喪中ハガキはいつまでに出すもの?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

382,812

(1999/10/06〜2018/12/13現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 喪中ハガキはいつまでに出すもの?

喪中ハガキはいつまでに出すもの?

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。

今回いただいたご質問は“喪中ハガキはいつまでにだすの?”というご質問なんですね。

もうそろそろ、スーパーやコンビニなどで喪中ハガキの印刷のポスターが目につくようになりました。
そうです、もうそろそろ準備を始めなくてはいけない時期なんですね。
先方が年賀状を用意する前にお手元に届くようにするのが基本です。
ですから、時期としては11月の中旬から遅くとも12月の初めくらいまでに届くように用意するようにして下さい。
ところで喪中ハガキなんですけれども、ちょっとした勘違いが起きているんですね。
というのも喪中ハガキというのは自分が喪中である事をお知らせするハガキというふうに考えられている方が結構いらっしゃって、ご質問でも喪中であることを知っている人には出さなくてもいいんじゃないかなんていうご質問がよくくるんですけれども、それは間違いなんです。

喪中ハガキという言葉は実は通称であって本当は年賀欠礼という挨拶状なんですね。
ですから、喪中であることを知らせるということではなくて、自分が喪中であるがために年賀のおよろこびやお祝いをすることができませんというお詫びをする意味合いが本来の姿なんですね。
ところで、喪中ハガキを受け取ったらどうすべきか。
一般的には松のうちが明けてから1月8日以降に寒中見舞いという形でお悔やみの気持ちをお伝えしたり、先方の健康を気遣ったりという、そういった挨拶状を出すんですけれども、ところがですね、なかなかこの寒中見舞い、書かれる方がとても少ないんですね。
だいたい5%~10%くらいでしょうかね、いただいた喪中ハガキの。
ということで、そうではなくて、これは一つの方法ですけれども、喪中ハガキが届いたらすぐに喪中お見舞いとしたお葉書を官製はがきで結構ですので、書かれてみてはいかがでしょうか。
年賀はがきが届かないお正月というのはとても寂しいものですので、そういった気持ちを気遣うお見舞いの葉書が届く事でご遺族も癒される事でしょうし、お送りした方もすっきりとした気持ちでお正月を迎えることができるのではないかなと思います。
ということで今回のご質問“喪中ハガキはいつまでにだすの?”というご質問にお答えしました。
どうもありがとうございました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り