家族葬について

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お葬式で後悔いないために

279,771

(1999/10/06〜2017/08/20現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび

家族葬について

家族でゆっくりとお別れの時間を過ごす

最近、「家族葬」という言葉をよく耳にするようになりました。
「家族葬」について明確な定義はありませんが、これは、家族や関係の深い親族だけで執り行う小規模なお葬式ということを指しているようです。
もちろん、単に小規模のお葬式というイメージを抱いている方もいらっしゃるようです。
さて、このような「家族葬」ですが、家族が中心ですから気遣いもそれほど必要なく、喪主や遺族の方にとってはゆっくりとお別れの時が過ごせるというメリットがあります。
そのようなイメージから、「家族葬」をという方も多くいらっしゃるようです。

家族葬をもう一度考える

確かに「家族葬」は、現代人の考え方にあったとてもいいお葬式だと言えます。
ただ、「家族葬」を行う前に、もう一度だけ、「家族葬」について考えて欲しいのです。
そして故人のこれまでの人生を、もう一度、思い出して欲しいのです。

つまり、故人と最も関係が深かったのは確かに家族でしょうが、人は生まれ、そして死に至る過程で、さまざまな人間とのふれあいの関係を持ってきたということです。
故人の人間関係は、家族を中心に広がっているけれども、家族以外にもたくさんの人と縁を持ちながら生きてきたということ事実だと思います。

家故人と縁の深かった人たち

ですから、そのような縁を故人とつくられた人たちは、訃報に接した時、お別れの言葉を述べたくて、あとから後から弔問に訪れたりします。
ときどき、家族葬にすると後から弔問客が続くのでかえってわずらわしくなる、だから家族葬は止めた方がいい、というような話も聞きます。

でも、煩わしさを防ぐというようなことではなく、家族と同様に故人と縁の深かった人たちに葬儀に来ていただく、家族という枠にとどまらず、故人と縁があった人たちと皆でお別れの機会を持つ、そういったこともとても大切なことのように思うのです。
そのような葬儀の席で初めて故人の生前のエピソードを聞かせていただいたり、家族の知らない故人の一面を知った、などという話もよく聞きます。

もちろん、「家族葬」はとてもいいお葬式だと思います。
ただ、そうしたデメリットも理解した上で、「家族葬」を行って欲しいのです。
もう一度故人のことを考えてみて、その上で葬儀の形式を決める、ということがほんとうに大切なように思うのです。
蛇足ではありますが、会葬者からのお香典が増えるという側面もあり費用の面でもそれほど家族葬と変わらない、ということもよくあるようです。


今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り