社葬費用は、会社の経費として認められるのでしょうか?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

379,163

(1999/10/06〜2018/11/20現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 社葬費用は、会社の経費として認められるのでしょうか?

社葬費用は、会社の経費として認められるのでしょうか?

会社で社葬を執り行おうという時、その費用が経費計上できるかどうかというのは、会社経営の意思決定に関わる大切な情報ですよね。
 
法人税基本通達には、
「その社葬を行うことが社会通念上相当と認められるときは、
その負担した金額のうち社葬のために通常要すると認められる部分の金額は、
その支出した日の属する事業年度の損金の額に算入することができるものとする」
とあります。
 
難しい表現ですので、全部読み上げてもよくわかりませんね。
簡単に言い換えると、
 
その方の社葬を行うことが、世間からみても妥当で、加えてその社葬において必要な項目が、
常識の範囲内であれば、その年度の経費に計上できますよ。
と、大まかにはこんなことが書かれています。
 
ここで問題なのは、
「社会通念上相当と認められる人とは誰か?
ということと、
「社葬のために通常要する部分とはどこまでか?
ということ、この2点だと思います。
 
まず、会社が社葬を執り行う範囲の人とは、亡くなった故人が会社に対して貢献していたかどうかで判断されます。
 
会社での経歴や地位のほか、亡くなった事情が会社の職務に関係していた場合などが、これに当てはまります。
それに対して、会社に貢献していない方の場合は、仮に亡くなったのが社長の親族であっても、親族であるという理由だけでは認められません。
 
次に、どのような項目の費用が社葬費用と認められるかということですが、
これは社葬費用として認められないものをお伝えしたほうが、分かりやすいかもしれませんね。
 
社葬費用として認められないもの、認められにくいものとは、社葬以外にかかる費用のことですから、
 
社葬以前に執り行われた密葬の費用や、社葬終了後に購入するもの、たとえば仏壇やお墓の購入費用、香典返しの費用
社葬終了後に営まれる法要の費用
などは社葬費用としては認められないのが一般的です。
 
一方、寺院へのお布施や心付けなど、領収証がないものでも、支出額が明確になっていれば経費として認められますので、控えをとっておくようにしてください。
 
何にしても、会社の顧問税理士などに詳しく相談しながら予算を立てると良いでしょう。
 
ということで、今回のご質問
社葬費用は、会社の経費として認められるのでしょうか?
についてお答えしました。

社葬についてもっと知りたい方は社葬・お別れ会のすべてをご覧ください。
 

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り