直葬(火葬式)・葬式を行わず火葬のみ

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
我が家にあった葬儀は?

280,568

(1999/10/06〜2017/08/24現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 我が家にあった葬儀は? > 直葬(火葬式)・葬式を行わず火葬のみ

直葬(火葬式)・葬式を行わず火葬のみ

直葬最近は、直葬(ちょくそう)という言葉を耳にされる方も多いのではないでしょうか。
直葬とはお葬式をおこなわず、火葬のみをとりおこなうことをいいます。
火葬式と呼ばれることもあります。
身内だけでお葬式をおこなう家族葬や密葬とは異なります。

直葬を選ぶ方の理由は様々です。
葬儀を行うことへの疑問、親族がほとんどいない、費用をかけたくない、故人や喪家の信念など、いろいろな理由から直葬を選ばれる方がいます。

直葬だからといって、故人への思いや心がないというわけではありません。火葬の際にお寺さんにお経を読んでもらうこともできますし、まったくの無宗教で行うこともできます。

直葬の注意点を説明します。

1) 直葬(火葬のみ)の仕事を引き受けない葬儀社も多い

直葬の葬儀費用は、総額で20万円を切ることも良くあります。
そのため利益が少ないからという理由で、直葬の仕事の依頼を断る葬儀社も多いと聞きます。
もっと悪質な葬儀社は、遺族をうまく言いくるめ、遺族の意思に反して盛大なお葬式を行って多額の葬儀費用を請求する場合があるので注意が必要です。

2) 直葬(火葬のみ)の場合でも葬儀社のレベルは反映される

直葬の場合、簡略化されているので、葬儀費用が安ければどこの葬儀社に頼んでも同じと考えがちです。
しかし御遺体のとりあつかい方や、葬儀費用の説明の仕方などその葬儀社の担当者のレベルが、かならず反映されます。
後で後悔しないように、ちゃんとした葬儀社を選びましょう。

3) お寺のお墓を持っている場合は注意が必要

先祖代々のお墓を持っている場合、お寺に相談しないで直葬(火葬のみ)を行うのはやめたほうがよいでしょう。
お寺は当然のことながら宗教儀式をとりおこなうべきであると考えるからです。
お寺のお墓をお持ちの方で、直葬を行う場合は、かならずお寺に御相談ください。

また逆にお墓も、おつきあいのあるお寺もないけど、まったく宗教儀式を行わないのは寂しいとお考えの方には

 ・ 火葬直前に火葬炉前でお経をよんでもらう
 ・ 安置場所の枕元で簡単なお経をよんでもらう

という方法があります。
葬儀社さんに相談すれば、ご自身の宗派のお寺を紹介してくれるはずです。
御布施(お寺さんにお渡しする御礼)も、普通のお葬式をとりおこなうときの御布施よりも少ない金額で済むはずです。

4) 周囲の理解が必要

直葬(火葬のみ)の場合、葬儀に参加してお別れをしたかった親族や知人への対応を考えておく必要があります。
誤解のないように、葬儀を行わない(行わなかった)旨の連絡をしましょう。
また、火葬後に、彼らから焼香をさせて欲しいという連絡がたくさんあるかもしれないことも考慮しておきましょう。
簡単に済まそうと考えたのに、逆に大変だったということもあります。

5) 安置場所が必要

伝染病を除くと死亡後24時間以内に火葬をとり行うことは法律で禁止されています。
もし病院でお亡くなりになった場合、火葬の時間まで御遺体を安置できる病院はまれです。
ご自宅で安置できればよいのですが、それができない場合、どこか安置場所をさがさなければなりません。
火葬場の霊安室に一時的に安置できる場合もありますが、受け入れ時間に制限があったりするので注意が必要です。
もしお困りの方がいらっしゃいましたら、御安置場所を提案できる葬儀社さんをお探しします。

葬儀は単に社会的な意味や形式的な意味だけでなく、故人を送る側にとっても、精神的に安心感を与えてくれるものです。 お葬式は、大切な人との大切な別れの時間であり、大切な人の冥福を祈る大切な儀式です。 後で後悔しないよう、ご家族でよく相談してください。

お葬式消費者相談.comでは直葬(火葬のみ)をこころよく引き受けていただける葬儀社を紹介させていただきます。 また、直葬を専門に取り扱った姉妹サイト(直葬なび)では葬儀プランをランキングで紹介していますので費用のご参考にしてください。

直葬(火葬式)の人気プランと費用がわかる“直葬なび”

Story 葬儀の後でもできる大切な人のお別れ会
今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り