウエルホールまほろば

ナウエルホールまほろばは、ナウエルホール高畠と同様、ナウエル典礼が運営する斎場です。そのため、ナウエルホール高畠でできることは、まほろばでも可能です。病院への故人のお迎えや身支度、ご遺族に寄り添った葬儀、アフターフォローまで、安心して任せることができます。

たとえば、予算をできる限り抑えたいという場合なら、必要最低限のものをそろえたプランを。また、故人が大正琴を演奏するのが好きだったといった場合には、大正琴の形に生花祭壇をデザインし、大正琴を弾いている写真のスライドショーなどを設置できるプランを。希望に合わせて臨機応変に対応してくれます。

高畠駅から徒歩4分ほどとアクセスもよく、近隣にはスーパー・コンビニなどのお店やホテル、飲食店などもあります。施設内には宿泊できる部屋があり、遠方より来られる弔問客にもやさしい設備が揃っています。駐車場もあるため、マイカーの利用もできます。

施設詳細

斎場・葬儀場名 ナウエルホールまほろば
住所山形県高畠町福沢434-2
アクセスJR「高畠駅」から徒歩約2分
施設・設備

葬儀をあげるときの自治体の補助金について

葬儀費用は普段なじみがないため、どれくらいの金額が必要なのかわからず、不安になるものです。結婚式などの慶事と違って突然必要になるものですし、金額も大きいため支払い額に驚かれることもあるでしょう。

最近は、家族葬など一部の人にしか知らせず、規模の小さな葬儀を行うケースが増えています。この場合、葬儀費用はそれほど高額にならないこともありますが、 それでもやはりご遺族の負担になるものです。

こんなときに利用したいのが自治体からの補助金です。ある一定の基準を満たせば、自治体から、葬儀にかかる費用の一部を「葬祭費」として受給できる制度があります。

高畠町の葬祭費

高畠町では、国民健康保険の被保険者が死亡した時、50,000円が支給されます。

葬祭費5万円
支給方法亡くなられた方が国民健康保険、もしくは後期高齢者医療制度に加入していた町の町民課 医療給付係に申請します。
申請できる方葬祭を行った喪主の方
申請に必要なもの・亡くなられた方の保険証(回収されます)
・申請者の印鑑
・振込口座の通帳など
・死亡の事実が確認できるもの (埋・火葬許可証など)
・葬祭費用の領収書など
・運転免許証など申請者の本人確認ができるもの

山形県高畠町の火葬事情

高畠町斎場

山形県東置賜郡高畠町では、高畠町斎場で火葬できます。 JR奥羽本線「高畠駅」からタクシーで約10分ほどのところにあり、駐車場も完備されているため、マイカーを利用することもできます。

高畠町斎場の火葬料金は、町内在住の方は「町内料金」で利用できます。町内料金は、13歳以上が5,000円、13歳未満が3,000円、死産児が2,000円です。高畠町以外に在住の方は、13歳以上が30,000円、13歳未満が15,000円、死産児が5,000円です。

町内料金で利用できる条件は、亡くなった方が、高畠町の住民基本台帳に記録されているか、または外国人登録原票に登録されている場合です。死産児は父親、または母親が当該死産児の出産時に高畠町の住民基本台帳に記録されている、または外国人登録原票に登録されている場合です。

また、介護等の事由により、本町以外の福祉施設などに入所している方が死亡した場合は、入所直前まで本町の住民基本台帳に記録されていた方は町内料金が適用されます。

高畠町斎場には安置室や霊安室がありません。そのため自宅でご遺体を安置できない場合は、集会場や民間の葬儀社等で安置しなければなりません。また、通夜・告別式などを執り行える葬儀式場もないため、葬儀を行いたい場合は、自宅や集会場、民間の葬祭場などを利用することになります。霊柩自動車の運行もないため、ご遺体の搬送は事前に葬儀社や寝台業者へ依頼する必要があります。

斎場名高畠町斎場
所在地山形県東置賜郡高畠町大字高畠1193
アクセスJR山形線「高畠駅」からタクシー約10分
施設・設備・ 火葬炉 2基
・ 炉前ホール 1室
・ 待合ロビー・待合室 1室
備考 安置室・霊安室なし、 葬祭場・式場なし、 霊柩自動車なし

山形県高畠町の主な式場

山形県高畠町には、特徴あるさまざまな斎場があります。葬儀をする際は、希望の葬儀ができるかどうか確認してから選ぶようにしましょう。

例えばナウエル典礼は、山形県を広くカバーする総合葬祭会社です。11のホールと13の通夜会場があり、ご遺族の心に寄り添った葬儀を執り行える葬儀社です。
葬儀のプランはさまざまありますが、オプションをつける考えがない場合や、必要なものが必要な分だけ揃ってさえいれば良いとお考えの場合には、定額プランがおすすめです。その他にも故人やご遺族の希望を叶えるオプションもあるので、気になることがあれば、どんな些細なことでも事前に尋ねておきましょう。事前相談も快く受け付けてくれます。

運営主体斎場名住所アクセス
民営斎場ナウエルホール高畠東置賜郡高畠町大字高畠1327-2JR「高畠駅」からタクシー約10分
民営斎場ナウエルホールまほろば高畠町福沢434-2JR「高畠駅」から徒歩約2分

葬儀・家族葬の流れは地域によって異なり、通夜・葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」と、葬儀・告別式を行う前に火葬を行う「前火葬(または骨葬)」の2通りが存在します。「後火葬」は北海道(一部地域を除く)、関東、関西、九州などの地域で行われることが多く、「前火葬」は主に東北、沖縄、離島で行われています。また、前火葬を行う東北地方の中でも、通夜の前に火葬を行う地域(青森、秋田)と、通夜の後に火葬を行う地域(岩手、宮城、山形)といった違いが見られます。

以下では「前火葬」の葬儀・家族葬の流れをご紹介します。

1.納棺・通夜

納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。納棺を済ませたら、通夜式を行います。読経・焼香の後、喪主または親族代表が挨拶をし、お清め料理などで弔問客をもてなします(通夜振る舞い)

2.出棺

故人と最後のお別れの儀式です。故人をお花で飾り(別れ花)、別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。

3.火葬

火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。

4.葬儀・告別式

葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで葬儀・告別式を執り行います。

5.初七日・百か日法要(繰り上げ法要)

葬儀・告別式の後、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。

6.葬儀終了後

自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

高畠町では、国民健康保険の被保険者が死亡した時、50,000円が支給されます。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

関連記事

お気軽にご相談ください (24時間受付)