日本全国の斎場・葬式事情ガイドPowered by いい葬儀
東部 味美 春日井東 中央

PR 名古屋冠婚葬祭互助会

尾張地方の東部にある愛知県春日井市は、名古屋市内に通勤する人が暮らすベッドタウンとしても人気があり、約30万人が住んでいます。交通機関にも恵まれており、名古屋空港や鉄道、バスを利用して各地域へ移動しやすい環境が整っています。春日井市は地域の活性化にも力を入れており、寺社や観光スポットなど見どころが多いのも特徴です。

愛知県春日井市で実績の多い葬儀社・葬儀式場

春日井市には公営の葬儀場はありません。葬儀を執り行う際は民営の葬儀場を利用します。ここでは愛知県春日井市の中でも特に実績が多く、幅広いプランに対応している葬儀社・葬儀式場をご紹介します。

平安会館の春日井東斎場と春日井中央斎場は、市が共同で運営する小牧市の公営火葬場からも近く、出棺のお見送りから火葬場への移動に便利です。また、平安会館味美斎場は、最寄り駅の味美駅から徒歩圏内のアクセスしやすい場所にあります。

平安会館 春日井東斎場

平安会館春日井東斎場は、和風の外観が特徴の葬儀式場です。

施設には小規模な会場から大人数を収容できるホールが備わっており、希望に合った葬儀を執り行えます。少人数での葬儀や通夜を行うために最適な2階の小式場には落ち着いた雰囲気がある一方、1階にある大ホールは規模に見合った厳かな雰囲気があります。

控室には広々とくつろげる和室が用意されており、故人が眠るお棺も安置できます。故人との別れの時間をゆっくり過ごせる斎場です。

公共交通機関を利用する方法では、バスや駅からタクシーを使って向かうことができます。最大82台停められる駐車場も完備しているため、自家用車でも来場可能です。

施設詳細

斎場・葬儀場名平安会館春日井東斎場
住所愛知県春日井市東神明町1-11-8
アクセス【電車でお越しの方】
・中央線「高蔵寺駅」下車後、「中部大学行き」バスにのり、「不二小学校前」で下車。歩道橋を渡ってそのまま北へ8分。または 駅北口からタクシー約7分
施設・設備大ホール / 中ホール / 小ホール(法要室) / 通夜室 / 親族控室 / 会食室 / 寺院控室 / 和室 / 駐車場

平安会館 春日井中央斎場

平安会館春日井中央斎場は、モダン風の外観が特徴的な葬儀式場です。アクセスは、名鉄小牧線「春日井駅」からタクシーで7分ほどのところにあります。駐車場は最大60台の車を停められます。

施設の1階には旅立ちのホールと呼ばれるスペースがあります。ホール内の内装は白で統一されていて、清浄な雰囲気の中でお見送りができます。また、葬儀会場となるホールには規模の異なる部屋を用意しており、執り行いたい葬儀の規模に合わせた場所を選べます。親族の方が休憩する際は、落ち着きのある和室を利用できます。会食室が施設内にあるため、精進落としなどの食事の席を設けることも可能です。

施設詳細

斎場・葬儀場名平安会館春日井中央斎場
住所愛知県春日井市鳥居松町4-3
アクセス【電車でお越しの方】
・ 名鉄小牧線「春日井駅」からタクシー約7分
施設・設備大ホール / 中ホール / 親族控室 / 法要室 / 会食室 / 寺院控室 / 偲ぶの間 / 偲ぶの間 / 霊安室 / 旅立ちのホール / 駐車場

平安会館 味美斎場

平安会館味美斎場は、最寄りの味美駅から近く、アクセスしやすい場所にあるのが特徴の葬儀場です。バス停が近くにあり、駐車場も完備しているため、参列者が交通手段に困ることはないでしょう。駐車場の収容台数は68台あり、60〜90の椅子席を用意できる葬儀用ホールは、木目調の内装による穏やかな雰囲気の空間となっています。

親族控室は洋室に座敷が併設している作りになっているため、快適に過ごすことができます。3階にはロッカールームがあり、葬儀中に邪魔になる手荷物を預けることができて便利でしょう。同階にある会食室には天窓があり、明るく落ち着いた空間で食事や参列者の方へのおもてなしができます。

施設詳細

斎場・葬儀場名平安会館味美斎場
住所愛知県春日井市味美白山町1-3-7
アクセス【電車でお越しの方】
・名鉄小牧線 「味美駅」から徒歩約5分

【車でお越しの方】
・国道41号線を利用の場合、大我麻町交差点を東へ、味美白山町2の交差点を北(左折)へ、「西本町南」の信号の南東角が斎場
施設・設備 大ホール / 中ホール / 親族控室 / 法要室 / 会食室 / 寺院控室 / ロッカールーム / 霊安室 / 貴賓室 / 駐車場

