母が亡くなり、実家を手放すことになりました。仏壇を私の家に移動したいのですが、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

379,163

(1999/10/06〜2018/11/20現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 母が亡くなり、実家を手放すことになりました。仏壇を私の家に移動したいのですが、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?

母が亡くなり、実家を手放すことになりました。仏壇を私の家に移動したいのですが、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。
今回いただいたご質問は“母が亡くなり、実家を手放すことになりました。仏壇を私の家に移動したいのですが、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?”ということなんですね。

今回のご質問のように、実家を手放すことになったというケース以外にも、家を引っ越しするという場合にも、お仏壇の扱いで悩まれる方は多いと思います。
お仏壇は、毎日手を合わせる信仰の対象というだけではなく、細かな装飾が施されている美術品・貴重品という要素も持っています。
そのため、お仏壇の扱いには、細かな配慮が必要になりますので、他の家具のように縦にしたり横にしたりと、大雑把に扱うわけには行きません。
仏壇の移動の手順を、4つのステップでご紹介します。
1つめ。
まずは、移動先の家のお仏壇を置くスペースを確保しましょう。
運ばれたお仏壇をどこに安置するかは、毎日手を合わせやすい場所というだけではなく、お仏壇が傷まないような配慮をしましょう。
直射日光が当たらないか、エアコンの風が直接当たらないか、水回りに近すぎていないかなどを考慮してください。2つめ。
お寺と話し合って、魂抜きと魂入れの日取りを決めましょう。
これは、お仏壇を扱う際の、ご先祖様に対する考え方の一つなのですが、
お仏壇は、購入して初めて安置する際に、「魂入れ」をすることで初めて、ただの箱からご先祖様を供養するお仏壇となります。
本来であれば、静かに安置しておくべきお仏壇を動かす際には、「魂抜き」をして、一時的にもとの箱という状態に戻すことで、ご先祖様にご負担をかけること無く移動できるのです。そして、新しい場所に置かれた際に、あらためて魂入れをし、再度お仏壇とするわけです。
その日取りを、お寺と相談してください。
3つめは業者の選定です。
お仏壇の移動は、細心の注意が必要ですから、自分たちで無理に移動するのではなく、専門業者にお任せすると良いでしょう。
ただし、引越し業者の中には、お仏壇の移動を受け付けていないところもありますので、前もって複数社に問い合わせて見積もってもらってください。大きな業者であれば、だいたい対応しています。
ちなみに引越し費用としては、大きさにもよりますが、2~3万円から10万円くらいまでが多いようです。
4つめ。
いよいよ移動です。
お寺の僧侶を迎えて、魂抜きの読経をしていただき、業者に梱包をお願いして移動します。
このとき、お位牌や細かな仏具は、業者任せにせず、タオルやガーゼなどの柔らかい布などにくるんで、手で大切に運んでください。新しい家にお迎えしたら、再度魂入れの読経をしていただきましょう。
お布施は、3万円前後をお包みされる方が多いようです。
ということで、今回のご質問、
“母が亡くなり、実家を手放すことになりました。仏壇を私の家に移動したいのですが、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?”
にお答えしました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り