日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
亀岡市営火葬場 亀岡駅前ホール 亀岡篠ホール

PR 洛王セレモニー

亀岡市は京都市の西側に位置し、同市とJR山陰本線や国道9号線、京都縦貫自動車道などでつながっています。さらに大阪府とも接しており、電車だと京都まで約20分、大阪市までは約1時間という距離です。京阪神都市圏へのアクセスの良さは、通勤、生活あるいはレジャーという面での利便性の高さにつながっています。人口は令和2年4月1日時点で、京都府内第3位となる8万8,182人です。

そんな亀岡市には、利用実績の多い葬儀社・葬儀式場が複数立地しています。ご希望の形態・内容で葬儀を執り行えるように、各斎場の特徴を事前にしっかりと把握しておきましょう。

亀岡市の主な斎場・葬儀式場

火葬場亀岡市営火葬場京都府亀岡市下矢田町五反田34-1嵯峨野線亀岡駅から徒歩3分
民営斎場家族葬のらくおう 亀岡駅前ホール京都府亀岡市追分町八ノ坪5嵯峨野線亀岡駅から徒歩3分
民営斎場大井府民葬儀会館京都府亀岡市大井町並河3丁目249-1 嵯峨野線並河駅から徒歩8分
民営斎場家族葬のらくおう 亀岡篠ホール京都府亀岡市篠町篠赤畑19-3 嵯峨野線馬堀駅からタクシー5分

亀山市内には「家族葬のらくおう 亀岡駅前ホール」「大井府民葬儀会館」「家族葬のらくおう 亀岡篠ホール」などの民営斎場があります。「亀岡駅前ホール」と「亀岡篠ホール」は主に家族葬を専門としていて、大規模葬には対応していない斎場です。家族葬により身内だけでゆっくりと故人を見送りたい場合に適している斎場といえます。しかし式場の規模は小さくても、シャワー設備を備え快適に過ごせる親族控室が用意されているなど、設備・サービスの質は高いです。

「大井府民葬儀会館」は参列者100名まで収容できるホールを持ち、家族葬・一般葬を執り行うことができます。キッチンを備えた宿泊施設を備えており、ご遺族が葬儀の準備で疲れた体を休め、故人との最後の時間をゆっくりと過ごせる斎場です。

亀岡市で葬儀を執り行う際は、サービス内容、設備、立地場所、執り行いたい葬儀形態、ご予算などを考慮し、ご希望に沿った葬儀式場を選択しましょう。

亀岡市の火葬事情/火葬場紹介

亀岡市営火葬場

亀岡市で利用できる火葬場は「亀岡市営火葬場」です。火葬炉は3基、待合室は25名用が1室、10名用が1室の合計2室、収骨室1室を備えています。

使用料金は故人が亀岡市民の場合、満12歳以上だと1万5,000円、満12歳未満だと7,500円、乳児・死産児だと3,500円の負担が必要です。故人が亀岡市民ではない場合では、満12歳以上だと6万円、満12歳未満だと3万円、乳児・死産児だと1万5,000円かかります。火葬は1日計6回行うことができ、開始時刻は10時(死産胎盤のみ)、11時30分、12時30分、13時30分、14時30分、15時30分です。

立地場所はJR亀岡駅から2kmほど離れた場所で、駅からタクシーに乗車すると10分ほどで到着します。敷地内にある駐車場は、普通自動車を10台、マイクロバスを2台駐車できる広さです。

亀岡市の費用相場

亀岡市の費用相場は、京都府全体の相場にほぼ準ずると考えられます。府の平均費用相場は一般葬・家族葬が約80万円、一日葬では約43万円、火葬式では約24万円です。全国的に見ても特別高い、もしくは安いということはなく、平均的な価格帯といえます。

亀岡市の葬祭費・補助金制度

亀岡市では故人が国民健康保険の加入者である場合、葬祭を行った方を対象に、葬儀費用の負担軽減を目的とした葬祭費の支給を行っています。ただ、条件を満たしていても申請しないと支給はされませんので、喪主の方は忘れずに申請しましょう。申請先は亀岡市役所の環境市民部保険医療課国保給付係です。申請時に持参すべき物については、同係にて改めて詳細をお問い合わせください。

葬祭費5万円
支給方法葬祭を行った方・喪主に対して申請により支給
申請できる方 葬祭を行った方・喪主
申請に必要なもの・申請者の印鑑、預金通帳など振込先が分かるもの
・葬祭を行ったた方の本人確認書類
・および葬祭を行ったことを確認できる書類(会葬礼状や葬儀費用の領収書) など
※そのほか必要なものについては、亀岡市環境市民部保険医療課国保給付係にお問い合わせください。

亀岡市で実績の多い葬儀社・葬儀式場

家族葬のらくおう 亀岡駅前ホール

身内のみで故人をお送りする家族葬を中心に取り扱っている斎場ですが、館内にある式場ホールは参列者80名まで対応できる広さを持ち、一般葬も執り行うことができます。館内にはご親族が体をゆっくりと休めるように、テレビや冷蔵庫、シャワールームを備えた控室も設置。和室形式で自宅のように足を伸ばせます。全体として和の雰囲気があり、バリアフリーも完備されているので、高齢者の方もストレスなく時間を過ごせるでしょう。

施設までのアクセスも良好で、JR亀岡駅から徒歩3分の場所です。お車の場合も、府道403号線沿いに立地しているので道に迷わずに到着できるでしょう。駐車場は100台分の広さがあります。

家族葬のらくおう 亀岡篠ホール

こちらも主に家族葬を中止に取り扱っている斎場です。式場は最大で30名まで収容できる規模で、お身内の方が集まるには十分な広さといえます。シャワー室完備の親族控室は和室形式で居心地がよく、ご遺族は自宅のようにくつろぐことができるでしょう。亀岡駅前ホールと同様、安置施設を備えており、故人が亡くなられた後、ご自宅にお迎えできない場合は、斎場にてご安置できます。

立地場所は、JR馬堀駅から徒歩18分、タクシーで約5分の場所です。高齢者の方や持病をお持ちの方は、タクシーを使った方が体への負担は少ないでしょう。バスの場合は、駅から京阪京都交通バスに乗車し、篠バス停で下車してから徒歩3分ほどで到着します。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

関連記事

参列者数などによって料金は異なります。お見積りのご相談など、お気軽にお電話ください。