日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
宝塚市営火葬場 宝塚飛翔殿

PR ㈱セレ・ナス

宝塚市での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

宝塚市での葬儀のご相談【無料】

ご希望に合わせて葬儀・家族葬ができる葬儀社を
無料でご紹介いたします。

お電話でのご相談【無料】
24時間365日受付中

0120-951-774

宝塚市は兵庫県南東部に位置し、市域は南北に長く、南部に住宅地が広がり、北部には田園地帯が広がっています。市街地からは大阪、神戸ともに電車で30分ほどの距離にあり、ベッドタウンとしての評価が高い市です。しかし宝塚市を最も有名にしているのは、歌劇と温泉。年間約877万人もの観光客が訪れています。

また、阪神競馬場をはじめ、ゴルフ場などレジャースポットが豊富。人口は令和2年7月1日時点で22万4,580人。世界中から観光客を呼べる街として、今後のさらなる発展が期待されています。

そんな宝塚市には複数の葬儀式場が立地しており、市内で葬儀を執り行う際は、事前に各斎場の特徴を理解しておくことが大事です。

宝塚市の主な斎場・葬儀場一覧

宝塚市内には公営の斎場はなく、民営斎場、寺院斎場、公共施設が立地しています。民営斎場として代表的な斎場は、「宝塚飛翔殿」です。最寄り駅から歩いて行ける距離に立地しており、家族葬から一般葬まで幅広く対応できる小規模~中規模のホールを持つ式場です。

寺院斎場をご利用になる際は、ご自分の宗旨・宗派でも問題なく執り行えるか、事前に確認しておきましょう。

運営主体斎場名住所アクセス
民営 宝塚飛翔殿 兵庫県宝塚市小林5-9-82阪急今津線小林駅から徒歩8分
民営 家族葬のセレモニーハウス 宝塚山本兵庫県宝塚市山本東3-9-16阪急今津線小林駅から徒歩8分
民営空の木兵庫県宝塚市安倉中2-5-43最寄り駅 山本駅 中山寺駅 雲雀丘花屋敷駅
民営 宝塚じさを荘兵庫県宝塚市安倉西4-3-18JR宝塚線中山寺駅から徒歩20分
民営 エテルノ仁川兵庫県宝塚市仁川北2-1-24JR宝塚線中山寺駅からタクシー6分
寺院平林寺兵庫県宝塚市社町4−7阪急今津線仁川駅から徒歩3分

宝塚市の火葬事情/火葬場紹介

宝塚市営火葬場

宝塚市で利用できる火葬場は、公営の「宝塚市営斎場」です。大型炉7基、小型炉1基の火葬設備を備え、待機場所として利用できる待合室は和室10畳の部屋が1室、和室15畳の部屋を2室完備しています。使用料金は、市民の場合は亡くなった方が12歳以上の場合は1万円、12歳未満の場合は5,000円、人体の一部の場合は4,000円。市民でない方の場合は、12歳以上4万円、12歳未満2万円、人体の一部が1万6,000円です。

アクセス方法は、公共交通機関をご利用の際は、JR宝塚線宝塚駅からタクシーで約5分。お車をご利用の場合は、市内県道33号線(十万道路)を長尾山霊園方面に向かい、霊園の南西部に進むと見えてきます。駐車場はマイクロバスを6台駐車でき、普通車は44台分駐車できる広さです。

宝塚市の費用相場

宝塚市の葬儀費用の相場は、兵庫県の全体の相場である一般葬・家族葬が約83万円、一日葬約33万円、火葬式約17万円に準じた金額であると考えられます。ただし、一般葬・家族葬は葬儀社のオプションサービスなどによって費用は大きく変わってくるため、余計な出費を抑えれば、より費用を安くできるでしょう。


兵庫県の費用相場
一般葬・家族葬82万7,591円
一日葬32万8,224円
火葬式17万3,797円
※2019年~「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

実際に葬儀をあげる場合は、葬儀社と葬儀プランについて相談した上で費用が決まります。そのため、葬儀費用を抑えたいと考えている場合には、葬儀一式の内訳や、その他必要となる費用について知っておくことが重要です。
以下では、葬儀一式に含まれる主な費用内訳をご紹介します。

