お葬式に参列する際の小物で、NGなものはありますか。【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,810

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > お葬式に参列する際の小物で、NGなものはありますか。

お葬式に参列する際の小物で、NGなものはありますか。

お葬式は、故人を見送る厳粛な場です。
その場に参列される方は普段以上に、礼儀にかなった振る舞いを心がける必要があります。
 
お葬式の参列には喪服を着ていくというのは、だれもがわかっていることだと思いますが、今回ご質問いただいた服装や小物に関しても、普段お使いになっている物では、お葬式の場にふさわしくないという物がいくつかありますので、ご紹介しましょう。
 
まず、「殺生」をイメージさせる毛皮や革製品全般は、仏式のお葬式では基本的にタブーとされています。
革製のコート、手袋、できればカバンも革製品以外を選ぶようにしましょう。
 
靴に関しては革製品でも構いませんが、スエード製のものは避けてください。
 
次に、派手な飾りがついたもの全般がNGとされています。
カバンの留め具や靴やベルトのバックルで、大きな金具がついているようなものは避けましょう。
 
また、派手な時計やカフスボタン、タイピンやアクセサリーもふさわしくありません。時計やアクセサリーは、葬儀式場に入る前に外しておくようにしましょう。
ネクタイの結び方も、ディンプルをつけるなどの飾り結びは避けて、ノーマルな結び方をします。
 
そして、身につけるものの色は「黒」が基本です。
ネクタイ、靴下、ストッキングなどは黒を着用してください。
織柄やラメなどが入っていない、黒無地のものを選びましょう。
 
以前、靴を脱いで焼香するスタイルの葬儀で、オレンジの靴下の方がとてつもなく目立っていたことがあります。
お葬式の場で悪目立ちをしてしまうのは、社会人としても恥ずかしいことですので、くれぐれも気をつけてくださいね。
 
また、冬場の葬儀で、マフラーや手袋などの防寒小物を身に着けていかれる場合も、黒い無地のものを選びましょう。
持っていないという方は、今のうちに弔事用の黒い小物類を揃えておくと良いのではないでしょうか。
 
このように参列の服装には、様々な細かい決まりがあるものですが、
基本的には、「お葬式はお洒落をしていく所ではない」と考えてさえいれば、大きくマナーを外れるということはありません。
 
また、意外と多くの方が迷っているのが、葬儀後に弔問する際の服装です。
基本的に、ご遺族宅へ弔問する際、喪服を着てはいけません。
先方のご遺族は葬儀を終えられていますから、葬儀を連想させるような黒い服は避け、地味な色合いのスーツなどを着用しましょう。
 
ということで今回のご質問
お葬式に参列する際の小物で、NGなものはありますか。
についてお答えしました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り