葬儀でお花をいただいた方へのお礼はどうすればいいでしょうか?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,818

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 葬儀でお花をいただいた方へのお礼はどうすればいいでしょうか?

葬儀でお花をいただいた方へのお礼はどうすればいいでしょうか?

皆さん、こんにちは。
葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。
今回いただいたご質問は“葬儀でお花をいただいた方へのお礼はどうすればいいでしょうか?”ということなんですね。
 
ご葬儀で供花や供物を贈っていただいたような場合、そのお礼で悩まれる方は案外多くてですね、ご質問も多数寄せられているんです。
マナーの本などを見ても、本によって書かれていることはさまざまですし、その地域の特性などもありますので一概には言えないことなんですけれど、一般的な考えをお話しましょう。
 
まず、お返しをするお香典と、今回のご質問の供花、どちらも「ご厚志をいただく」ということで同じですから、混同しがちではあるんですけれども、そのもともとの意味合いは違うものなのですね。
お香典というのは、もともとの成り立ちが「相互扶助」という意味合いから派生しているのですが、供花は純粋に故人様へのお供えなんです。
 
このことから、お香典にはその3分の1から半額程度の品をお返しますけれども、供花の場合は、返礼品は基本的には用意せず、お礼状を出される程度で終えるのが一般的な対応です。
 
ちなみになんですけれども、弔電をいただいた場合はどうするのかというと、そもそもが略式の作法である弔電に対しては、特に何もしないというのが一般的なんですね。お会いした折などに、口頭でお礼をお伝えすると良いでしょう。
 
相互扶助のお香典、故人の供養のための供花、略式の弔意である弔電、本来の意味を知っておけば、その対応も分かりやすいのではないでしょうか。
 
また、最近増えてきたご質問で、お礼状を書く代わりに、メールですませても良いのかというものがあるんです。
 
基本的には、弔意のお礼にメールを送るのは、マナー違反になると考えておきましょう。よほど仲の良いご友人であれば別ですが、受け取る方の考え方によっては、失礼だと感じてしまう方もいらっしゃるんですね。
 
故人の供養にと供花を手配して、お贈りいただいたのですから、葬儀直後でなくても構いませんし、手書きが苦手な方は印刷でも構いませんので、できるだけ正式なマナーにのっとって、お礼状をお送りすることをおすすめします。
 
ということで今回のご質問“葬儀でお花を頂いた方へのお礼はどうすればいいでしょうか?”についてお答えしました。
ありがとうございました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り