密葬と家族葬、直葬との違いは何?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

343,711

(1999/10/06〜2018/05/24現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 市川愛の「教えて!お葬式」 > 密葬と家族葬、直葬との違いは何?

密葬と家族葬、直葬との違いは何?

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。

今回いただいたご質問は“密葬と家族葬と直葬の違いは何?”ということなんですね。

これは大変多くの方からいただいているご質問です。
密葬と家族葬、これはですね、どちらもお身内だけで見送る小さなお葬式ということで、明確な違いはないんですね。
もともと密葬という言葉の方が古くからある言葉なんですけれども、本来の密葬の意味というのは身内でお別れをした後に、後日、対外的なお別れを行う“本葬”これといわばセットになっていたものなんですね。
ただ近年、本葬をせずに密葬だけを行うというケースが大変多くなってきました。
そうなると、密葬を終えましたという通知をうけた方が本葬があるのかないのかわからず、お別れができるのかできないのかわからず迷ってしまいますよね。
そこで生まれた言葉が家族葬といわれているんです。

某葬儀社さんが、本葬のない密葬プランとして、プラン名としてつくった言葉ともいわれているんですね。
それがいつのまにか、全国的に広まって一般化したまだまだ新しい言葉ではありますね。
ただ密葬と家族葬、この二つに大きな違いはなく、身内だけで見送る小さなお葬式という意味合いでほぼ同じということなんです。
ご質問のもう一つ“直葬”これはですね、お葬式をせずに火葬だけを行うという意味合いの言葉です。
お葬式の“葬”の字がついていますから、何か儀式を行うと考えるかたも多いかもしれませんけれども、これは火葬を行って遺骨にする、実際はこれだけのことなんですね。
これは個人的な考え方かも知れませんけれども、直葬を行った方の中にはですね、見送った方の中には、なかなか見送った実感がわかずに、ずっと心にストレスを抱える方もいらっしゃいます。
そいうった後悔を避けるためには、例えば祭壇を飾るなどのお金をかけずとも、故人をご自宅に一晩寝かせてあげて、故人の大好物だった食べ物をですね、同じ空間で食卓を囲んだり、一晩語り合うなどしてお別れの場面を持つ、こういった時間が必要なのではないかなと思います。
例えば直葬を実際に考えられている方も、今一度ですね、故人を見送るこの意味をゆっくり考えてみてはいかがかなと思います。

ということで今回のご質問“密葬と家族葬、直葬の違いは何?”にお答えいたしました。
ありがとうございました。

 

家族葬の費用や流れなど詳しい説明はこちらをご覧ください。

家族葬とは - 流れ・意味・費用

家族葬の費用や流れなど詳しい説明はこちらをご覧ください。

家族葬とは - 流れ・意味・費用

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り