家族が自宅で亡くなったら警察に行かなければならないと聞きましたが本当ですか?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

321,999

(1999/10/06〜2018/02/21現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 家族が自宅で亡くなったら警察に行かなければならないと聞きましたが本当ですか?

家族が自宅で亡くなったら警察に行かなければならないと聞きましたが本当ですか?

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。
今回のご質問は“家族が自宅で亡くなったら警察に行かなければならないと聞きましたが本当ですか?”というものなんですね。
 
おっしゃるとおり、ご自宅で亡くなった場合、その状況によっては警察への連絡が必要となります。というのも、その死因を特定しなければならないからなんですね。
とりあえず救急車を呼ぼうと、119番に電話をしたとしても、明らかに死亡しているという場合は救急車に乗車できないんですね。というわけで自宅で死亡確認の手順を踏むことになります。
 
例えばですね、終末期を自宅で過ごすために、病院と連携しながら自宅療養をすすめていたという場合は、担当の医師に連絡すればよいのですけれども、それ以外の場合は、基本的には警察への連絡となります。
そして警察官が現場の確認をして、警察医が検死をして、死因の特定をして、事件性がないかどうか、これを判断しなければならないんです。
 
事件性がないと判断されれば、死亡診断書と同内容の、死体検案書というものを作成してもらえますので、そのあとは通常どおり、葬儀の準備が始められます。
仮になんですけれども、その場で死因の特定ができず、事件性がないことを確認できなかったという場合は、その死因が特定できるまで細かに調べる必要があるため、ご遺体は監察医務院であるとか、それに準ずる大学病院などの施設に搬送されることになっていきます。
 
ご自宅で死亡した場合、どのような理由があってもしてはならないことが1つあるんですね。
それは、遺体を動かさないことです。
実は私の祖母はですね、自宅で入浴中の事故で亡くなってしまって、その際、家族で右往左往したという経験があるんですけれども、その時にですね、そのままではかわいそうだということで、家族で寝室に移動させて、服も着せてしまったんですね。
これが大きな問題となってしまって、父が家族を代表して取り調べを受けるはめになりました。

ただでさえ、身近な人の死は動転してしまうものだと思うのですけれども、それが自宅で突然にとなると、さらに混乱してしまうものかもしれません。
かかりつけの病院がない場合は警察へ連絡する。遺体は動かさない。ということだけでも、知識として持っておくと、混乱が少なくなるかもしれませんね。

ということで今回のご質問“家族が自宅で亡くなったら警察に行かなければならないと聞きましたが本当ですか?”についてお答えしました。
ありがとうございました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り