愛知県春日井市の葬儀費用の相場


春日井市の費用相場愛知県の費用相場
一般葬・家族葬1,519,824円 1,155,899円
一日葬134,542円 436,135円
火葬式190,891円 197,081円
※2018年度「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

葬儀をあげるときの自治体の補助金について

お葬式の費用は決して安いものではなく、さらに突然の葬式という場合など、喪主の経済的な負担は大きなものとなります。こうした負担を多少なりとも軽減する措置として、春日井市では国民健康保険の加入者が死亡し、その葬祭を行ったときには、申請すると5万円の葬祭費が支給されます。ただし、葬儀を行った翌日から2年が経過すると、時効となるため注意が必要です。

愛知県春日井市の葬祭費

葬祭費5万円
支給方法 国民健康保険の加入者が死亡し、その葬祭を行ったとき、 市民生活部保険医療年金課の窓口で申請すると、金融機関の口座に振り込まれます。
申請できる方葬祭を行った人(喪主)
申請に必要なもの・保険証
・印鑑
・振込先口座番号が分かるもの(預金通帳など)
・葬祭を行った人がわかる書類(会葬礼状など)

埋葬料・埋葬費・ 家族埋葬料

国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。
故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に埋葬料が支給されます。また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。
また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給されます。
申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。

愛知県春日井市の火葬事情

尾張東部聖苑

春日井市から近い火葬場は尾張東部聖苑です。緑の多い公園の中に施設が建てられており、故人との別れに適した落ち着いた環境となっています。最寄り駅はJR中央本線の神領駅ですが、駅から施設までは距離があるため、タクシーを利用した方がよいでしょう。

市バスのバス停から施設までは距離が近いため、公共交通機関を使う場合はバスがおすすめです。最大104台の普通車を停められるため、自家用車を利用して参列する人が多い場合でも安心です。

尾張東部聖苑には葬儀を簡易的に行えるお別れ室があり、通夜や告別式の場として利用できます。また、共用の待合ホールと有料の待合室があり、空き時間を過ごすスペースとして利用できます。

使用料金は運営している春日井市・小牧市・豊山町の方の場合、12歳以上が1体5,000円、12歳未満が1体3,000円ほどかかります。それ以外の地域の人も利用できますが、12歳以上が1体7万円、12歳未満が1体4万2,000円と値段が上がります。 この尾張東部聖苑は春日井市、小牧市、豊山町が陽動で運営している公営施設で、1980年に供用がはじまりました。無煙無臭化を推進するため再燃焼装置をすべての炉に搭載するなど、周辺環境に配慮されています。

斎場名尾張東部聖苑
所在地愛知県小牧市大字大草2003-1
アクセス中央本線 「高蔵寺」駅北口タクシー乗り場から約5km
施設・設備・火葬炉:16基( 大型炉15基 ・ 汚物炉1基 )
・告別ホール
・炉前ホール
・拾骨室等
備考午前8時30分~午後5時15分

愛知県春日井市の主な葬儀式場一覧

運営主体斎場名住所アクセス
民営斎場 平安会館春日井東斎場愛知県春日井市東神明町1-11-8中央線「高蔵寺駅」からタクシー約7分
民営斎場 平安会館春日井中央斎場愛知県春日井市鳥居松町4-3名鉄小牧線「春日井駅」からタクシー約7分
民営斎場 平安会館味美斎場愛知県春日井市味美白山町1-3-7名鉄小牧線 「味美駅」から徒歩約5分
公営斎場尾張東部聖苑愛知県小牧市大字大草2003-1JR中央本線「神領駅」からタクシー約7分

愛知県内では最多の100会館を展開している平安閣グループでは、葬儀の知識と技能が総合的に問われる厚生労働省の認定資格、葬祭ディレクター223名(2018年11月30日現在)が在籍し、現場スタッフも各種研修によって葬儀のプロとしての研鑽を行っています。

長年にわたって培ってきた互助会という絆により、会員サポート係による会員宅への定期訪問から、葬儀担当によるプランニングノートを使った事前相談、香典返しや法要、葬儀後のお仏壇やお墓のことなど、それぞれのプロフェッショナルが想いをつなぎ、手厚くフォローしています。

葬儀・家族葬に関する「よくある質問」

病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか?

病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。
まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。

家族葬を行う場合の注意点はありますか?

ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。
しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。
家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。

葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか?

葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。
例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。
そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。
葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。

葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか?

春日井市では国民健康保険の加入者が死亡し、その葬祭を行ったときには、申請すると5万円の葬祭費が支給されます。

監修

小林 憲行
小林 憲行
2007年鎌倉新書入社。『月刊仏事』編集記者を経て、「いい葬儀マガジン」等、葬儀・お墓・仏壇など、終活・エンディング関連のお役立ち情報や業界の最新の話題をさまざまな切り口で紹介するWebメディアを立ち上げる。2018年には終活・葬儀情報に特化した「はじめてのお葬式ガイド」をリリース、現在同サイトの編集・運営を担っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事