参列者が少人数でも社葬はできるのでしょうか?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,810

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 参列者が少人数でも社葬はできるのでしょうか?

参列者が少人数でも社葬はできるのでしょうか?

社葬というと、大規模なお葬式の代名詞のようなイメージを持たれている方が多いと思います。
 
確かに、企業が主体となって執り行うことから、取引先や関係者も多くなることもありますよね。
 
しかし、社葬とは、規模が大きいお葬式のことではありませんし、
大企業だけが執り行うということでもありません。
 
たとえ中小企業であっても、参列者が少なくても、亡くなった故人の功績を讃えて、在りし日を偲び、これからのために社員が一丸となる。
 
社葬を執り行うことには、そんな意義があるのではないかと私は思います。
 
数百人規模のイメージが強い社葬ですが、最近では、100名前後の規模で執り行われる社葬も増えています。
 
その会場も、葬儀会館やホテル以外の、たとえば会社だったり、工場だったり、思い出の場所だったりと、中規模、小規模だからこそできる、故人となじみの深い場所を選ばれるケースもあります。
 
費用に関しても、規模が小さい社葬の場合は、一般葬と変わらない程度で執り行うことも可能ですし、ご遺族との合同で執り行う、合同葬という選択肢もあります。
 
また、社葬のもう一つの大きな役割として、後継者への代替わりや、その後の体制を知らしめ、「この会社はこれからも大丈夫だ」と思ってもらう、ということを考えると、中小企業こそ、社葬が大切な意味を持つとも言えるかもしれませんね。
 
ただし、小規模だから簡単に準備できるというわけではありません。
 
社葬とは、通常の業務とは全く別の動きをするのですから、事前の準備は必須です。
 
事前に社内規定を作っておいたり、信頼できる葬儀社を複数社の見積もりを取りながら選定したりと、何もない時にこそ、時間をかけてじっくり検討されることをおすすめします。
 
ということで、今回のご質問
参列者が少人数でも社葬はできるのでしょうか?
についてお答えしました。

社葬についてもっと知りたい方は社葬・お別れ会のすべてをご覧ください。


 

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り