遠方で亡くなった場合、葬儀の手配や手続きはどうすればいいの?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,810

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 遠方で亡くなった場合、葬儀の手配や手続きはどうすればいいの?

遠方で亡くなった場合、葬儀の手配や手続きはどうすればいいの?

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。
 
今回いただいたご質問は“遠方で亡くなった場合、葬儀の手配や手続きはどうすればいいの?”ということなんですけれども、このご質問の内容は、東京で長年暮らしていた方が亡くなった場合、実家やお墓、菩提寺は鹿児島にあるためどうすればいいか? というご質問だったんですね。
 
まず考えなくてはならないのが、「お葬式をどちらで営むか」ということです。
このご質問者のケースでは、長年東京で暮らしているということですので、家族やご友人の多くは東京にいらっしゃるかと思います。
ですから、亡くなった際に遺体のまま鹿児島まで搬送するということは、この方にはちょっと現実的な方法ではないかと思いますので、今回は別の方法を考えてみたいと思います。
 
葬儀の手配や手続きは、居住地であり、死亡地でもある東京で行ってください。
 
まず、葬儀なんですけれども、ひとつの方法としては、葬儀は東京で執り行って、ご親戚には鹿児島からお越しいただくということが考えられます。
このとき、菩提寺には、東京で葬儀を営むということを伝えて、東京までお越しいただけるということであれば、その手配をしてください。また、同じ宗派の寺院に読経してもらうようにというふうな指示が菩提寺からあれば、戒名だけは菩提寺から授かって、読経は葬儀社などから同じ宗派のお寺を紹介してもらってください。
 もし、ご親せきにご高齢の方が多いなどで、遠路来ていただくのが難しいという場合は、鹿児島で納骨の際の四十九日法要を丁寧に執り行って、お別れしていただくということも方法として考えられます。
 
もう一つの方法としては、東京で火葬だけをするか、もしくはお身内だけの密葬を営んだ後に、遺骨で鹿児島に帰って、ご親せきと本葬を執り行うということも可能です。
この場合、葬儀社が変わるんですね。
火葬までは東京の葬儀社に、そして本葬は、鹿児島の葬儀社にあらためて依頼することになります。
本葬の日程なんですけれども、火葬直後に鹿児島に帰って執り行うか、もしくは少し日程を空けて、例えば四十九日法要と合わせて執り行うか、これに関しては菩提寺やご親せきとよくよくご相談されるといいかと思います。
このご質問者のケースに合わせてですね、一番いい方法を相談しながら決めてください。

ということで今回のご質問、“遠方で亡くなった場合、葬儀の手配や手続きはどうすればいいの?”についてお答えしました。
長距離移動が必要な方 ありがとうございました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り