24時間無料相談

東大和市の葬儀社・葬儀式場・火葬場/葬儀費用の目安と葬祭費の受給方法

葬儀に関する無料相談受付中

相談無料 - 専門相談員が丁寧に対応します
0120-951-774
24時間365日無料相談
ご危篤・ご逝去の方はこちら
最短1時間程度でお迎えにあがります

PR コムウェル

東京都東大和市の火葬事情

東大和市内には火葬施設がありません。そのため、周辺の公営・民営の火葬場を利用することになります。公営の火葬場は、亡くなった方が運営している自治体の住民か否かで料金が大きく異なる場合が多く、かえって高額になってしまう可能性があります。

多磨葬祭場

府中市の多磨霊園に隣接する民営の「多磨葬祭場」は、東大和市民でも府中市民でも火葬料は変わりません。JR中央線で武蔵小金井駅に向かい、駅からタクシーで10分とアクセスも比較的良好です。多磨葬祭場には「特別室」「最上等室」「特別殯館」と3つのタイプの火葬室があり、いずれもつややかな大理石に囲まれています。館内にはエレベーターやエスカレーターも完備されており、高齢の方や身体の不自由な方でも安心して参列できます。

18室ある待合室も間取りや内装は多種多様で、重厚かつ華やかな雰囲気のなかで故人との別れを惜しむこともできます。ちなみに、多磨葬祭場は喪主や遺族の方が直接予約を取ることはできません。必ず葬儀社を通して申し込みをすることになります。

また、お菓子や飲み物は館内で購入できますが、斎場の周囲には飲食物を購入できる施設がありません。サンドイッチとおにぎりに限り持ち込みが可能なので、駅などで前もって買っておくとよいでしょう。

同様に立川市にある立川聖苑も利用が可能です。火葬炉は7基ある、比較的規模の大きな火葬施設で、待合室も6室あります。このほか、東京都西多摩郡瑞穂町にある瑞穂斎場を利用することもあります。

斎場名多磨葬祭場
所在地 東京都府中市多磨町2-1-1
アクセスJR中央線「武蔵小金井駅」からタクシー約10分
施設・設備最上等:8基
特別室:4基
特別殯館:2基
待合室(休憩室):17室
備考
斎場名 立川聖苑
所在地 東京都立川市羽衣町3-20-18
アクセス JR南武線「西国立駅」から徒歩約10分
施設・設備 火葬炉:7基
待合室 :6室
告別室 :2室
駐車場:バス8台・乗用車27台
備考
斎場名瑞穂斎場
所在地東京都西多摩郡瑞穂町富士山栗原新田244
アクセス・JR八高線「箱根ヶ崎駅」東口からタクシーで約5分(徒歩の場合は25分)
・JR青梅線「羽村駅」東口からタクシーで約15分または、「拝島駅」南口からタクシーで約20分
・西武池袋線「狭山ヶ丘駅」西口からタクシーで約20分
施設・設備・待合室10室(洋室8室・和室2室。各部屋の定員24名~48名)
・待合ロビー
・火葬炉8炉
・告別室
・炉前ホール
・収骨室
・大式場(150名)※椅子席
・中式場(70名)※椅子席
・小式場(40名)※椅子席
・保管室4室
・売店(喫茶コーナー)
・駐車場250台(障害者用2台、マイクロバス用6台)
備考祭壇・花環については利用上の制限があります。詳細については組合事務所にお問い合わせください。

東京都東大和市で実績の多い葬儀社・葬儀式場

コムウェルホール小平

「コムウェルホール小平」は東久留米市柳窪に位置しており、西武新宿線「小平駅」から徒歩15分でアクセス可能な葬儀専門の会館です。12台の駐車場を完備しているため、車での来館も可能です。

また宿泊設備も備え、遠方から来られたご親戚の方も、ごゆっくりとお別れまでの時間を過ごすことができます。

「コムウェルホール小平」は民間企業が運営するホールのため、宗教を問わず葬儀を行うことができます。

また葬儀プランも、ご親族を中心に行う「家族葬」や「一般葬」、葬儀を一日で執り行う「一日葬」、火葬のみのシンプルな「火葬式(直葬)」はもちろん、大規模な「社葬・お別れ会」、故人の好きな音楽を流して行う「音楽葬」なども選ぶことができます。特に「音楽葬」はBGMを流すタイプほか、実際のバイオリンやピアノ奏者の方をお呼びすることも可能で、生演奏で臨場感あふれる演出でお別れの場を彩ります。

