葬儀費用を抑えるためには?【教えて!お葬式】

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
市川愛の「教えて!お葬式」

335,646

(1999/10/06〜2018/04/21現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび

葬儀費用を抑えるためには?

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。

今回いただいたご質問は“お葬式の費用を抑えるにはどうしたらいいですか”というご質問なんですね。

確かに、お葬式の費用を出来るだけ多くかけたい、なんていう方はこのご時世いらっしゃらないと思います。
私も葬儀相談員として“どうすれば費用を安く済ませられるのか”そういったご質問をたくさんいただきます。
お葬式の費用、一番安く済ませる方法となると、やっぱりお葬式をしない、火葬のみ、最近“直葬”なんていう言葉でも言われていますね。
こういったお葬式をしない方法が一番安く済ませる方法かもしれません。
ところがですね、私は葬儀相談員としては、この“直葬”あまりお勧めできないんですね。

というのも、残されたご遺族の方が“しっかりと見送った”という実感が持てずに、後々の後悔を残してしまうきっかけになってしまったり、そういった声を沢山これまでお聞きしてきたからなんです。
何もお金をかけましょうということではなくて、例えば家族葬と直葬の間、ご自宅で一晩安置をして差し上げる時に、近所のお花屋さんで大きな花束を買ってきて供えてあげたり、故人が好きだった御食事をみんなで囲んだり、そういった手作りのお別れの方法もあるのではないかなと思います。

またですね、費用が安く済みそうだから“家族葬”、こういうふうに言われる方も多いんですけれども、実はですね、一般参列者が来る“一般葬”と身内だけの“家族葬”、持ち出しの金額はそう変わらないというケースも多いんです。
というのも、一般葬の場合は、香典収入というものがあるんですね。
平均6千円~7千円とも言われているんですけれども、100人の参列者が来たら、香典収入が70万円になります。
御香典返しを差し引いても、その残った金額でお葬式の費用を助けてもらえるんですね。

ということで、持ち出しの金額が“家族葬”と“一般葬”そうは変わりません。

ですから、“費用を抑える”そういうことで“家族葬”“一般葬”こういったことを選ぶのではなく、どちらが本当にお見送りしたいスタイルなのか、そこを考えるのがよろしいのではないかなと思います。
また“費用が予算オーバーにならない方法”このコツといいますか、“予算オーバーにならない方法”これはですね、ご自身で“予算の上限を決める”これに尽きると思うんですね。

昔のお葬式というのは、ちょっと今とは状況が変わっていて、今でもそうかもしれませんけれども、御遺族が知識も経験も無い中で、葬儀社さんに“普通でお願いします”なんていうふうに依頼をしてしまうんですね。
そうすると、受け手側の葬儀社さんが依頼者側の予算を決める、こうした不思議なねじれ現象が起きてしまっていました。
遺族側としては、いくらかかるかわからないままお葬式に突入してしまいますから、最後全てが終わった後に、費用がどれだけかかったか、高かったか安かったか、結局は結果論でしかなくなってしまうんですね。

そうではなくて、ご自身で例えば仮にですね、このお葬式の予算の上限を100万円、こういうふうに決めて、葬儀社さんにその予算の範囲内で見積もりをお願いするんです。
そうすれば、葬儀社さんはプロですから、その予算の範囲内で出来ることを提案してくれます。
また、このお見積を取る時にですね、必ず実費、飲食や返礼品や又式場使用料、そういった実費分も含めてお見積をしてもらうんですね。
そうすることで予算オーバーになりようがないんです。

またですね“費用を抑えるもう一つの方法”これは葬儀社を1社ではなく2社、3社、複数社を比較検討する、これだけでも大幅な費用の削減効果があります。
葬儀社さんによっても、価格設定が高い所、安い所、または要望にあった見積もりを出してくれる所、そうでない所ありますので、できれば事前の段階でしっかりと準備をしておく、こうすることでお葬式の費用を賢く抑えることができるんです。
是非、ご自身で予算の上限をきめて、2社、3社比較検討をする、そういったことをしっかりと行なって、無駄な費用はかけずに納得の出来るお葬式に、お葬式の費用を実現させていただければと思います。

今回のご質問“お葬式の費用を抑えるにはどうしたらいいですか”にお答えしました。
ありがとうございました。

市川愛の「教えて!お葬式」コンテンツ一覧

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り