日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
ダビアスリビング相模原 相模原市営斎場

PR 神奈川こすもす

相模原市中央区は平成22年4月に誕生し、令和2年4月で区政開始10周年を迎えました。面積は市域全体の11.2%ほどですが、区内には市役所や税務署など、市の行政機関が集中して立地しています。区の人口は2015年の国勢調査時点で27万2,034人。中心部である相模原駅周辺は戦前から都市基盤整備が進められ、広がりを持つ住宅地が形成されてきました。相模川など河川の数が多く、台地を活用した農業も盛んに行われています。

相模原市中央区は人口密度が高く、葬儀式場の数も多いです。式場を選びをする場合、複数の選択肢から自分に合った場所を探す必要があるため、早めに情報を集めておくことが大切といえます。

相模原市中央区の主な斎場・葬儀式場

公営斎場相模原市営斎場神奈川県相模原市南区古淵5-26-1JR横浜線古淵駅から徒歩12分
民営斎場ダビアスリビング相模原神奈川県相模原市中央区並木1-7-29 JR横浜線淵野辺駅からバス8分
民営斎場千代田セレモニー 千代田相模原ホール神奈川県相模原市中央区相模原3-11-18JR横浜線相模原駅から徒歩5分
民営斎場相模原会館神奈川県相模原市中央区清新3-7-15 JR横浜線相模原駅から徒歩15分
民営斎場星が丘會館神奈川県相模原市中央区星が丘3-8-16 JR相模線上溝駅から徒歩14分
民営斎場橋本総合ホール神奈川県相模原市中央区南橋本1-20-21 JR相模線南橋本駅から徒歩3分
寺院斎場本弘寺 鳳凰殿神奈川県相模原市中央区並木1-3-2 JR横浜線淵野辺駅からタクシー10分

相模原市中央区には公営斎場、民営斎場、寺院斎場が立地しています。公営斎場として利用できるのは、火葬場に併設している斎場を使用できる「相模原市営斎場」です。最大100席の大式場、最大70席の小式場があり、それぞれ控室もあります。保冷庫を4基備えた霊安室があるので、ご自宅で故人をご安置できない場合は利用を検討するとよいでしょう。通夜・告別式の利用料金は、故人が市内在住であれば大式場は5万円、小式場は4万円、霊安室は24時間利用で3,000円。故人が市外在住なら大式場が7万5,000円、小式場が6万円、霊安室は24時間利用で5,000円です。

民営斎場は数多く立地していて、主な斎場としては「ダビアスリビング相模原」、「千代田セレモニー 千代田相模原ホール」、「相模原会館」、「星が丘會館」、「橋本総合ホール」などがあります。いずれの式場も立地場所はJR横浜線・相模線から徒歩15分以内の場所です。ただ、10分以上歩く必要がある場合、高齢者の方は体調に応じてタクシーの利用も検討しましょう。

寺院斎場としては「本弘寺 鳳凰殿」があります。こちらは最寄り駅から少し距離があるため、タクシーを利用した方がよいでしょう。

相模原市中央区の火葬事情/火葬場紹介

相模原市営斎場

相模原市中央区で利用できる火葬場は「相模原市営斎場」です。火葬炉11基、待合室10席、収骨室3室を有する大型の火葬場で、人口の多い相模原市にふさわしいといえます。利用料金は、故人が相模原市在住であった場合は12歳以上だと6,000円、12歳未満だと4,000円、死産児は2,400円です。一方、故人が市外在住の場合は、12歳以上だと5万4,000円、12歳未満だと3万6,000円、死産児は2万1,600円となっています。予約は当斎場で電話にて受け付けており、24時間いつでも対応してくれるので緊急で連絡したい場合も安心です。

施設の立地場所は、JR横浜線の吉渕駅から徒歩12分(約900m)の場所にあります。JR横浜線の相模原駅からアクセスする場合は、駅からバスに乗車して「市営斎場入口」で下車し、そこから徒歩5分です。「市営斎場入口」のバス停には、小田急線相模大野駅からのバスでも下車できます。

敷地内には駐車場が約140台分ありますが、休日などは利用者が多いため混雑することも多いです。斎場では公共機関の利用をお願いしています。

相模原市中央区の費用相場


八千代町の費用相場茨城県の費用相場
一般葬・家族葬111万2,156円
一日葬60万2,928円72万6,074円
火葬式12万6,589円25万3,426円
※2019年~「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

相模原市中央区の葬儀費用の相場を見ると、神奈川県全体の費用相場よりも一般葬・家族葬だと約4万円高額です。一方、一日葬と火葬式については、県全体の相場よりも安くなっています。通夜式と告別式を執り行う通常のお葬式はやや高額ですが、費用を節約して簡素に葬儀を執り行う場合、県内の他の地域よりもできる安くできる傾向があるようです。

相模原市中央区葬祭費・補助金制度

相模原市中央区では、国民健康保険の加入者が亡くなった場合、葬祭を執り行った方が申請することで葬祭費が支給されます。受給条件を満たしていても、申請しなければ支給されませんので注意しましょう。申請は各まちづくりセンター(橋本や本庁地域、大野南まちづくりセンターは除く)と各出張所の窓口で行えます。

葬祭費5万円
支給方法葬儀を行った方の申請によって支給。葬儀をした日から2年を過ぎると対象外
申請できる方 葬祭を行った方(喪主)
申請に必要なもの・葬儀を行った方であることがわかるもの(会葬礼状等)
・国民健康保険証
・預金通帳
・印鑑

相模原市中央区で実績の多い葬儀社・葬儀式場

ダビアスリビング相模原

相模原市中央区の注目すべき葬儀式場としては「ダビアスリビング相模原」を挙げることができます。2019年2月にオープンした新しい斎場ですが、現在全国的に普及しつつある家族葬や火葬式を専門的に執り行う斎場として、区民からの評価は高いです。家族葬や火葬式は身内のみで執り行うのが一般的であるため、式場の面積もそれほど大きくはありません。しかし館内には安置室が設置され、さらにバスルームを備えた親族控室も完備。サービスと設備の質は極めて高いといえます。

施設の立地場所は、JR横浜線の淵野辺駅からバスで約10分のところです。敷地内にある駐車場は15台分ありますので、家族葬・火葬式の規模であればお車でのアクセスも問題なく行えるでしょう。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事