身寄りがなく入る墓もありません。葬儀やお墓のことはどうすればいいでしょう?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

321,997

(1999/10/06〜2018/02/21現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 身寄りがなく入る墓もありません。葬儀やお墓のことはどうすればいいでしょう?

身寄りがなく入る墓もありません。葬儀やお墓のことはどうすればいいでしょう?

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。

今回のご質問は“身寄りがなく入る墓もありません。葬儀やお墓のことはどうすればいいでしょう?”というものなんですね。
 
私がお一人様からのご相談をお受けするときに、必ずと言っていいほどご質問することがあるんです。
それは、「あなたの葬儀の喪主は誰にしてもらいますか?」ということなんですけれども、「誰に葬儀を出してもらうのか」「誰に納骨を実行してもらうか」ということをスタートに考えてみて欲しいというところからなんです。
 
ご質問にあるように入るお墓がないということであれば、ご自身で眠る場所を探さなければなりませんね。
ただ、幸いいまは納骨堂など一代限りの供養である「永代供養墓」が充実している時代ですし、自然葬、樹木葬ですとか散骨ですね、こういったものの選択肢もあります。実際に見学をするなどして、ご自身が納得した場所を生前契約しておくということもできます。
お葬式も、生前に葬儀社を選定して、万一の時に依頼する内容を決めておくこともできるんです。
 
しかし、亡くなってから葬儀や火葬を経て納骨まで、あなたご自身は旅立ったあとですから、どなたかに手伝ってもらわなければなりません。例えば、同じようにおひとりさまであるご友人がもしいらっしゃれば、折を見てお互いにお葬式のことを話し合ってみてはいかがでしょうか。
 
そんなご友人がいないとか、そういったご友人には頼りたくないという場合は、例えば行政書士さんですとか、司法書士さん、弁護士さんなどの法律家に依頼をして、成年後見制度と併せて、死後事務委任契約というものがありますので、そういった契約を結んでおくという方法もあります。
 
誰に・何を・どこまでお願いするのかをしっかりと考えて、費用も含めて準備をしておくことが、おひとりさまの終活として望ましい方法なのではないかと思うんですね。
ゆっくり考えてみてください。
 
ということで今回のご質問“身寄りがなく入る墓もありません。葬儀やお墓のことはどうすればいいでしょう?”についてお答えしました。
ありがとうございました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り