葬儀までにできること

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
いい葬儀社といいお葬式

270,218

(1999/10/06〜2017/06/29現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび

葬儀までにできること

生前から葬儀までの間に、しておくべきこと、できることを、本人が準備すること、家族が生前にすること、家族による葬儀の準備に分けてまとめてみました。

本人が準備すること

エンディングノート

単に希望を伝え残るだけでなく、葬儀社などと具体的な相談をして予約、契約まですることも可能です。生前予約・生前契約とは、自分の死に際して、葬儀の内 容や予算、墓地のことなどを予め決めて依頼しておくことです。葬儀に関する予約だけでなく、老後の後見に関する事項や、死後の諸手続き・整理・遺言管理執 行など、死の前後の全般を依頼することもあります。
生前契約には様々な形式があり、様々な機関、互助会や葬儀社が扱っています。契約を確実に執行してもらうためには、遺言、公正証書などの作成が必要になります。

生前予約・生前契約

単に希望を伝え残るだけでなく、葬儀社などと具体的な相談をして予約、契約まですることも可能です。生前予約・生前契約とは、自分の死に際して、葬儀の内容や予算、墓地のことなどを予め決めて依頼しておくことです。葬儀に関する予約だけでなく、老後の後見に関する事項や、死後の諸手続き・整理・遺言管理執行など、死の前後の全般を依頼することもあります。
生前契約には様々な形式があり、様々な機関、互助会や葬儀社が扱っています。契約を確実に執行してもらうためには、遺言、公正証書などの作成が必要になります。

葬儀保険

葬儀や葬儀後の仏壇・お墓などには多額の費用がかかります。しかし、子供や孫たちに迷惑をかけたくないという人が多く、そのために近注目されているのが、葬儀や葬儀以外の費用を支払うことを目的にした死亡保険(=葬儀保険)や医療保険です。
詳しくは、姉妹サイト葬儀保険.comをご覧ください。

家族が生前にすること

スピリチュアルケア

死を避けられないことを知った人の心のケアをすることを「スピリチュアルケア」と呼びます。その基本は、側にいて、共感的な姿勢でただ話を聞くことです。これはすべての心のケアに共通の方法です。
一般に、終末期の人は、死に対して拒絶と哀しみや不安を感じながらも、やがてそれを受け入れていきます。また、生を振り返って自分の人生を再発見し、意味づけます。そして、死後の世界について考えます。
こういったことは本人が自然に行うことですが、それを共感的に聞いてあげることがケアになります。

家族のグリーフケア

親族の命が限られていることを知った時から、家族の大きな哀しみが始まります。死別などに関わる大きな哀しみを持つ人の心のケアをすることを「グリーフケア」と呼びます。家族同士でグリーフケアをすることが必要です。
互いに大きな哀しみをいだいていることを自覚し、互いにその哀しみについて聞いてあげ、一緒に泣くなど、それを表現し合うことがグリーフケアになります。
グリーフケアのページもご参照ください。

本人への確認事項(差しさわりのない場合)

できれば本人に確認しておきたいこととしては、本人が死ぬ前にしておきたいこと、どんな最期を迎えたいか、希望する葬儀の形、連絡すべき人のリスト、貯金通帳や生命保険証書など本人しか知らない件に関する確認、遺言に関わる事項 などがあります。

準備事項

準備しておくべき項目としては、死後連絡すべきところのリストアップ、宗教者へのあらかじめの連絡、着替えの服の準備 などがあります。

家族による葬儀の準備

事前相談

もしもの時になってから葬儀社を選ぶこともできますが、時間的・精神的な余裕がない中で、葬儀社を選んだり、葬儀の形を決めたりすると、なかなか希望していた通りの納得のいく葬儀は行えないのが実情です。
ですから、あらかじめ、複数の葬儀社と事前に相談しておくのがいいでしょう。当サイトでも事前相談のできる安心の葬儀社を紹介しています。

確認事項・決めておくこと

事前に確認や決めておくと良い事項には、ご遺体の搬送先をどこにするか、喪主に誰がなるか、世話役をお願いするなら誰か、宗旨・宗派と菩提寺など宗教者の確認、家紋の確認、通夜・葬儀について連絡すべき人のリストアップ・参列者の人数の把握などがあります。

物品の準備

確認したり、用意しておくべき品としては、ご遺体を安置する時の浴衣・布団・シーツ、家族が着る喪服、遺影用写真、ご納棺時に入れる副葬品 などがあります。

葬儀保険

葬儀や葬儀後の仏壇・お墓などには多額の費用がかかります。そのために近注目されているのが、葬儀や葬儀以外の費用を支払うことを目的にした死亡保険(=葬儀保険)や医療保険です。
詳しくは、姉妹サイト葬儀保険.comをご覧ください。

Story 葬儀の後でもできる大切な人のお別れ会
今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り