年末年始でも普通に葬儀ってできる?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

373,506

(1999/10/06〜2018/10/18現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 年末年始でも普通に葬儀ってできる?

年末年始でも普通に葬儀ってできる?

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。

今回いただいたご質問は“年末年始でも普通に葬儀ってできるもの?”というご質問なんですね。

これは残念ながら多くのケースではですね、残念ながら普通にお葬式というのができないんです。
というのも、年末年始に普通にお葬式ができるかどうかというのは、火葬場があいているかということに大きく左右されるんですね。
地域にもよることではあるんですけれども、多くの火葬場がお正月の数日間はお休みになります。
ですからその間は、葬儀ができないということになります。
ではどうするのか、という事なんですけれども、多くの葬儀社さんは年末年始も無休で営業されているんですね。
ですから、その葬儀社さんにご遺体の保全処置をお願いしたり、もしくは火葬場に併設されていたりする安置施設にお眠りいただいたりして、葬儀の日程まで待つことになります。
火葬場はお休みと言っても、予約はどんどん入っていくわけですから、長いとですね、1週間以上も待つことにはなるんです。
ただですね、長く待つこれは悪いことばかりではありません。
お葬式というのは亡くなってからすぐにしなければならないと思う方も沢山いらっしゃるんですけれども、実はそういう決まりがあるわけではないんですね。
例えば、長く待った方の経験談によると、長く待っている間に気持ちの整理がつけられたり、お葬式の事をしっかりと考えることができた。
決して悪い面だけではないということを知っていただきたいと思います。
実は私もですね、お葬式を長く待った家族の一人なんです。
2007年に母を見送った際に、亡くなってからお葬式まで何と6日間まったんですね。
式場があいていないという理由からだったんですけれども、その間ですね、思いがけずいい時間でした。
家族で母の事を偲ぶ時間がもてたり、お葬式は一般葬だったんですけれども、待っている間はまるで家族葬の様なゆっくりとした時間を過ごす事ができたんですね。
それはちょっと話がずれましたけれども、年末年始、もしご不幸があったという場合は、まず葬儀社さんにご連絡をして、年末年始の火葬場の地域の空き状況を調べて頂いて、日程等を確定した後でゆっくりとお葬式が検討出来る、長く待つことになったとしても、それは悪い面だけではなくいい面もあるんだということを覚えておいていただけたらいいなと思います。
ということで、今回のご質問“年末年始でも普通に葬儀ってできるもの?”についてお答えいたしました。
ありがとうございました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り