喪中の時、お歳暮は送ってもいいの?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

362,751

(1999/10/06〜2018/08/14現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 喪中の時、お歳暮は送ってもいいの?

喪中の時、お歳暮は送ってもいいの?

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。

今回いただいたご質問は“喪中の時、お歳暮は送っていい?”というご質問なんですね。

そろそろお歳暮を準備する時期になってきましたね。
この時、ご自身やお送りする先方が喪中だった場合、これまで通りにお送りしてもいいのだろうかと悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。
結論から言うと、ご自身や先方が喪中であっても通常通りお歳暮のやりとりはしてもかまいません。
全く問題はありません。
喪中というのはですね、お身内が亡くなった方が一定期間、四十九日までは忌中、そしてその後一年間を喪中として故人の冥福を祈りながら慎ましやかに生活する期間のことなんですね。
その喪中の期間は、お祝い事全般や遠方への旅行、そういったものを控えて生活するのが習わしとなっています。
明治時代まではですね、法律で細かく故人との関係ごとに服喪期間、喪に服する期間が決められていて、その行動もかなり制限をされていたそうなんです。
例えば人に会うのを控えたり、喪服を着て過ごす、そういった事が決められていたんですね。
ところが、現代ではそういった生活をすると困難ですから、通常通りの生活をしても全く問題はありませんので、そこまで心配されなくても大丈夫です。

お歳暮にお話しを戻しますと、お歳暮というのは何かの慶事であったりお祝い事ではなく季節のあいさつですから、全くやりとりには問題ないんですね。
寒中見舞いであるとか暑中見舞い、そういったものと同じような意味合いと考えて結構です。
ただ一点だけお歳暮をお送りする時に気をつけなければならないのが“のし”なんですね。
通常、例えば通信販売を利用される場合やデパートのお歳暮コーナー、そういったところで注文する場合、のしに紅白の水引がかかっています。
これは喪中の場合は相応しくはありませんので、お願いをすると白紙、無地の“のし”に変えてもらうことができますので、注文の際には忘れずにお伝えするようにして下さい。
これはお中元であっても同じですね。
お中元もお歳暮と同じく季節のあいさつですので、これもお送りするのは全く問題ありません。
喪中であっても常日頃のお付き合いは、普段通り変らないものというふうに考えて頂いて結構だと思います。
ということで今回のご質問“喪中の時、お歳暮は送ってもいい?”にお答えしました。
ありがとうございました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り