施設詳細

斎場・葬儀場名コムウェルホール小平
住所東京都東久留米市柳窪4-7-9
地図
アクセス【電車でお越しの方】
・西武新宿線「小平駅」から徒歩15分
施設・設備評価が高い / 駐車場 / 安置施設 / 付添・仮眠可 / 100名以上可

料金プラン (税抜)

会員価格一般価格
15万円20万円

東大和市で葬儀をあげるときの自治体の補助金やサービスについて

葬祭費が突然必要になったとき、まとまった金額をすぐに用立てるのは難しいこともあります。各自治体では、国民健康保険の加入者を対象に、葬祭費名目の補助金を支給する制度が設けています。ただし、葬儀社からの請求など期日の迫った支払いには対応できないことも考えられます。あくまで補助的な給付金として捉えておくようにしましょう。

また、東大和市では葬儀が華美なものになって費用負担が増えないよう、葬儀社と協定を結んだ、市民葬儀もあります。

東大和市の葬祭費

東大和市では、国民健康保険の被保険者が亡くなられた場合、葬祭費が支給されます。対象は、国民健康保険被保険者の葬儀を行った喪主で、喪主自身が国民健康保険被保険者である必要はありません。また、葬祭費は、葬儀を行った日の翌日から2年間経過すると時効により申請できなくなるため、早めに申請することをおすすめします。

葬祭費5万円
支給方法必要書類を準備して、東大和市役所保険年金課国民健康保険給付係にて申請を行ってください。
申請できる方申請できるのは、亡くなられた国民健康保険被保険者の葬儀を行った喪主です。喪主自身が国民健康保険被保険者でなくても支給されます。
申請に必要なもの・喪主および亡くなった方の氏名の入った葬儀会社等発行の領収書
・印鑑(自動浸透印不可)
・国民健康保険被保険者証
・喪主名義の金融機関口座等、振込先のわかるもの

埋葬料・埋葬費

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。
故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に埋葬料が支給されます。また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。
また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給されます。
申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

東大和市の市民葬儀

東大和市では、葬儀が華美になるのを抑え、市民の方の経済的負担を軽減することを目的に、標準的な葬儀に必要な最小限の内容で質素に葬儀を行う市民葬儀があります。

4種類の祭壇の種類によってそれぞれ価格が設定されており、希望のものを選ぶことになります。また、それらの費用には祭壇だけでなく、祭壇用品一式や、柩、納棺用の品、骨壺、受付回りの備品、ろうそく、線香、さらに霊柩車の費用なども含まれています。

ただし、これらの備品を使用しなかった場合も費用に変化はありません。また火葬料は含まれておらず、ドライアイスなどの料金も別途必要となります。

東大和市の葬儀社、斎場一覧

葬儀社、斎場名住所
セレモア 東大和会館東大和市南街1-11-9
セレモア ガーデン会館 玉川上水東大和市桜が丘2-208-1
ドリーミーホール東大和東大和市芋窪5-1127-1
格安葬儀 合縁東大和市清原3-1-21-401
お葬式のファミリア東大和市芋窪6-1367-3
総合共済友の会東大和市新堀3-13-19
三宝僧徒会東大和市蔵敷3-766
あんしん葬祭斎場東大和市南街2-1-4
とみん葬祭東大和市清原2-1279-7
第3ハヤブサマンション
葬儀支援サービス東大和市蔵敷3-863-8

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀(お葬式)が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

お葬式の葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

東大和市では、国民健康保険の加入者が死亡したときに、葬祭費として世帯主または葬儀執行者に5万円が支給されます。また、後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなった場合も、その方の葬儀を行った方に、葬祭費として5万円が支給されます。

【記事監修】小林 憲行
【記事監修】小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。
 

Flow
ご依頼の流れ

STEP01

まずはお電話ください

お客様のご状況に合わせて、葬儀のご案内をいたします。
お客様センターは24時間365日、専門相談員が常駐して対応しております。
最初のお電話で、以下の情報をお知らせいただけますとスムーズです。

STEP02

ご希望に合った葬儀社をご紹介

お客様のご希望をお伺いし、ご希望に合った葬儀社をご紹介します。
病院・警察からの移動が必要な場合は、葬儀担当者がすぐに伺い、指定の安置場所までお送りします。
※万一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能です。

STEP03

葬儀のお打ち合わせ/ご契約

安置が終わりましたら、葬儀社との打ち合わせを行います。
ご契約の前には、サービス内容や葬儀金額など、納得いくまでお話されることをおすすめします

お気軽に
ご相談ください

24時間365日無料相談 0120-951-774

葬儀に関する無料相談受付中