お別れ会の案内状を送る際のあて名は、手書きでなければいけないのでしょうか。【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

373,496

(1999/10/06〜2018/10/18現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > お別れ会の案内状を送る際のあて名は、手書きでなければいけないのでしょうか。

お別れ会の案内状を送る際のあて名は、手書きでなければいけないのでしょうか。

結婚式の招待状などは、自分たちで手書きしたり、筆耕業者に依頼したりと、手書きの宛名の招待状を用意するのが主流となっています。
 
ちなみに、筆耕業者に頼む場合は、一通につき200円から300円程度の料金がかかるようです。
 
しかし、お別れ会や法事など、弔事の案内状の場合は、無理に手書きをする必要はないでしょう。
 
というのも、前もって日程が決まり、ゆっくりとそして穏やかに準備ができる結婚式と違い、お悔やみ事は突然訪れ、ご遺族は悲しみの中でも力を振り絞って準備をされます。
 
それがたとえ、後日営まれるお別れ会であっても、お葬式後の限られた時間の中、悲しみをこらえて準備されるということには何ら変わりはないわけで、
 
そんなご状況のもとで、用意される案内状ですから、宛名が印刷だからといって、何も失礼なことにはならないというわけです。
 
そもそも、結婚式などの喜び事は、毛筆で太く、濃い文字を書くことが、古くから縁起の良いこととされている、ということから、筆耕業者に頼んでまでも手書きにこだわる方がいらっしゃるわけで、縁起をかつぐことのないお別れ会などのお悔やみ事にはあてはまらないのです。
 
もし、お別れ会であっても、招待状にこだわって、丁寧に気持ちを込めたいと思われる方は、手書きのものを用意されてもよいかと思いますが、
 
印刷するのが失礼に当たるわけではありません。

ということで今回のご質問
お別れ会の案内状を送る際のあて名は、手書きでなければいけないのでしょうか。
についてお答えしました。
 
社葬・お別れ会をお考えの方は社葬・お別れ会のすべてをご覧ください。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り