新盆・初盆を迎えるにあたって,具体的に準備する内容やスケジュールを教えてください【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,810

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 新盆・初盆を迎えるにあたって,具体的に準備する内容やスケジュールを教えてください

新盆・初盆を迎えるにあたって,具体的に準備する内容やスケジュールを教えてください

年中行事のお盆ですが、故人が亡くなってから初めて迎えるお盆は、通常よりも特に手厚く行う習慣があります。


これは地域ごとに、新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん)、または初盆(はつぼん)などと違う呼ばれかたをしていますが、

どれも「故人と遺族にとっての初めてのお盆」という、同じ意味あいの行事です。

今回は新盆と呼ばせていただきますね。

 

新盆の例外としては、故人がお盆前の直前に亡くなって、四十九日法要よりも前にお盆を迎えるときは、その年を新盆とはせず、翌年に繰り越します。

 

新盆では、家族や親族の他に故人と親しかった方を招いたり、僧侶に読経してもらい、新盆法要を営むことも多く、通常のお盆よりも手厚く供養するのが一般的です。

 

ご質問の準備とスケジュールですが、僧侶にお越し頂く場合は、少なくとも1ヶ月前にはそのスケジュールを確認し、日時を確定させることからスタートしてください。

新盆法要の日時が決まったら、お招きしたい方々へ招待状を送るなどしてご案内しましょう。

 

そして当日までに準備しておくものは、精霊棚とお供え物、そして提灯です。

 

精霊棚は、小さな机に真菰というゴザを敷いて、その上に仏具や、きゅうりとナスで作った精霊馬、果物やお膳などのお供え物を飾ります。

お団子を作る地域も多いようですので、お住いの地域のしきたりに合わせて準備されてください。

 

初めてのお盆ということですので、精霊棚のセットを揃えても良いかもしれませんね。仏具屋さんや通販などで、数千円程度で市販されています。

 

用意される際の提灯なのですが、通常のお盆ではきれいな柄が描かれているものを飾りますが、新盆に限っては白無地の提灯を飾ります。

 

この白い提灯を使うのは一回限りで処分するのが通例です。

昔は川に流すなどしていたようですが、今ではお寺にお願いしてお焚き上げをしてもらうか、家庭で処分しましょう。

 

加えて、お招きした方々からお供え物やお香典をいただきますので、お茶やタオルなどの返礼品も準備し、会食の予定があれば、その手配も忘れずにしておきましょう。

 

亡くなってから日が浅い故人を手厚く迎える新盆。

地域によって、細かなしきたりは変わりますが、

故人の初めての里帰りとして、供養する側、そして供養される側双方にとっての、練習のような意味もあるのかもしれませんね。

 

ということで今回のご質問

新盆・初盆を迎えるにあたって、具体的に準備する内容やスケジュールを教えてください。

にお答えしました。

年中行事のお盆ですが、故人が亡くなってから初めて迎えるお盆は、通常よりも特に手厚く行う習慣があります。


これは地域ごとに、新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん)、または初盆(はつぼん)などと違う呼ばれかたをしていますが、

どれも「故人と遺族にとっての初めてのお盆」という、同じ意味あいの行事です。

今回は新盆と呼ばせていただきますね。

 

新盆の例外としては、故人がお盆前の直前に亡くなって、四十九日法要よりも前にお盆を迎えるときは、その年を新盆とはせず、翌年に繰り越します。

 

新盆では、家族や親族の他に故人と親しかった方を招いたり、僧侶に読経してもらい、新盆法要を営むことも多く、通常のお盆よりも手厚く供養するのが一般的です。

 

ご質問の準備とスケジュールですが、僧侶にお越し頂く場合は、少なくとも1ヶ月前にはそのスケジュールを確認し、日時を確定させることからスタートしてください。

新盆法要の日時が決まったら、お招きしたい方々へ招待状を送るなどしてご案内しましょう。

 

そして当日までに準備しておくものは、精霊棚とお供え物、そして提灯です。

 

精霊棚は、小さな机に真菰というゴザを敷いて、その上に仏具や、きゅうりとナスで作った精霊馬、果物やお膳などのお供え物を飾ります。

お団子を作る地域も多いようですので、お住いの地域のしきたりに合わせて準備されてください。

 

初めてのお盆ということですので、精霊棚のセットを揃えても良いかもしれませんね。仏具屋さんや通販などで、数千円程度で市販されています。

 

用意される際の提灯なのですが、通常のお盆ではきれいな柄が描かれているものを飾りますが、新盆に限っては白無地の提灯を飾ります。

 

この白い提灯を使うのは一回限りで処分するのが通例です。

昔は川に流すなどしていたようですが、今ではお寺にお願いしてお焚き上げをしてもらうか、家庭で処分しましょう。

 

加えて、お招きした方々からお供え物やお香典をいただきますので、お茶やタオルなどの返礼品も準備し、会食の予定があれば、その手配も忘れずにしておきましょう。

 

亡くなってから日が浅い故人を手厚く迎える新盆。

地域によって、細かなしきたりは変わりますが、

故人の初めての里帰りとして、供養する側、そして供養される側双方にとっての、練習のような意味もあるのかもしれませんね。

 

ということで今回のご質問

新盆・初盆を迎えるにあたって、具体的に準備する内容やスケジュールを教えてください。

にお答えしました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り