葬儀一式の内訳 ○施設利用費
通夜・葬儀・告別式で使用する式場の利用料金です。
・式場使用料
・安置室使用料
・火葬場使用料
・控室使用料 など
○祭壇費
通夜・葬儀・告別式での祭壇設置や装飾にかかる費用です。葬儀一式費用の中で大きな割合を占めます。
・枕飾り(安置)
・本祭壇(通夜・告別式)
・後飾り(火葬後)
・祭壇設置費用
・遺影・白木位牌・祭壇花・供物・線香・ろうそく など
○車両費
病院や自宅から斎場・火葬場までご遺体を搬送する際や、会葬者を送迎する場合にかかる費用です。
・寝台車(病院から自宅、斎場までの移動)
・霊柩車(葬儀式場から火葬場までの移動)
・送迎バス・ハイヤー(葬儀式場や火葬場への参列者の送迎)
○人件費
葬儀の進行管理や受付サポートなど、葬儀社や式場担当スタッフの人件費がかかります。
・司会
・式進行管理、火葬場同行
・納棺師 など
○その他
葬儀準備や受付のために備品やサービスを利用する場合に費用がかかります。
・納棺用品
・受付設備・備品
・案内看板・式場装飾
・会葬礼状
・骨壺 など

また、葬儀一式の他にも「飲食接待費用」や「宗教者費用」が必要になる場合があります。
飲食接待費用は、通夜の弔問客に出す「通夜振る舞い」や、葬儀後に出す「精進落とし」の料理対応に発生する費用です。
宗教者費用は、寺院へのお布施や、僧侶・宗教者への謝礼を指します。宗教・宗派や地域風習によって異なり、回数や時間に応じて費用も変わるため、事前に確認をしておくとよいでしょう。

飲食接待費用 通夜・告別式で弔問客に振る舞う料理・お酒などの飲食費です。弔問客の人数によってかかる費用は異なります。
・通夜振る舞い(オードブル・寿司・天ぷらなどの大皿料理)
・精進落とし(懐石料理や仕出し弁当など)
・返礼品(香典返しなど)
宗教者費用 葬儀を進める宗教者(僧侶・司祭など)のための費用です。
【仏教】読経料・戒名料・お車代・御膳料
【キリスト教】献金
【神道】神饌料

宝塚市の葬祭費・補助金制度

宝塚市では、後期高齢者医療保険に加入されている方が亡くなった場合、葬儀で喪主を務めた方を対象に5万円を支給しています。申請時に必要な会葬礼状については、家族葬など身内だけで葬儀を執り行ったために作成していない場合、喪主による葬祭費申立書が必要です(指定の様式有)。葬祭費の申請は、市役所医療助成課もしくは各サービスステーション・サービスセンターで受け付けています。

葬祭費5万円
支給方法葬儀を行った方の申請によって支給
申請できる方 葬祭を行った方(喪主)
申請に必要なもの・後期高齢者医療被保険証(返却済みの場合は不要)
・会葬礼状
・振込用の金融機関口座がわかるもの
・申請者の認印

宝塚市で実績の多い葬儀社・葬儀式場

宝塚飛翔殿

宝塚市内で実績のある葬儀式場の1つが宝塚飛翔殿です。メイン式場である1階の「飛翔・沙羅」は約100人収容できる広さを持ち、式場内の間仕切りを調整することで、参列者の規模に合わせた葬儀を執り行うこともできます。式場内は白を基調とし、祭壇はステージをイメージした作りとなっていて、多様な演出が可能です。

2階部分にも同じ面積を持つ「飛天・天空」のホールがあり、こちらは祭壇の高さを低く設計されている式場で、故人との距離感をより感じられる構造となっています。また、同じく2階には少人数用の式場である「瑞鳥」があり、こちらは家族葬の式場として利用されることが多いです。他にも館内には、式当日の初七日法要にも利用できる法要殿の「紫苑」や、親族・参列者が自由に利用できるフリードリンクの喫茶室なども用意されています。

施設までのアクセス方法は、公共交通機関をご利用の場合は、阪急電鉄今津線「小林駅」から徒歩9分。お車の場合は、中国縦貫自動車道の宝塚ICを下車して8分ほどで到着する距離です。56台まで収容できる専用の駐車場も整備されています。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

お気軽にご相談ください (24時間受付)