最近の葬儀の傾向

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お葬式で後悔いないために

279,771

(1999/10/06〜2017/08/20現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび

最近の葬儀の傾向

最近のお葬式には、大きく4つの傾向があります。

ひとつ目は、家族葬が増えてきたということです。

家族葬は、故人と過ごす最後の時間を大切にしたいという遺族によって行われます。お葬式で遺族は、何もわからないうちにほとんどすべてが終わってしまうということが多いようです。
お亡くなりの時から、お通夜、お葬式まで、慌ただしい中でほとんどが過ぎていきます。
故人とのお別れをじっくりする時間もほとんどないというのが現実です。

それに対して家族葬では、ごくごく親しい人だけで行い、周囲を気にする必要もありませんし、じっくりと故人とお別れをすることができます。
また家族葬を親しい人だけで行い、その後あらためて一般の人を呼ぶお葬式を行うというケースも増えているようです。

二つ目として挙げられるのが伝統的なカタチに捉われないお葬式が増えているということです。

お葬式で、故人の好きだった音楽を流したり、時には、生演奏を行うケースもあるようです。 ロビーに故人のアルバムなどの遺品を展示することも増えてきましたし、プロジェクターを用意して、故人の写真を映すこともあります。

祭壇も、以前はほとんどが宮型の白木祭壇だったのですが、最近では、色とりどりの生花でつくられた生花祭壇も増えています。 無宗教の「お別れ会」を行うことも多くなった来ました。葬祭ホールではなく、ホテルなどで行われることもあり、より自由なプログラムで行われています。

埋葬の仕方にしても、散骨を始め、樹木葬、宇宙葬というものまで行われるようになってきました。 これまで当たり前と思われてきた多くのことが、自由にアレンジしてもいいと考えられるようになり、こうした変化がもたらされているようです。

その一方で余分な費用をあまりかけないという傾向も見られるようになってきました。

以前は「人並み以上のお葬式を」という人も多かったのですが、最近では、無駄と思われるものには費用をかけないという合理的な考え方の人が多いことから、こうした傾向になってきたのでしょう。

そして四つ目として挙げられることが、事前相談を行う人が増えているということです。

以前は、事前にお葬式の相談をすることは、どこか縁起がわるいような気がするのもあり、ほとんどなされていませんでした。 しかし最近では、家族が危篤状態に陥ったり、あるいは医者から先が長くないことを伝えられた時点で、お葬式についての相談をされる方が増えています。

当サイト「お葬式 消費者相談.com」に、ご相談の電話をしてきたり、メールを送ってくるの人の半分以上がこうした事前の相談です。 そして「お葬式 消費者相談.com」で行っているアンケートによると、ご相談をされていた方のほとんどは、「事前に相談しておいてよかった」という感想を述べていらっしゃいます。

みなさん、故人をよりよいお葬式で送ってあげたいと思うからこそ、事前にご相談をするということのようです。


今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り