会場にこだわるお葬式

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイプ別お葬式研究

292,671

(1999/10/06〜2017/10/21現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび

会場にこだわるお葬式

お葬式の式場には主に以下のものがあります。

1)葬儀会館

葬儀社が所有する式場です。
当然のことながらお葬式のために作られた建物なので「便利さと快適さ」を重視するならここでしょう。
しかし最近は全国的に飽和状態になりつつあるので、近所にいくつかあるということも多いでしょう。
比較検討する必要があります。

2)寺院

檀家の方ならお寺の本堂を使うケースが多いと思います。
敷地内に宗派に関係なく使える式場を持っているお寺もあります。宗教的「厳粛性」を重視するならここです。
欠点としては、檀家の方以外は使えない場合がある、気候の暑さ寒さへの対応が十分できないことが多いなどの可能性があります。

3)公営式場

地方において火葬場は自治体が運用しているところが多いので、公営の式場が併設されていることが多いようです。
公営なので「安さ」で選ぶならここでしょう。
欠点としては、
1.人気があるので何日か待たなくてはいけない可能性がある
2.老朽化しているところが多い 
3.運用規定上、融通が利かないことが多い
ことが挙げられると思います。

4)自宅

都市部の傾向としては空間が十分確保できないという理由から、実際に使用されることは稀です。
一般の参列者を招く場合は設営費などで貸し式場を借りる時よりも高くつくのも、使用されない理由でしょう。
ただし最近は火葬のみの方や家族葬をされる方が増えましたので、「最後は思い出の場所で」と自宅を選ぶ方も増えてきました。
家族のみで執り行なう場合は「くつろぎ」を大切にできると言えます。

式場選びは、お住まいの場所やみなさんそれぞれの御要望によって異なります。
お葬式 消費者相談.comでは、状況に応じたアドバイスをさせていただいていますので、ご連絡ください。

Story 葬儀の後でもできる大切な人のお別れ会
今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り